• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【ヒットの“共犯者”に聞く】
涼宮ハルヒの場合 IV

角川書店スニーカー文庫編集部インタビュー その4

2006年10月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

涼宮ハルヒの場合・4

その3)へ


※本企画の趣旨などにつきましては(その1)をご覧下さい


スニーカー文庫編集長、野崎岳彦氏
同編集部「涼宮ハルヒ」シリーズ担当、坂本浩一氏
聞き手:日経ビジネスオンライン 山中 浩之

---------


「あの第1話を見て編集部は、正直、どう思ったのか」

-- 放映第1話の「朝比奈ミクルの冒険」を、原作の版元であるスニーカー文庫の編集部で、皆さんで見たと。

坂本 会議室でプロジェクターを使って、編集部を集めて試写をしたところ、全員が…

―― どうでしたか。

坂本 呆然としていました(笑)。

第1話に、呆然と静まりかえった編集部

―― それは何というか、アレをいきなり見せられた方の気持ちを考えるとあまりあります。

写真左:スニーカー文庫編集長、野崎岳彦氏 写真右:スニーカー文庫編集部「涼宮ハルヒ」シリーズ担当、坂本浩一氏
写真左:スニーカー文庫編集長、野崎岳彦氏
写真右:スニーカー文庫編集部「涼宮ハルヒ」シリーズ担当、坂本浩一氏

坂本 全員が呆然とした、と言いましたが、その中でも「濃い」人間は、「いや、これはすごい!」「傑作だ!」と言っているんですけど。

野崎 ある意味、侃々諤々でした、その場では。

坂本 本当に実際の放送をしたときのネットでの感想とか、そういったところの感想の縮図が、すでに編集部で起こっていましたね。

野崎 だから(アニメの放映を)、決して楽観視していたわけでないのは確かだね。

-- 試写は「ハルヒ」の1話だけを見たんですか。

坂本 そのときは1話だけで。

-- じゃあ、ますますショックがでかいでしょうね。

野崎 もちろん、(第1話の)シナリオは知っていたんですよ。ただ、アフレコの現場に行っているのは担当の坂本だけなので。あの場で坂本だけは(これから何が起こるか)全部知っていたんですよね。

-- 坂本さん、どきどきしませんでした?

共犯関係、成立

坂本 正直に言って、どきどきもしましたけど、まあ、『ハルヒ』ならいいんじゃないのというところもありましたね。

野崎 坂本は京都アニメーションのスタッフの方や、もちろん原作の谷川さんと話をした上で、実際にある意味、(アニメの)スタッフの1人としてかかわっていますから。

-- 上司がショックを受けようが、もうそれを守っていくしかない(笑)。

野崎 守っていくしかないし、彼はいわば、アニメの全スタッフの「共犯者」なわけですね(笑)。

コメント0

「EXPRESS X」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長