• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【ヒットの“共犯者”に聞く】
映画「時かけ」の場合 I

角川書店・マッドハウスプロデューサーインタビュー その1

2006年12月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

映画「時かけ」の場合 I

 夏に公開されたのに、冬を迎えても観客動員が続いている映画、「時をかける少女」。通称「時かけ」。12月23日からは地方公開一巡を受けて「凱旋ロードショー」が東京で行われる(恵比寿ガーデンシネマ)。原田知世主演の大林監督作品を知らない世代も、NHK少年ドラマシリーズを知らない世代も、映画館に足を運んでいる。

 第39回シッチェス国際映画祭最優秀長編アニメーション賞、第11回アニメーション神戸・作品賞(劇場部門)など、すでに評価は確立しているが、この映画、面白いのは中身だけではない。

映画「時をかける少女」より

 個人的な話になるが、周囲の人たちの騒ぎ方や、人気の盛り上がり方が興味深かったのだ。まず身近にいる30~40代の男性層から火がつきはじめ、続いてもう少し上の、アニメなど眼中にないと思っていた五十路間近の先輩からも「妻と見に行った。あれは面白い」と言われ、一方では、女の子たちが友達や彼氏と、さらに主婦が小学生の子供を連れて…と、世代・性別を選ばず、クチコミを介し、あるいはブログをトリガーに広がっていく。ネット上のコミュニティが日本公開のきっかけになった「ホテル・ルワンダ」の先例はあるが、特に先導するグループがなく観客が広がっていった点では、初めての例かもしれない。

 「時かけ」は、当初の上映は東京ではテアトル新宿1館のみ、全国でも6館。噂を聞いて最初に映画館に行った人々が、満員札止めをくらい、それがまたブログなどで広がり、「見たいけれど見られない」映画としてますますクチコミ人気に拍車を掛けた。

 その後もテアトル新宿では、異例の5週連続右肩上がりの入場者数を記録し、現在、全国の上映館は延べ60館を越えた。最終的には100館を越える見通しだという。

 一方で、「時かけ」は、大林宣彦監督の映画以降も繰り返し映像化され、モーニング娘。もテレビで演じたメジャータイトルでもある。これをあえて単館系でこじんまりと公開したことに、素朴な疑問も感じる。今の人気を考えると、大宣伝を打って全国公開してもよかったのではないか。それとも、あえてクチコミで広がった作品、という売れ方を狙ったのだろうか。

 この展開はどこまで計算づくだったのか?
 そして、なぜその素材が「時かけ」だったのか?

 というわけで、この作品のプロデューサーである、角川書店の渡邊隆史氏とアニメ制作会社マッドハウスの齋藤優一郎氏に、平成「時かけ」が何を狙い、どう仕掛けたのか、お話を伺ってきた。

「満席」を知らせる看板
「満席」を知らせる看板

 事前に言い訳をさせていただくと、プロデューサーのどこが「共犯者」なんだ?と訝しむ方がおられると思う。正犯もいいところじゃないか、と。おっしゃるとおり。本企画は「主犯の意図に共感し、巻き込まれる」形で「本来そこまでやらなくてもいいのに、やっちゃった」人々へのインタビューを目的としている。プロデューサーなら頑張って当たり前…だが、できればそこは目をつぶってお読み頂きたい。話を聞く限り、彼らはまさしく「ヒットの共犯者」だと、私には思える。

 インタビュアーは私、日経ビジネスオンラインの山中浩之と、本作品の監督、細田守にかねて注目し、「『時かけ』は見にいかなきゃダメですよ」と私を焚きつけてくださったライター、波多野絵理(こんな記事も書いてます)。写真は大槻純一君にお願いした。


-- 今(11月初旬)は上映館、かなり増えたんですか?

渡邊 11月11日(土)現在ですと、北海道のディノスシネマ、シネマアイリス、シネマ太陽帯広、東京のシネマート六本木、滋賀県の滋賀会館シネマホール、山口県のMOVIX周南、沖縄のMIHAMA7PLEXぐらいでしょうか。

-- 日本中で今現在「時をかける少女」が見られる映画館の数ってことですよね。まだそんなものなんですか。

齋藤 フィルムをどんどん回していて、1館で上映が終わったら回収。それで次(の映画館)に回すという。来週(11月18日)になると、長野県や大阪、和歌山県、福岡県でも始まります。

フィルムは全部で14本です

左:左:マッドハウス 制作プロデューサー 齋藤優一郎氏、右:角川書店 製作プロデューサー 渡邊隆史氏
左:マッドハウス 制作プロデューサー 齋藤優一郎氏、右:角川書店 製作プロデューサー 渡邊隆史氏

渡邊 フィルム自体は、一番初めに13本作ったんです。でも13本じゃ足りないというので、思い切って1本増やして。

齋藤 14本になった。

-- え、思い切って「1本」?(笑)。

渡邊 いやいや、それでもけっこう大変なんですよ。それはお金が出ることですから、フィルム1本を焼き増すのに、1本30万~35万円もかかるんですよ。

-- すみません、映画というビジネスのイメージからいくと、30万円に「も」がつくのは、ものすごく意外感があるんですが。

齋藤 1本30万円でも、例えば500スクリーンで同時上映、とやっていると1億5000万円ですよ。そこに例えば、JASRACなどの音楽著作権使用料がかかってくる。それにスクリーン数がかけ算で効いていくという具合で。

渡邊 そうなんです。映画の規模によって金額が大きく変わるということなんですね。だって簡単に、フィルム焼き増し35万円分の入場券をあなたが売って元を取りなさいよと言われたら…。

-- 35万円を、入場料1800円から劇場の取り分を引いた900円で割るわけですね。400人近くになりますか。うーん、しかし…。

渡邊 現実的にはいくらフィルムを増やしたところで、スクリーンが空いていなければ上映は出来ないですからね。この夏は大作映画が目白押しでしたし、空いている映画館の数とつき合わせて考えてみると、最初からそんな感じだったわけです。

 それに映画館で何をかけるかは、半年以上前からほぼ決まっている。配給を調整する角川ヘラルドさんがいろいろとがんばってくれて、この数になったわけです。逆に言うと、今増えているということは、空いている予定じゃなかった映画館がスクリーンを空けてくれたということですから。

-- 上映したいというお話が、映画館から来ているわけですね。

渡邊 そうですね、ありがたいです。

予算がでかいと、冒険ができなくなる

-- 当初は、どのくらいの興行成績が目標だったのですか?

渡邊 (11月13日現在)観客動員が17万人ぐらいで、興行収入(入場券による売り上げ)が約2億4000万円を超えました。到達点としては合格を頂いたというところです。だけど、興行成績の目標は、何パターンものシミュレーションがあって、一概には言えないんですよ。

-- それは、「時かけ」は興行収入目標まずありきの映画じゃないってことですか。

渡邊 今の映画ビジネスというのは、映画興行+ソフトの販売+海外版権+国内版権+…という複数の要素の組み合わせで成り立っていて、その中にどういう落としどころがあるかというのを、Excelの画面をにらみながら組み立てていくわけですよね。

 例えば、興行を第一に考えるのだったら、当たるか、当たらないかということ以前に、上映する映画館の数を増やさないと成り立ちません。その前提で、結果、お客さんが入らなかったら大変なことになるわけです。つまりこれは、バクチの規模がでかくなるやり方です。

-- なるほど。

渡邊 制作費に十何億円を使っちゃったら、やっぱり興行収入である程度以上は回収せねばならない。となると、当然、公開館を増やさないといけない。そうすると、広告宣伝費をかけなければならない。映画館でただ上映をしていればお客さんが勝手に来てくれる、そんな時代ではないから。

 上映館数が多くなるような大きい作品にすれば費用が増えちゃうし、費用を増やすにはまた作品を大きくしなきゃいけないしという、その循環の中でどんどん拡大していっちゃう。そうすると、作品が背負う商売としてのリスクがどんどん高くなる。作品の負うリスクが上がれば上がるほど、作品的には冒険ができなくなると感じていました。

-- 制作費が潤沢ならば、それを使って新しい思い切ったことができる、じゃなくて、お金をかけて作れば作るほど、リスクに敏感になり、保守的にならざるを得ないってことですか? 

渡邊 失敗したときの規模も大きくなりますからね。ある意味そう言っていいと思います。

「EXPRESS X」のバックナンバー

一覧

「【ヒットの“共犯者”に聞く】
映画「時かけ」の場合 I」の著者

山中 浩之

山中 浩之(やまなか・ひろゆき)

日経ビジネス副編集長

ビジネス誌、パソコン誌などを経て2012年3月から現職。仕事のモットーは「面白くって、ためになり、(ちょっと)くだらない」“オタク”記事を書くことと、記事のタイトルを捻ること。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長