• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【わかるかも中国人】(13)
夜遊びするなら「コスプレ」「ゴスロリ」
上海の若者が豹変する秘密のイベント

  • 中村 正人

バックナンバー

2006年12月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 インターネットや携帯を自在に使いこなし、アニメやマンガを愛好する上海の若者たち。前回紹介した「出戻り上海人」も、そうした一見先進国の若者と変わらない新世代に夢を託していた。

 中国の若者はたしかに大きく変わった。日本の若者もどこか変わってきているのだろう。でも、あちらの変わり方に比べたらとても比較にはならない。

これが「在上海越来越流行的COSPLAY(上海でますます流行のコスプレ)」というのだが… (c)頂層画廊

1980年頃の「夜遊び」と言えば…

 たとえば、改革開放初期の1980年代。筆者が大学生だったころの中国での体験を思い出す。地元大学生と知り合いになり、ダンスパーティに誘われた。連れて行かれた先は、映画「ラストエンペラー』の時代にタイムスリップしたような古い洋館。広いダンスフロアで楽団が生演奏、若者たちが社交ダンスに興じていた。正直、ずっこけた。これが彼らの遊びのセンスなのか。なんて旧式な、なんて共産党・中国どっぷりの…。日本の学生生活とのあまりの落差に呆然としたものだ。

 20年前の改革開放世代にとって、それが精一杯気張った夜遊びだったのだろう。いまでは筆者もそう冷静に思い返すことができる。しかし、最近の上海に行くと、ここまで変わったのかと、20年後の新世代の素顔に驚かされるのとともに、親しみを感じることもある。少なくとも、昔に比べればずいぶん距離が縮まったのではないかと。

 新世代の中国人のセンスとは、具体的にどんなものか。中国で先端を走るという上海の若者たちは、どんな連中なのか。

 それを探るのに格好のスポットがあると聞いた。地元マスコミから「パーティの女王」と呼ばれる上海人・趙丹虹さんの運営する「頂層画廊」だ。2000年4月のオープン以来、国内外のアーチストの企画展をはじめ、さまざまなパフォーマンス、ライブ活動を展開。のみならず、コスプレパーティなども夜な夜な繰り広げられているという。

店内のいたるところにアート作品が展示される「頂層画廊」のカフェ

 さっそく訪ねることにした。「頂層画廊」の在り処は、租界時代の目抜き通り、南京東路裏手の雑居ビル。12階までエレベーターで上がった。そこにはアジアの都市でよく見かける、いかにも外国人好みのカフェがあった。気どりのない、でも懸命にアート仕立てにしている手作り風が好感触、とでもガイドブックに書かれそうな空間。奥のほうに作品の展示スペースがある。

 そこが、夜になるとバーに早変わり。ライブやパーティが頻繁に行われる。なかでも話題を集めたのは、2003年頃から始まった「上海派対(上海パーティ)」と銘打つイベントだ。アパレルで働く女の子たちによるゴシック・ロリータ(ゴスロリ)風ファッションや、顔中にペイントした200名もの若い男女による下着パーティなど、毎回テーマが変わる。その夜ばかりは、派手なメイクと衣装に身を包んだ若者がどっと集結する。

「2007→2010 上海マーケティングツアー 」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長