• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「できる女」という公害

  • 遥 洋子

バックナンバー

2007年1月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世の中にはやたらやる気のある女というのがいる。24時間パワフルでテンションが高く、いつも気ぜわしくバタバタしながらも向上心や好奇心が強い。それが往々にして“できる女”と標榜されがちだ。私はそこに待ったをかけたい。

 昔からの知人で、ライバル心を隠さないキャリアウーマンがいる。「今どんな本読んだらいいか教えて」と知識欲も強い。「なに?それどこのファンデーション?」と美への競争心もある。

 「今、渋谷で2時間空いてるんだけどランチしに出てこない?」と自分の時間だけは有効に使おうとする。私が仕事を理由に断ろうものなら、「なんの仕事?どんな雑誌?いつ?誰と出るの?」と相手の仕事が気になって仕方がない。

 そうこうしているうちにも「元気?私は今、出張でパリです」とかいうメールが飛び込んできたりもする。

 私はそんなとき、深いため息をつく。

 私からすれば、今読むべき本は、日常、本に興味があってその延長線上に出会えるもので、その行程をすっ飛ばしてなにがその人にとっての読むべき本かは語れない。化粧も同様、何が自分に合うかは日々の実践でもって検証していくしかない。

 競争心があることと、だからといって日々努力をしているかどうかはまったく別物だ。自慢げに人生と仕事を謳歌していることを匂わせるメールにいちいち「すっごーい」とリアクションするのも疲れる。

 そこに、“できる女”のヨロイだけを身にまといたい女の焦りのようなものを私は感じる。なぜいつも“できる女”を主張せずにはいられないのか。

 以前、団体ツアーで海外に行ったことがある。

 「一流商社のキャリアウーマンで一流企業に勤める夫と有名校に通う子供もいながらにして1人で参加した」と自ら言う女性がいた。お約束どおり、パワフルでテンションが高い。たかだか30人くらいの団体の中で自らを誇示し派閥を作ろうと躍起に画策する姿を見て、また、私はため息をついた。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長