• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

捨てるべき「風土」と生かすべき「風土」

~コンピューター研究者・石井裕~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2007年2月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボで最先端を行く石井裕さんに話をうかがって、日米の競争に対する考え方の違いを強烈に感じた。MITでは「誰もやったことがない」というのを評価する。そういう競争の風土からノーベル賞が63人も生まれてくるというのは、すごく日本の社会にとっては分かりやすいメッセージだ。

 これに対して日本では、先輩がやったことを改良するような研究が評価される。前例がある研究が許され、逆に人と違うことをやると批判する風土がある。さらに、論文を何本書いたといったようなことを数値化して評価する誤った成果主義がはびこっている。そういうことが、いかにバカらしいかということを、石井さんがちゃんと言ってくださったのがうれしかった。

 石井さんの研究分野はIT(情報技術)だが、今までこの分野で日本は第5世代コンピューターもひどい目に遭ったし、トロンの時もダメだった。インターネットでもそうだが、何回も日本は負けている。その理由はイノベーションが生まれる風土がないということにならないか。

 日本では学問の領域も「談合社会」だ。病の根は深い。

 レールが敷かれ、分かりやすい目標ができると、皆一斉に取り組むことは得意だが、競争の新しいルールというか、土俵自体を作るたぐいの仕事は、日本からは本当に出にくい。その理由が、そもそも評価システムというか風土の違いである。今回の石井さんの話には、そのあたりが分かりやすく出ていた。

 新しいアイデアは思いつくだけではダメ、人に伝えて影響を与えることが大事だ。アメリカという文明の特質もあるが、ヨーロッパの人はあそこまではっきりとは表現しない。もう少し日本人と同じように、ナイーブな感じがある。今までアメリカがそういう方法を取ってきたのだが、これからインターネットで世界中が結ばれるグローバルな時代だから、人に考えを明確に伝えるという態度を、皆が身につけなければならない時期に来ている。

次ページ >> 

出過ぎた杭(くい)は誰にも打てない
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
2月8日(木)午後10:00~10:43
・再放送
 総合 毎週月曜 午後4:05~4:49
 BS2  毎週水曜 午後5:15~5:59
 総合 毎週木曜 午前1:10~1:54
     (水曜深夜)
番組公式サイト
本・CD・DVD紹介サイト
 63人のノーベル賞学者を輩出する世界有数の理工系大学マサチューセッツ工科大学。通称MIT。その中で、名を轟かせる一人の日本人教授が、石井裕(51歳)。

 石井の研究分野はコンピューターを操るための道具であるインターフェースの研究・開発。石井は、これまでの常識を覆す未来のコンピューター開発に取り組み、世界中から注目を集めている。石井が考え出した新しいコンピューターの概念は、「タンジブル」。これまでのマウスやキーボードを用いた操作方法ではなく、現実にある身近なモノを触ることで、簡単にコンピューターを操作しようという夢の技術だ。

 若い研究者と共に研究にあたる石井の信念は、世界中で誰も手をつけていない研究にこだわること。世界にインパクトを与えるものを生み出すために、石井はこの点を譲らない。

 厳しい競争を課されるMIT。そこでいかにして大胆な発想が生まれるのか。その創造の現場に、完全密着する。


コメント7

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長