• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

時代を超えた会社を造る人(その4)

サイバーエージェント社長・藤田晋 ―― 最初の恩人

  • 高橋 三千綱

バックナンバー

2007年2月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 藤田さんにとっての恩人は、まず、独立したときの資金援助をしてくれた、現USEN社長の宇野康秀さんである。そして、独立後、サイバーエージェント初の自社商品である、クリック保証型のインターネット広告サービス「サイバークリック」のシステムを開発した、当時オン・ザ・エッヂの堀江貴文さんであり、さらに、さまざまな面で支援をしてくれた、楽天の三木谷浩史さんであろうことは、容易に想像がつく。

 だが、藤田さんの胸の底には、いまだに熱い恩義とともに、生涯拭うことのできない痛みを感じる人物がいる。痛みというのは、その人に対する裏切りである。

藤田 晋氏
藤田 晋(ふじた・すすむ)氏

1973年福井県生まれ。97年に青山学院大学経営学部を卒業後、人材紹介・派遣事業を展開するインテリジェンスに入社。98年に同社を退職し、サイバーエージェントを創業。社長に就任。クリック保証型のインターネット広告などを柱に売り上げを急拡大させ、2000年3月に東証マザーズ上場

 藤田さんは、学生時代にアルバイトをしていた「オックスプランニングセンター(現オックスプランニング)」で、『ビジョナリーカンパニー』(日経BP社)という本に出会うと同時に、ある人と幸運な出会いを果たした。彼の自著『渋谷ではたらく社長の告白』(アメーバブックス)の中で、こう書かれている人物である。

 「私はバイトでありながら経営的な視点を持って仕事をし、会社に接していました。それができた理由はオックスプラニングセンターの創業メンバーである渡辺義孝専務に、人一倍目をかけていただいたからでした」

 入社後、渡辺さんとは、映画にいったり旅行にいったり、プライベートなつきあいもするようになった。この間に、藤田さんは渡辺さんの言葉の中から、将来忘れ得ぬ感動を得ている。それは知名度のない会社が、どんな実績があるのか、と営業先の会社から訊かれたら、どう答えるかと渡辺さんが藤田さんに話す場面である。

 「ハッタリでもいいから、とりあえず実績を口に出して言ってしまって、次に会うときまで本当に実績を作ればいいんだ」

(中略)

 実績を馬鹿正直に言っていたら、実績自体が作れない。苦しいベンチャー企業が、ゼロから何かを生み出すことができる理由を知った瞬間でした。

(中略)

 「おれは営業時代『渡辺くんは口下手だから信頼できる』と言われて受注をもらったんだ。うまく話そうと思うな。自分の言葉でしっかりと考えていることを伝えろ。自然体でいろ。それが自分と商品に対する自信の裏返しなんだ」
 この言葉にはっとさせられました。同じく口が達者なわけではない私は、営業活動において、仕事の交渉において、自分が救われたような気がしました。

(『渋谷ではたらく社長の告白』より)

 このとき渡辺さんから助言されたことを、独立後の藤田さんは、さっそく実行に移している。それは「ウェブマネー」というプリペイドカードによる決済システムの販売代行を始めたときのことである。

 インターネットに詳しくない営業マンである彼らは、雇い主から「これがCGIの組み込みマニュアルだから、(お客さんに)聞かれたらこれで対応して」といわれて営業初日を迎える。

コメント0

「珠玉の人生」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長