• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「弱さ」が持っている「強さ」がある

~専門看護師・北村愛子~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2007年2月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 周りが「助けてあげたくなる」人がいる。

 考えてみれば、スーパーマンなんていない。だから、ひとりで全部できる必要はないわけで、むしろ自分ができないことは「できない」と、はっきり周りに見せた方が助けが得られる。「弱い」ことは「強い」ことというのが、今回のクリティカルケアの専門看護師・北村愛子さんとのお話で、一番印象に残ったことだ。

 プロフェッショナルが専門職だとすると、自分ができることの限界を知るということが、プロになるための、非常に大事なステップだ。そして、その欠点を隠してしまうのではなく、わざと人に見せるようにすると、「あいつはあんなに困っているから助けてやろう」という人が出てくる。

 カリスマ的リーダーのあり方としても、1つ、そういう解があることを示唆された。一所懸命に生きていて、しかもこれが欠けているとはっきり外から分かることがあると、それを補ってあげようと人が集まってくる。

 目指している方向は説得力があり、それに真摯に向き合っていて、しかも弱点だらけの人は、人を引き付ける。

 ある人のもとへ人が集まってくる理由には、もちろん長所もあるが「あんなところが抜けている」と周りが感じて集まるようなところがある。そのために必要なのは、北村さんが言っていた「まじめさ」ということだ。普段から「ちゃらんぽらんな」人には、あまり助けに行きたくない。北村さんの話を伺っていると、この人にはそういう「人徳」みたいなものがあると感じた。

 オレは全部自分でできるんだというような格好をしていると、欠けていることが周りに見えずに、人の助けも得られない。だから、自分の欠落を外から分かるようにするというのは、意外と大事なことかもしれない。弱点だから、隠そうとするのではなく、オレにはこんなに穴があると。

 「弱さ」は「強さ」に変わる。常にではないけれど、そうする方法がある。

次ページ >> 

迷わず走れ、そして飛び込め
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
2月22日(木)午後10:00~10:43
・再放送
 総合 毎週月曜 午後4:05~4:49
 BS2  毎週水曜 午後5:15~5:59
 総合 毎週木曜 午前1:10~1:54
     (水曜深夜)
番組公式サイト
本・CD・DVD紹介サイト
 今、看護師の世界が大きく変わりつつある。専門性の高い知識・技術を身につけた「専門看護師」という制度が動き出した。問われる医療不信の中で、患者と医療者側が信頼関係を築き、治療の可能性が広がる期待が込められている。

 専門看護師は、ガンや感染など9つの分野に分かれる。その中でも、特に命を脅かすような危機的な状態の患者と向き合うのが、「クリティカルケア看護」専門看護師だ。その第1号の一人として認定を受け、全国の医療現場から注目を集めるのが、大阪府りんくう総合医療センター市立泉佐野病院の北村愛子(43)。

 北村の、過酷で猛烈な日々に密着し、新しい看護師のあり方や変わる医療現場を見つめる。


コメント0

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士