• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

業績アップの秘策

  • 遥 洋子

バックナンバー

2007年2月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 メキメキ業績アップの企業がある番組で紹介された。それは社長から社員まで皆、女性ばかりという企業だった。その番組に出演していた私はその社長に、女性ばかりであることの利点を聞いた。

 社長は「女だけだと話が早い。動きも早い。結果仕事も早い」とこともなげに答えた。男性が混ざると「ああでもない」「いやそれは」とやたら会議が長引く、とも続けた。

 これは私も経験したことがある。男性上司が「俺は聞いていない」と機嫌を損ねた途端、多くの議論はこう着した。会議には“気高い俺”がいつも邪魔だった記憶がある。

 私にはその女社長の発言はヒザを打つほど合点がいった。
 しかし、このエピソードは男性たちには実感を伴いにくい光景に映るのではないだろうか。

 バリバリ働いていると自負するタイプの男性にとっては、決断力、実行力こそが彼らにとっての自己認識だろう。そこを基盤にして“気高い俺”が再生産されていくとも言える。

 彼らにとっては女性が会議に混ざることのほうが、「なにも発言しない女」とか「またエキセントリックにわめく女」という風に映ることもあるだろう。その女性たちが「女だけのほうがはかどる」と言った時、どれほどの男性が合点できるだろうか。

 これらの男女の実感の違いには、根拠がある。

 ある仕事をまかされた20代の女性がいた。私の職場は圧倒的に男性スタッフが多い。私の知人である40代女性が、その仕事のメンバーに入ることになった。

 後日、20代女性がその仕事のメンバーとの宴席で酔いつぶれ、その介抱に大変だったと40代女性が私に愚痴った。

「なんで介抱なんかしてやるの?」と私は聞いた。

 私は宴席で酔いつぶれる女性というのを信用しない。その多くは“こんなダメな私”をアピールすることで同席の男性たちに媚びているのが分かるからだ。そんな古典的な戦略は、同性から見ると分かりやすすぎて鼻白む。

 「だってその宴席は男性ばかりで、女性は彼女と私、2人しかいなかったのよ。介抱しなきゃ、私が損じゃない」と知人が言った。

 それを聞いて、私はまたヒザを打って合点した。知人は続けた。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック