• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第6回】対鶴館5代目 亀岡商会常務取締役 亀岡幸子さん【前編】

  • 白河桃子

バックナンバー

2007年4月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 六本木ヒルズ、東京ミッドタウン…。都市再開発が進み、人々が集まる盛り場も刻々と場を移し、顔を変える。かつてもてはやされたホットスポットが、数年で寒々しいほど空ろな姿になることも珍しくないほど、東京は忙しい街だ。

 しかし、銀座という街は不思議と廃れない。一時期、他の街に押されて元気がなくなっても、いつの間にかすました顔で復権している。古くて新しい。新しいのに、古い。そんな銀座が他の街と違う独特なポジションを保っていられるのは、やはり銀座の商人と呼ばれる人々が、独自の銀座文化を粘り強く継承しているからだろう。

亀岡商会 常務取締役 亀岡幸子さん。対鶴館ビルの赤レンガの前で

亀岡商会 常務取締役 亀岡幸子さん。対鶴館ビルの赤レンガの前で(写真:山田愼二、以下同)

 今回の跡取り娘、亀岡商会常務取締役の亀岡幸子さんも、そうした“銀座文化のDNA”を継承する若い世代の1人だ。銀座には「XX通り会」といった組織が無数にあるが、亀岡さんは、創立55周年になる若手経営者を中心とした「銀実会」をはじめ、5つの銀座の町内会に所属している。

 さらに出身校や業種などのカテゴリー別の会があり、外資系のブランドショップも独自の会を形成している。こうした会は網の目のように銀座を覆い、その結束の固さが独自の街の空気を醸し出しているのだ。

 亀岡さんは、銀座の赤レンガのビルとして知られる対鶴館ビルの4代目館主の次女として生まれた。亀岡商会は新日本石油の特約店であり、主な事業は潤滑油の販売である。ガソリンスタンドも所有している。まずは、亀岡さんが家業に入るきっかけとなった対鶴館ビルの話から始めよう。

 晴海通りに面したソニープラザとエルメスの並び、並木通りとの交差点にある赤いレンガの建物が、対鶴館ビルだ。現在は1階にコーチが入っているが、以前は野村証券の店舗があった。バブルの頃など、株価の変動時にニュースに映し出されるのは、たいていこの野村証券の店舗だったと記憶する。バブル時も、また崩壊の時も、テレビカメラは対鶴館ビルの株価掲示板に群がる人々を映し出していた。

銀座の象徴でもあった、赤レンガの対鶴館ビル

 「このビルは、昭和50(1975)年に野村証券が初めて銀座に出店する時に祖父が建てたものです。銀座の商店街は、午後3時にはシャッターを下ろしてしまう金融機関の進出に強い拒否反応を示していたので、商店街の人の邪魔にならないよう、1階はセットバックにしました。野村証券の担当の方は、『うちがこのビルを出る時は、日本がひっくり返る時ですよ』とおっしゃったそうです」と亀岡さんは言う。

 しかし、野村証券の店舗は1999年に英国のドラッグストアBootsに変わっている。バブル崩壊、金融緩和、銀行再編など、金融業界は転換期を迎え、文字通り「日本がひっくり返った」わけだ。

 対鶴館の初代は銀行業で、明治期には銀座で旅館を営んでいたという。その後は雑居ビルとしてテナント貸しをしていた。3代目に当たる亀岡さんの祖父がビルを建て替える時、外装の赤レンガにこだわったのは、銀座の象徴である「赤レンガ」「柳」「ガス灯」への思い入れからである。

コメント0

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官