• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

職場の愚痴のむこうには

  • 遥 洋子

バックナンバー

2007年4月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「私の職場は保守的で、男女の古い価値観にとらわれていて働きにくい」といったメールを働く女性から時々いただく。そこには、掃除やお茶への期待という、古典的なキーワードが現代でもまだ登場する。

 これらをひとくくりで女性差別というのは簡単だが、では、その女性差別主義者が職場にいたとして、彼らと共に働くことは不可能だろうか。私の答えは「可能です」だ。

 だいたいが、自分も含めて古い価値観じゃない人ってどれくらいいるだろう。そして私の経験では、「僕は完璧に男女平等」と胸を張る男性の、なんと、一緒にいたくないタイプが多いことか。

 どうやらその人物が古いか新しいかではなく、古かろうが新しかろうが、好きな上司は好きだし、嫌な奴は嫌だ、ということに尽きないだろうか。

 私はタイプのまったく異なる二人の上司に仕えたことがある。上司といっても芸能界だから、メインタレントの男性とアシスタントの私という関係だったが。

 ひとりの上司は「女は若くて美人が一番」と豪語し、職場に愛人を呼び、打ち合わせはその愛人と手をつないで、という豪放磊落なタイプだった。アシスタントの私に対しても、ちょっと暗闇だと手を握ってきたりもした。

 今でいうと立派なセクハラだ。私が灰皿に気づかないと怒鳴りつけるような、そんな“古さ”だった。本番中もその態度は変わらず、古い価値観を放送でも思う存分主張した。しかし、コマーシャルのとき彼は私を叱った。

「もっとしっかり僕に反論せんか」

 彼は私もまた、彼とは異なる意見をしっかり主張することを要請したのだった。

 もうひとりの上司はまた違うタイプだった。どちらかというと誠実さが売りで、女性に反発されそうなことは公私共にいっさい口にしなかった。女性に優しいという意味で「僕はフェミニスト」と自負もしていて、どの女性に対しても紳士的で女性ファンが多かった。

 セクハラなどいっさいなく、時代の“新しさ”を走るタイプだった。しかし、その男性はアシスタントの私が本番中に発言することを嫌った。私は彼が上司である間、ひたすら寡黙で笑顔を絶やさない古典的な女になることに集中した。

 さて、この異なるタイプの二人の上司、どちらが女性差別主義者だといえるだろうか。

 皆さんはその判断をどこでしますか。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長