• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第12回】「キャラ立ち」で自分を売る手法

目印、一貫性、意外性などを利用した「キャラ立ちの技術」

  • 白河桃子

バックナンバー

2007年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、「キャラ立ち」による自分ブランドマーケティングについて見ていく。

 先日、『キャラ立ちの技術』(ダイヤモンド社)著者の杉村貴代さんにお会いした。彼女は企業、個人向けのPRコンサルティング会社、グラムスリーの取締役。「キャラ立ち」は営業、転職などのために自分ブランドを効果的に使う指南書だが、これは恋愛にも十分応用できるのではないか?

 「キャラ立ちは、恋愛にも有効ですよね?」と尋ねたら、「そうですね。私も恋愛用のキャラを持っているかもしれません」と杉村さん。彼女によれば、自分は「相談されキャラ」だという。仕事仲間には言えない仕事の相談、家族には言えないプライベートな相談などを、受けることが多いというのだ。

恋愛「キャラ立ち」の技術とは?

 杉村さんに相談してくる相手は、仕事仲間や家族には決して見せない顔を彼女だけには見せる。自己開示をする相手が異性の場合などは、恋愛の対象になりやすい。相手の相談者が男性だった場合、もし杉村さんが逆に自分の悩みを相手に打ち明けたりすると、「頼られキャラの彼女が、僕にこんな相談をしてくれるなんて…」と意外に感じ、それが恋愛に発展する可能性は十分ある。

 「そういえば、結婚して幸せな女性は、『夫用』の特別なキャラを持っている人がけっこう多いんですよ」と杉村さんは言う。

 『キャラ立ちの技術』をひもといてみると、あるある、恋愛にも応用できる「キャラ立ち」の技術が。簡単に紹介すると、キャラ立ちするには
1)曖昧さをなくし、はっきりさせる
2)目印を作る
3)一貫性を持たせる
4)強調する
5)意外性を持たせる
 の5点が、ブランディングの世界では定番とされる手法だそうだ。

 1)は、前回登場したFさんが取った手法である。曖昧さをなくすためには、自分のキャラは「2つか、多くても3つ」のキーワードで表せるものでなくてはいけない。、前回紹介したハーバードメソッドでは、「3つ」のキーワードに絞っている。Fさんは、自分のキャラを「Elegant&Sophisticated」に絞っている。

 2)の目印だが、杉村さんの本によれば、「口癖」「メールの書き方」「メガネ」などがその人の目印になるそうだ。私の友人で、いつも語尾の柔らかな方言で「ありがとう」と言う女性がいる。「とう」の部分がちょっと上がるのだ。これは、彼女の魅力的な目印である。別の友人で、電話で話した後、切る時にいつも「じゃ・あ・ね。バイ・バイ…」と言うのだが、その微妙な間や声のトーンは、女性の私でもクラクラするほど魅力的。これも、目印と言えるだろう。

 3)の「一貫性を持たせる」とは、2)のような口癖を、相手が男であっても女であっても言うということだ(相手によって、言い方を変えたりしないということ)。これは重要だ。

 4)の「強調する」というのは、既に確立しているキャラをもうひと押しする手法である。Fさんの場合なら、「いつもスカートをはく」というだけではなく、エレガントというキャラを強調するために「スカートの裾はいつもヒラヒラしたものにする」ということになる。

コメント5件コメント/レビュー

キャラ立ては難しいことでしょう、きっと。ツンデレは「いつもはツンツン、ふたりになるとデレデレ」と解釈されていますが、実は「ツンツンしながらデレデレを感じさせる」キャラを指すことが多いように思います。デレは脳内変換ですが、そこをどうやって意識させるかがまさにキャラ立てなのかもしれません。ただ今回は、「男はかぼちゃやきゅうり」と言う人の為に書かれているものではないように思います。もっと「前向き」でしょう。女性に振られた男が「あんな女なんて10人前以前」といってる状態を「前向き」とするならそうかもしれませんが。以前はまさにその「かぼちゃやきゅうり」論で、ありきたりな「慰め理論」みたいでしたが、最近はとても建設的な意見が多いと思っています。そういった意味で、私は「これからの理論」を楽しみにしています。(2007/05/15)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

キャラ立ては難しいことでしょう、きっと。ツンデレは「いつもはツンツン、ふたりになるとデレデレ」と解釈されていますが、実は「ツンツンしながらデレデレを感じさせる」キャラを指すことが多いように思います。デレは脳内変換ですが、そこをどうやって意識させるかがまさにキャラ立てなのかもしれません。ただ今回は、「男はかぼちゃやきゅうり」と言う人の為に書かれているものではないように思います。もっと「前向き」でしょう。女性に振られた男が「あんな女なんて10人前以前」といってる状態を「前向き」とするならそうかもしれませんが。以前はまさにその「かぼちゃやきゅうり」論で、ありきたりな「慰め理論」みたいでしたが、最近はとても建設的な意見が多いと思っています。そういった意味で、私は「これからの理論」を楽しみにしています。(2007/05/15)

> 「ぶっきらぼうなのに、実は優しい人」という男性と女性がいるとすると、モテるのは大抵男性の方である。逆だと思ってました。厳しいことを言って、あとでフォローする「勧進帳男」は、「モテ男」の一形態でしょう。また、「ツンデレ」の「デレ」は、実は、脳内解釈に過ぎず、必ずしも必要でないという説が最近では有力のようです。(2007/05/13)

今回の記事とはあまり関係がないのですが、私はこのコラムのターゲットにどんぴしゃりで、非常に面白いなーと思って読みました。ですが、コメントを見てびっくり!なんでここまで言われなきゃいけないのかな?と思うものがたくさんありました。執筆者の方は、私のようなターゲットの女性に、もっと思い込みなどから解放したり、がんばって自分磨きをしたり、そういう提案をして、幸せなカップルをつくり、子供もいっぱいつくれれば!という意図で書いているわけで、ターゲット外の人がつべこべ言うことはないと思います。もちろん全部がそうではないのは当然です。それは書く側も読む側も承知の上のことですよね。どんなものでも100正しいことはないですし。失恋した子に「男なんてかぼちゃやきゅうりだと思えばいいのよ!」と前向きに励ましているのに「俺はかぼちゃじゃねぇ!」と怒っているようにしか思えません。。。。。。双方向というのもハイリスクハイリターンだなぁ。。。(2007/05/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長