• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自分の中の「正解」を追い続ける

~装丁家 鈴木成一~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2007年5月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回、お話を伺った装丁家・鈴木成一さんの、「ブックデザインには正解があるはずだ」という信念に感銘を受けた。本来、「価値」といういうものは相対的なものだと思う。ある本の装丁にしても、人によって評価は違うし、好き嫌いの違いもある。Aさんにとって良い本の装丁が、必ずしもBさんにとって良いとは限らない。

 しかし、作る側がそういう相対的な価値観で作っていてはいけない。何か正解があるはずだ、何か絶対的な基準があるはずだ、究極のターゲットがあるはずだと信じてやるということが、結果としてクオリティの高い仕事につながる。

 ものを作る人にとって、座右の銘とすべき、大きなことだったと思う。

 得られるお金と仕事の質は比例しないということが分かっていながらも、仕事の質を最高のものにしようとする人がプロフェッショナルなのだろう。そうせざるを得ない衝動のようなものが、人間の中にある。適当に済ませるのがイヤだという気持ちがある。これは不思議なことだ。

 どんなに1つの仕事にエネルギーを費やしても、時間を費やそうと、貰うお金は同じ。あとは目的を達するに必要なだけの時間と労力を使うのがプロフェッショナルの基本的な構造だ。波頭亮の「プロフェッショナル原論」に書いてあることと全く同じだ。

 本の装丁というと、どうしても包装紙というかパッケージのような気がしてしまう。実はそうではなく、作品の本質を理解して、それを一般読者と仲立ちする形で表現するものだと鈴木さんは言う。以前に話を伺った佐藤可士和さんも全く同じことを言われていた。

 おそらく一人ひとりの生き方においてもそうなんだろう。自分を飾ったりするのではなくて、自分自身の本質を見つけ、それを社会との接点において表現していく。このことが、結果として、最終的には自分を生かす道なんだと思って聞いていた。

 逆に言うと、奇をてらわないで自分の本質は何かをよく理解しないといけない。

次ページ >>

誇りは、自分でつくりだす
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
5月22日(火)午後10:00~10:43
・再放送
 総合 毎週火曜 午前1:05~1:49
     (月曜深夜)
 総合 毎週火曜 4:05~4:49
 BS2  毎翌週水曜 午後5:15~5:59
番組公式サイト
本・CD・DVD紹介サイト
 「本をヒットさせようと思えば、あの人に頼むべし」と、出版業界のベテランたちが口を揃える男がいる。装丁家、鈴木成一(45才)。本の表紙などの装丁を手がけるブックデザインの第一人者だ。
 
 どんな名著も、本屋の店頭で埋もれてしまえば、読まれない。本を読者の目に届け、手に取らせる、それが装丁家の力である。鈴木は、年間およそ700冊を世に送り出す。「鉄道員(ぽっぽや)」など有名作家の小説から、「金持ち父さん貧乏父さん」などの実用書まで、様々なベストセラーを生み出してきた。
 
 鈴木は、一匹狼のフリーランス。アルバイトで仕事を始め、独学で腕を磨いてきた。誰にも真似できない理解力と表現力で、驚異的な量の仕事をこなし続け、依頼が殺到するような現在の地位を築き上げた。
 
 鈴木を支えるのは、どんな時でも自分の矜持は譲らないという、強い職人魂。依頼を受けた原稿を徹底的に読み込み、「コレしかない」というデザインをひねり出す。
 
 番組では、出版業界のヒット作品を陰で支える職人の、仕事の流儀に迫る。


コメント0

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長