• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第13回】キャリモテのファッションとは

ライス国務長官かエビちゃんか?

  • 白河桃子

バックナンバー

2007年6月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ライス国務長官は、「ワシントンのエビちゃん」かもしれない。コンドリーザ・ライス米国務長官が、ワシントン一の“モテ女”という話は有名である。

 独身でキャリア街道を驀進してきた彼女は、いつもスラリとした脚を効果的に見せるファッションに身を包んでいる。自分の脚が最高にキレイに見えるスカート丈をちゃんと知っているし、脚の組み方も、美しく見える角度を計算している。

 スーツの下は、襟の高いブラウスにパールのネックレスでコンサバな装いの時もあれば、セクシーに切れ込んだ胸元を見せていることもある。このファッションは、日本の女性誌なら『Precious』でも『CanCam』でもなく、『NIKITA』(注1)タイプに分類できる。

 そして彼女は、キャリアとモテを見事に両立させている。ボーイフレンドはいつもフットボールの選手と公言しているが、各国首脳とのロマンスも取り沙汰されている(注2)。ライスは、米国版「キャリモテ」女の代表格なのだ。

 日本の女性にとっても、仕立てのよいスーツに高価なブランドの靴を身につけ、隙のないセクシーさを演出するライスは、キャリアファッションのお手本とも言える。

 しかし、「ライス」タイプのファッションの女性は、日本ではまずモテないだろう。なぜなら、日本の男子にとっては「隙がなさすぎる」からだ。日本の「隙のないキャリアウーマン」に寄ってくるのは、酸いも甘いも噛み分けた既婚男性、すなわち「おじ様」であることが多い。

 不倫願望もあるちょいワルな年上の男性にはモテても、独身の同世代にはなぜか「ひかれて」しまう。これが世の「負け犬」女性たちの悩みではないだろうか? 「隙のないキャリア女性」を落としてやろうという果敢なフットボール選手には、なかなかお目にかかれない。

「隙」のある女性を好む日本男性

 多くの日本の男性、特に独身男性は、女性に「隙」がある方が好きなのだ。日本男子は、パンツスタイルよりスカートの女性が好きだし、かっちりしたタイトスカートよりフワリとしたスカートが好き、色も黒よりも白が好き。ワンピースも好き。できれば腕をするりと出してほしい…。このスタイルを突き詰めていくと、この連載の第2回でも触れた「エビちゃんファッション」にどんどん近づいていく。

 女性の中には、エビちゃんファッションが嫌いな人もいる。ある女性誌に取材された時に、「エビちゃんファッションは、男性に対して『開いている』記号になる」と発言したら、取材に来た女性編集者たちは、みな顔をしかめた。「エビちゃんファッションは、みんな同じような格好で、個性がないじゃないですか」と言うのだ。男性には分からない世界かもしれないが、「ファッショナブル」を自負する女性にとって、エビちゃんはちっともおしゃれではない。また「万人受けを狙っている」と見られてしまう。

 しかし日本では、「万人受け」というのは悪いことではないのである。米国版の「モテの法則」では、「最初はツンツンして、男性の狩猟本能をかき立てよ」となるのだが、受け身の男性が急増中の日本では、この法則は通用しない。日本の場合、最初の受け入れ体制はオープンに。となると「ライス国務長官よりも、やっぱりエビちゃんファッションが有効」ということになるのだ。

コメント4

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長