• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

CSR解体新書(1) なぜ「京都」なのか?

米ソ体制崩壊で危機感持った欧州の策謀

2007年6月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すっかり耳に馴染んでいるのに、その意味を改めて尋ねられると、明確に答えられる人が少ない、そんな言葉にはだいたい、背後にメカニズムがあるもの。流行りもののカタカナ言葉やアルファベットには、とりわけ要注意です。

 『CSR』も典型的ですね。コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ(Corporate Social Responsibility)「企業の社会責任」がいつの間にか日本で強調されるようになって、もう3~4年が経過しています。確かに一種のブームにはなりました。さて、では、いま改めて職場の新人に質問されたとして、あなたならどう説明します?

 「……それでCSRって、いったい何なんですか?」

 CSRに関連して語られる言葉は、総じて極めて美しいですね。これがどうも胡散臭く見えるわけです。

 ちょっとネットで検索してみても「コンプライアンス(法令順守)」「地域社会への貢献」「地球環境問題」なんて言葉から、「愛される企業へ」「CSRで企業価値を高める!」「競争力強化」まで、とても聞こえのよいフレーズのオンパレードです。

 「なるほど、大変けっこうなことでんな」。誰も反対はしません。でも、お話が何かキレイすぎるのが気になりますね。

 「環境問題でっか…、結構はけっこうやけど、ウチは会社で、慈善事業ならおかどちがいでっせ」。こういう反応も、いまもって珍しくありません。

 あるいは、「おや、コンプライアンスでっか…でもねぇ、法律で縛られるのと、環境問題と、ひとくくりにされて『CSR』や、言われてもねえ…どうもピンときいしまへんなぁ…」。

誰が言い出したかよく分からないのに普及したCSR

 そもそもどこの誰が言い出したのかよく分からないのに、いつの間にか普及していて、一見よさげな話、というのは、疑ってかかった方が、普通は身のためですよね。それがこの世の常というものでしょう。

 いや、誤解のないように、最初に断っておきますが、CSR自体は非常に有効な仕組みです。もっとも、その効用を正しく理解して、フルに活用すれば、という話ですが。

 問題は、日本企業がCSRの動機や狙い、あるいは言いだしっぺの当初の思惑と、時代の流れでそれが変化した経緯などを、どう理解して、きちんと利用できているかです。

 そこで『なんとなく耳に馴染んだCSR』で思考を停止するのではなく、その源流に、少し深く分け入ってみたいと思うのです。

 CSRという言葉を私が耳にするようになったのは2002~03年にかけてです。2000年から大学に勤務するようになった私は、本部からの公務出張でIT(情報技術)関連の国際研究大学連携の会議に送られるようになりました。

 そういう席で聞いた話の中で、もっとも私がスッキリ理解できた「CSRの源流」の一説を以下、ご紹介してみましょう。

 ヴィリー・Bは、旧ユーゴスラビアで共産貴族の家に生まれました。現在は世界銀行に在籍しています。以下では、彼から聞いた話を私なりに整理してみます。ちょっと聞くと、スパイが暗躍しそうな「陰謀史観」みたいですが、実はなかなか、奥が深いです。

 ヴィリー・BはCSRと環境問題を「欧州、ないし欧米多国籍企業の生存戦略シナリオ」の観点から説明してくれました。

新世界システムのグランドシナリオ

 鎌倉、鶴岡八幡宮の境内を歩きながら、ヴィリー・Bはふと呟きました。

 「冷戦末期の1980年代、東西の対立構造がなくなること自体が、ユーゴでは一大脅威そのものだったから…」

 実際、ボスニア・ヘルツェゴビナやコソボなど、バルカン半島が90年代に辿った歴史を考えれば、本当に大変だったろうと想像はつきます。

コメント0

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長