• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

形勢不利なら勝負手を探せ 
家業を飛び出し、追い求めた夢

英治出版社長・原田英治の場合(その3)

  • 佐野 真

バックナンバー

2007年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「勝負手(しょうぶて)」とは、勝負の形勢が苦しい時に、局面を打開するために放つイチかバチかの1手、もしくは決断のことである。囲碁や将棋ではよく使う言葉だ。

 イチかバチかであるから、当然ながらリスクを内包している。成功すれば苦しかった局面を一気に逆転することができるが、失敗すればそこで完全に負けが確定してしまう。いわばギャンブルである。

 勝負手は、それを繰り出すタイミングがすべてだ。苦しい碁でも我慢していれば、まだまだ勝負は分からなかったのに、焦って勝負手を早く放ってしまったばかりに、取り返しがつかないほどのダメージを負ってしまうこともある。

 適切なタイミングで勝負手を繰り出すことができる者だけが、生き残っていくことができると言って過言ではない。これは囲碁に限らず、ビジネスや人生でも同じだろう。

原田 英治(はらだ・えいじ)氏
英治出版社長。1991年慶應義塾大学法学部を卒業後、アンダーセンコンサルティング(現・アクセンチュア)に入社。95年に同社を退職、家業である一世印刷の取締役に就任。翌年代表取締役副社長を辞任。99年に妻と原田英治事務所を設立。2000年に英治出版に改組し、現職。(写真:後藤 究)

 幼い頃から経営者である祖父や父に囲碁を叩き込まれてきた英治出版社長の原田英治。彼は、囲碁から知らず知らずのうちに、勝負手のタイミングを学んできたのかもしれない。英治出版を起業する時、そしてその後の苦しい局面で、原田は勝負手を放った。

 原田がビジネスマンとして放った最初の勝負手は、1999年に祖父が創業した家業を飛び出したことである。夫婦2人で出版社を起業することを決めた。かねて考えていた「夢の実現を応援するビジネス」を立ち上げるために、家業という安定を捨てる渾身の勝負手だった。

 大学を卒業後、約5年間勤めたアンダーセンコンサルティング(現・アクセンチュア)を辞め、1995年に原田は祖父が創業した一世印刷を継ぐことを決意した。キッカケは、父親が病気で倒れたこと。父親の願いもあり、社長として会社を切り盛りしていた叔父を手伝うため、一世印刷の取締役になった。いずれは社長に ―― という、いわば規定路線だったのだろう。

 もちろん、幼少の頃からの夢でもあった会社経営に携わってみたいという気持ちもあった。「コンサルティングの仕事で学んだことを家業で生かしてみたい、という気持ちがありました。サラリーマンを5年も続けると、辞められなくなってしまうとも思っていました」と原田は話す。

経営路線の違いで社長の叔父と対立

 だが、家業の経営を手伝うようになって2年ほどすると、叔父と、自分の目指す路線が違うことを意識するようになった。

 一世印刷の経営は、比較的安定していた。歯科医師の業界団体から、関連出版物の印刷などを一手に引き受けていたからだ。ただし、5年ほどと短い期間ではあっても、企業コンサルタントを経験した原田から見ると、問題点は少なくなかったのだという。

 特に経費などの金銭管理の甘さが目についた。企業というよりは、まさに“家業”で、伝票などをきちんと起票する体制が整っておらず、原田の目には、一世印刷の経営実態が“ドンブリ勘定”としか映らなかった。そこで原田は、経費を見直し、すべての受注に対しての起票を徹底した。人員整理し、営業部員を新しく雇うリストラにも手をつけた。

 歯学関連の医学書を出版する子会社の一世出版を任された原田は、その事業内容にも疑問を持った。専門書の出版だけでは、安定はしていても、いずれは尻すぼみになってしまいかねない。原田は、業容を広げるため、米国のビジネス書の翻訳出版を始めた。事業拡大は当たった。一世出版の年商は、3年で2倍の1億円に増えたのである。

コメント0

「囲碁上手は仕事名人」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授