• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

官not公の時代、なのです

  • 渡邉 美樹

バックナンバー

2007年8月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の公的サービスが、その目的を見失ってしまった根本的な原因を追及していくと、ひとつの誤った思い込みにたどり着きます。

 それは「官=公」である、という思い込みです。

ワタミ代表取締役社長・CEO 渡邊 美樹氏

ワタミ代表取締役社長・CEO 渡邊 美樹氏

 いや、刷り込みといったほうが正確かもしれません。というのも、公的サービスの従事者のみならず、私たち国民自身が、「公的な事業はお役所がやるものだ。民間に任せてはいけないんだ」という古い“常識”に支配されているからです。

 実際、役人やその配下の公的サービスの担い手たちが犯す過ちや意図的な不正を、私たちは飽きるほど見せつけられてきました。もう、「官」に任せていてはダメだ、というのは、日本国民の潜在的な実感でしょう。

 それなのに、いざ私のような人間が「いまこそ公的なサービスもすべて民間に任せて、自由競争させればいいんだ」と主張すると、多くの人たちが「いや、そこまではちょっと……」と腰砕けになってしまう。肝心なところで、「官」に対する日本人特有の「お上意識」が顔を出す。「官=公」の刷り込みには、それほど根深いものがあります。

 では、「公」の仕事をする資格とは、いったい何なのでしょうか。

 条件として考えられるのは、国民のことを第一に考えて仕事をすること、国民から預かったお金をムダにしないこと、そして、その仕事内容を国民がチェックできるよう、完全な情報公開を行うことです。そのうえで、万が一にも国民を裏切るようなことがあれば、罰を受け、公的な仕事から退場させられる、という厳格なルールが存在し、機能することです。

 民間企業に「公」の仕事は任せられない、ということは、民間企業ではこうした条件を満たせない、ということなのでしょうか? 己の利益ばかりを追求し、消費者=国民のことなど考えない、それが民間企業、ということなのでしょうか?

 とんでもない屁理屈です。
 民間企業は、まずお客さまを獲得しなければ仕事が始まりません。とりわけワタミのような個人客相手の外食ビジネスでは、毎日毎日、顧客獲得競争に明け暮れています。少しでも手を抜けば、あっという間に無数のライバルたちにお客さまを奪われる。そのくらい厳しい世界なのです。

 こうした厳しい競争を経てお客さまを獲得できると、ようやく収益が上がります。すると、どうなるか。

民間が儲かれば、公的な効果が社会に生まれる

 まず、お客さまに利益を還元できます。よりおいしいメニューを、よりよいサービスを、より安価で提供できるようになるからです。それから従業員に利益を還元できます。より高い給料を、より厚い福利厚生を手当てできるようになるからです。もちろん株主さまに利益を還元できます。より高い株価を、より豊かな配当を差し上げられるからです。さらに社会に利益を還元できます。より多くの雇用機会を、そしてより多くの税金を提供できるようになるからです。

 おわかりいただけますか? 民間企業が儲かれば、それだけできわめて「公的」な効果が、広く社会にもたらされるのです。

 そのうえ、民間企業は社会からの非常に厳しいチェックにさらされています。

 まず、なんといってもお客さまが選んでくださるかどうか、というチェックがあります。

 それから、株式上場するにあたっては主幹事証券会社の厳しい審査があります。さらに上場申請のために膨大な量の有価証券報告書を作成して、証券取引所の審査も受けねばなりません。しかも、合格したら一生安定の教員免許や医師免許と異なり、一回上場してもそれで会社が一生安泰とはなりません。たしかに信用はつきます。しかし一方で、上場以降は投資家に対して、そして社会に対して、経営内容を常にオープンにしなければなりません。株価の変動は、毎日、マスメディアによって伝えられます。会社の経営内容を有価証券報告書という形で提出させられます。半期報告書もありますし、四半期報告書も義務化されそうです。もちろん株主総会があります。そこで経営に少しでも疑義があれば、株主は会社の提案を議決してくれません。不祥事でも起こした日には、経営者のクビだって飛ぶかもしれません。

 これだけ厳しい世間の評価にさらされたうえで、ワタミの場合、2007年3月末現在、1年間にグループ全体でのべ3500万人のお客さまをお迎えし、3200人の従業員を雇用し、7万3898人もの株主さまに投資いただいております。

 私は、外食こそ真に「公」的な仕事だと思っています。人々の生活に欠かせない食を提供し、幸せを供給しているからです。補助金ももらわず、赤字も出さずに。

コメント51件コメント/レビュー

8回分、一気に読みました。コメント欄も賛否両論考えさせられることが多く、参考になりました。「民」はミクロ(ワタミ社)の良い面で、「官」はマクロ(役人でひとくくり)の悪い面で論じられており、それで「公」がどちらに向いているかを問われても、私は答えが出せませんでした。ただ、今現在の「官」の部分に「ワタミ」が参入ことは、「公」に支持されそうです。ワタミのビジネスにおいて、大きなチャンスで有ることはよく分かりました。田舎に住まう私としては、商品を選ぶことの出来る所謂(渡辺氏の言う)「公」だけでなく、本当の「公」を相手にして、どのような「民」の活動が展開されるのか、興味深く見ていくことにします。できれば多数決は無しでお願いします。この回ではないので申し訳ないですが、本文内で反対意見を切り捨てる場面がありました。このような考えは、明らかに賛同しかねます。新しい宗教かと疑いました。自分とは異なる意見を聞き入れ、理解しないことには、健全な競争はスタートさえ出来ないと思います。遠くまで見通し、さらにビジネスを飛躍させられること、応援しています。 g(2007/08/29)

「ワタミ社長渡邉美樹の「もう、国には頼らない。」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

8回分、一気に読みました。コメント欄も賛否両論考えさせられることが多く、参考になりました。「民」はミクロ(ワタミ社)の良い面で、「官」はマクロ(役人でひとくくり)の悪い面で論じられており、それで「公」がどちらに向いているかを問われても、私は答えが出せませんでした。ただ、今現在の「官」の部分に「ワタミ」が参入ことは、「公」に支持されそうです。ワタミのビジネスにおいて、大きなチャンスで有ることはよく分かりました。田舎に住まう私としては、商品を選ぶことの出来る所謂(渡辺氏の言う)「公」だけでなく、本当の「公」を相手にして、どのような「民」の活動が展開されるのか、興味深く見ていくことにします。できれば多数決は無しでお願いします。この回ではないので申し訳ないですが、本文内で反対意見を切り捨てる場面がありました。このような考えは、明らかに賛同しかねます。新しい宗教かと疑いました。自分とは異なる意見を聞き入れ、理解しないことには、健全な競争はスタートさえ出来ないと思います。遠くまで見通し、さらにビジネスを飛躍させられること、応援しています。 g(2007/08/29)

「官だけ」「民だけ」そんな社会はどこにも無いのですし、誰も構想していない訳です。ですから、問題は「民か官か」ではなく、「民と官との役割分担」のはずです。相変わらず二者択一でしか議論できない人は、そこに問題があります。これまで官にしかできないと思われていた仕事も、幾つか民へ移されつつあります。古い例ではJRやNTTもそうですが、最近では交通違反の取締りも民が一部行っています。民も官もともに腐敗する可能性がありますから、どちらも監視と統制とが必要です。民の監視と統制とは官が行っているのですから、官の監視と統制とは民が行うか、さもなければ、官同士で行わせる必要があります。年金を出さずとも官の腐敗が問題になっている昨今、官をいかに監視・統制するかですね。(2007/08/18)

コメントの方でもえらく勘違いしている人が多いので、官だと責任を追及されないからというのがあるが、「ルールの整備」と「違反者の監視」はどの道必要なので、これが官だろうと中の人や責任者に責任を取ってもらえるようにすれば良いだけのこと。一旦民にしてしまったら官に戻すのは民主主義では利害関係の調整で動けなくなるので事実上非常に困難である。国が運用という意味の官と、現状の官営のシステムにある不備は別次元の話であって不備は正せば良い事。(2007/08/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長