• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カンボジアの子どもたちが教えてくれたこと
~国に頼るな、自分を頼れ

  • 渡邉 美樹

バックナンバー

2007年9月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント18件コメント/レビュー

私は渡邊社長を全面的に支持します。色々と言う人もいるとは思いますが、そういう人に限って自分は何もしていない人がほとんどなので己が信じる道を突き進んでください。>まずは国内から支援しろという方々へあなたがすればいいのでは?(2008/06/03)

「ワタミ社長渡邉美樹の「もう、国には頼らない。」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は渡邊社長を全面的に支持します。色々と言う人もいるとは思いますが、そういう人に限って自分は何もしていない人がほとんどなので己が信じる道を突き進んでください。>まずは国内から支援しろという方々へあなたがすればいいのでは?(2008/06/03)

今までの論調は、弱者(能力のない教師や学校)は排除せよという論調かと思ったのですが、今回は弱者救済の話のようでした。今までの能力による淘汰と今回の「みんなのしあわせ」という言葉が、どうも整理が付かないのですが、どのような社会を理想とされているんですかね?例えば今回の話で言えば、理想的にはできる子だけを選別して救済して行くべきだということなんでしょうか?(2007/09/15)

今、地球環境や地域格差・格差社会などありとあらゆる心配事の多い世の中だと思います。まして一番、気になるのは子供たちが夢を持てないでいることです。よくテレビでは、1ドルで1日を過ごす家族であるとか、渡辺さんのご覧になったゴミを漁る子供を取材しては放送していますが、まずはその国にもお金持ちが住んでいるということ、遥か遠くの国の人間がどこまでできるのか、寄付をしても本当に届くのか、疑問や疑いの気持ちがわいてきます。まずはこの国の病んだところをなくし夢と希望、人を思いやる気持ち、人を人として、他をみとめ愛情を持って接することのできる事が大切ではと思えるのです。学校の教育も変わっきました。教師も没個性的(そうならざる終えないところもあるように感じます)どうしたらいいのでしょう・・・(2007/09/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長