• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

女の敵は女

  • 遥 洋子

バックナンバー

2007年8月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、久々に腹が立ったことがある。
 近頃ではめずらしい「女だからダメ」という拒絶に直面したからだ。

 男女平等とか、男とか女とか、女性差別とか、そういった単語は出来れば使いたくないと思ってきた。まず、聞く人たちが「ああまたか」とうんざりする単語だろうし、使うほうもそうそういきり立って主張しているわけでもないからだ。

 しかし定期的に、それも忘れた頃に女性差別は確実にやってくる。その時ふと我に帰る自分がいる。今回はこの青臭い時代遅れの単語を久しぶりに使いたい。

 日ごろ一人暮らしの私だが、先日、法要のために実家に帰った。

 私は大家族の中で育った。兄や兄嫁や甥や姪がひしめく中、法要が始まった。私は“嫁いでない”ということで“本家の一人娘”という位置にあった。

 法要の途中、“長男”がおもむろに「それではここからは男だけで…」と言い出した。甥が「そんなこと言うとまた洋子おばちゃんがうるさいよ」と笑った。私は「なぜ法要に私を入れないのか」と気色ばみ、強引に儀式に加わった。

 言われたとおりに従順に儀式に参加しないで台所の奥に控える兄嫁の一人が、「洋子ちゃんはもう男として生きるねんて」と嘲笑した。皆がどっと笑った。

 このエピソードは、現代の家族には違和感があるだろう。もはやここまで儀式めいたものが残っている土地もめずらしいだろうし、宗教によっても変わる。大方の儀式自体は陳腐化したり退廃してもいる。だがこのエピソードには、職場でがんばる女性にとって陥りがちな、「女の敵は女」の構図に共通する原風景がある。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長