• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第11回】稼働率9割の人気宿に改装
「時の宿すみれ」3代目 黄木綾子さん【前編】

  • 白河桃子

バックナンバー

2007年9月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このコラムの取材をしていると、跡取り娘たちのストーリーは産業再生のケースであると思うことが多い。例えば第2回のホッピービバレッジ副社長石渡美奈さん(参考記事はこちら)は、傾きかけたホッピーというブランドを再生したし、第4回のメッキ業3代目、日本電鍍工業代表取締役社長の伊藤麻美さん(参考記事はこちら)は、父の死後、赤字だった会社の年商をV字回復させた。

 そして現在、再生案件として注目を浴びているのが温泉旅館である。バブル時に団体客用の宴会場を備えたビルに改装した旅館は、現在はどこも赤字にあえいでいるし、老舗旅館も名前だけではお客が呼べない時代だ。

 家業の老舗「星野温泉」を「星野リゾート」として再生した星野リゾート代表取締役社長星野佳路さんが「旅館再生請負人」としてマスコミに登場し、旅館再生という事業はすっかりメジャーになった。筆者の知人にも、外資系企業と組んで旅館再生ファンドに取り組む人がいる。

 この連載でも、旅館を再生した跡取り娘を取材したいと考えていたところ、リクルート出身で西麻布でレストランを営む知人が、こんな話を持ってきてくれた。「数年前までは稼働率が悪かった家業の旅館を、『Dの食卓』で有名なゲームクリエーター飯野賢治さんをコンサルタントに迎えて大改革し、現在は予約が取れないほどの旅館に大変身させた女性がいますよ」

 ゲームデザイナーと組んで旅館を再生するという発想は、どこからきたものか? 早速その女性にコンタクトを取った。それが、米沢の湯の沢温泉に1軒だけの、源泉かけ流しの温泉旅館「時の宿すみれ」3代目の黄木綾子さんだ。現在、同旅館を経営する黄木コーポレーション代表取締役である。

木々の中に建つ「時の宿すみれ」
3代目の黄木綾子さん

木々の中に建つ「時の宿すみれ」と、3代目の黄木綾子さん(写真:エルスタジオ 尾苗 清、)

 米沢駅は、都内から新幹線で2時間10分。駅から車で約15分走ると、木々の緑の中の渓流沿いに「時の宿すみれ」のエントランスが現れる。宿は2階家で、全体の色調はブラウン。モダンですっきりした林の中の建物は、まるで軽井沢の瀟洒なホテルのようだ。

 「いらっしゃいませ」と現れた黄木さんは、スラリとした長身を黒いスーツに包んでいる。物静かに、しかしテキパキと働く彼女の物腰は、女将というよりは有能なホテルウーマンという感じである。

 「ここは28年前に祖母が始めた温泉旅館、すみれ荘でした。2年前の2月にいったん閉めて大改装し、10月に『時の宿すみれ』としてリニューアルオープンしたのです」。和室12室だった「すみれ荘」を、2人専用の10室の旅館に改装。和室が5室、布団を敷くタイプの洋室が2室、ベッドの部屋が3室で、部屋の内装はすべて異なる。以前は近隣の湯治客が多かったが、リニューアルしてからは首都圏からお客が来るようになった。

 「書院風、アジア風、茶室風と、部屋のコンセプトは1つずつ違います。『次はこの部屋で』とおっしゃる、リピーターのお客様もいらっしゃいます」と黄木さん。どれも、タイプは違うがそれぞれに落ち着いた心地いい部屋ばかりだ。

 改装旅館というと、有名デザイナーを起用して真っ赤な壁の和室を作ったり、内装が妙にゴージャス過ぎたり、イタリア製陶器などで作ったあまり趣味の良くない露天風呂を入れてみたりと、しっくりこないことも多いが、この宿に関してはそういう心配が全くない。

布団を敷くタイプの和室ベッドタイプの洋室

布団を敷くタイプの和室と、ベッドタイプの洋室 (写真:エルスタジオ 尾苗 清、)

コメント0

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員