• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「考えるヤツは、ムダにキレない」

  • 渡辺由美子

バックナンバー

2007年9月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む

―― 自分は「数字」「競争」だけで勝ち残ることで幸せになれないタイプだ、と気づいたとしますよね。イチバンというより、味で勝負してみたい、と。ところがそういう考え方が、所属する組織に合わなかったとする。これはもう会社に居づらいな、となったら…。

高橋 まず、組織の中で「自分の立ち位置」を考えるって、ものすごく必要なことだと思うんですよ。そうすると、入った会社をすぐに辞めたいとは思わなくなるんですね。

―― そうなんですか?

「現場監督」 高橋良輔氏

「現場監督」 高橋良輔氏 (写真:大槻 純一、以下同)

 会社の中に、「それが正しい」という1つのルール、権力があって、自分の考え方に合わないことをがっと言われる、押しつけられるといったときがありますよね。そんなときにすぐに「やりたくありません!」と言ってぱっと会社を辞めてしまうとか、社会通念で言うところの反論以上の反撃をするというのは、ちょっと損してると思うんだよね。

―― そうかもしれませんが、やはり上から強烈な押しつけがあると、ついカッとなって、過激なアクションを起こしてしまうことはあるのではないかと。

 カッとなるのは、我慢をしないから。あのね、「我慢するというのは、考えること」だと思うんです。これはつまり、我慢が利かないということは、その人が考える努力を放棄している、ということなんですよね。

―― 「我慢」と「考えること」が同じなんですか? むしろ、自分で考えることを放棄して、ひたすら耐え続けるのが我慢というイメージがありますが。

 ヤクザ映画ってありますよね。あそこに出てくる高倉健さんと、チンピラの違いってなんだと思いますか。

―― うーん……。格好良さ、とか…。

「我慢することは、考えること」とは

 (笑)。

 健さんが
 「死んでもらいます」
 と言うときには、ものすごく我慢した後なんですよ。

 ところがチンピラは、すぐに「なめんじゃねえ、バカヤロウ」とつっかかる。あれがキレるということです。そこには考えがない。

 我慢というのは耐え続けることそのものじゃなくて、その間ずっと「本当にこれで良いのか」と考え続けることなんですね。

―― なるほど。健さんは我慢をしている間、状況に耐えているだけではなくて「検証」をしているんですね。

 だから、あなたはチンピラですか、健さんですか、という。

 よくキレるというのは、考えた結果キレているんじゃないですね。考える力がなくなれば、我慢が利かなくなる。考えた結果、我慢する必要がないというところに至れば、何らかの行動が必要ですけれども、そうじゃなくて、脊髄反射しちゃうのでは考えていないですね。

―― 健さんとチンピラを、自分に置き換えてみると……。

 会社というのは、辞めるか辞めないかの二択しかないわけではないと思うんですよ。

 自分が置かれている状況を、どの「幅」の中で許容するか。そういう思考をした方がいいと思うんだよね。人間関係だって、この人とのつき合いはどこまでの幅なら楽しいか、どこまで近づけばうざったくなるかを考えるでしょう。会社も同じ。

―― 許容できる幅……ですか。

コメント4

「“アンチ天才”のボトムズ流仕事術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授