• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第11回】「おふたり様」コンセプトが奏功
「時の宿すみれ」3代目 黄木綾子さん【後編】

  • 白河桃子

バックナンバー

2007年9月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 (前編から読む)

 ビジネスにおいて大切なことは何だろうか。膨大なマーケティング調査か。それとも、一流のスタッフを揃えることか。…跡取り娘の取材をしていると、経営者の強い「想い」がベースにあることこそが一番大切ではないか、と感じることが多い。

 …「綾子さん自身は、どんな旅館を作りたいのですか?」。旅館のリニューアルにあたり、コンサルタントになった飯野賢治氏が、現在の「時の宿すみれ」3代目となる黄木綾子さんに尋ねたのは、この「想い」の部分だった。

3代目の黄木綾子さん

3代目の黄木綾子さん(写真:エルスタジオ 尾苗 清、 以下同)

 黄木綾子さんはそれまで、「すみれプロジェクト」の他のメンバーの意見を尊重し、協調性を大事にしながら話し合いを進めてきた。あまり、自分の意見を強く主張することがなかったのだ。しかし飯野さんの発言で、初めて黄木さんは「自分の想い」と向き合うことになる。

 「どんなお客様に来てほしいのか?」という問いに、最初に浮かんだのが「おふたり様」だった。「この旅館には、大切な人と2人で来てほしい。そして『おかげさまで、いい時間を過ごすことができました。ありがとう』とお客様に言っていただくのが自分にとって一番幸せなことなのだ、と思ったのです」

 さらに飯野さんは、黄木さんに問いかける。「お客様は何歳ぐらいの人?」「夫婦、またはカップルで、30~40代より上くらい」「それは、どういう人ですか?」「毎日が忙しくて、明けても暮れても仕事ばかりで、休みもいつ取れるか分からない人。そんな人が、やっと取れた2人の時間を過ごし、お互いの理解を深めていただく場所にしたいんです」。…まさに、イメージワークだ。黄木さんと飯野さんが話をして紙に落とし、その繰り返しでさらにイメージを深めていく。飯野さんは黄木さんの「想い」を引き出す手伝いをしてくれたのだ。

 「じゃあ、2人専用の宿にしたらどうですか」。飯野さんのこの一言で、「おふたり様専用宿」はスタートした。従来の「1部屋に客が多く泊まるほど儲かる」というスタイルの旅館には、わざわざ客数を減らすような発想はなかった。「客単価が稼げなくてもったいない」というのが、常識的な考え方だったのだ。

 「プロジェクトのメンバーの中では、『2人宿』にピンとくる人は、飯野さんと私しかいませんでした。でも、飯野さんは『そのコンセプトを、もっと尖らせるべきだ』と教えてくれました。飯野さんがいなければ、今の形はなかったと思います」

 周囲からは「いかがわしいカップルの宿のようだ」という声があった。黄木さんの弟も、最初は反対した。「でも『2人』というのは、カップルだけではない。女同士、親子など、様々な『2人』がいるはずです。一番大事なのは、『すみれ』を知っていただき、たくさんのお客様に来てもらうこと。そのためには、目立つことが必要です。『2人宿』というコンセプトには、話題性があると思いました」

 その上黄木さんには、米沢牛のブランドがついている。「2人専用で、その宿では米沢牛づくしの料理しか出ないんだって」。そんな評判がたてば、遠くからのお客様も来てくれる。

(注)飯野賢治:ゲームクリエイター。1995年に発売したゲームソフト「Dの食卓」が全世界で100万本セールスを記録し、「マルチメディアグランプリ'95 通産大臣賞」を受賞する。

コメント1

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト