• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「7割で腹をくくって、生き残れ!」

  • 渡辺由美子

バックナンバー

2007年10月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む

―― 人使いがうまい、任せるのが上手、と言われる高橋監督ですが、ご自身は「自分のしたいことしかやらないのが基本」とおっしゃる。人に評価されながら、自分のやりたいことがやれるというのは、どういうことなんでしょう。

「現場監督」 高橋良輔氏

「現場監督」 高橋良輔氏 (写真:大槻 純一、以下同)

高橋 たとえば今回の新作「ボトムズ」(ペールゼン・ファイルズ)の仕事の中でも、絵コンテを描きたい人がいたら、なるべく探してコンテを描いてもらう。シナリオを書きたい人がいれば、シナリオを書いてもらう。では、僕自身がやりたいことはやっていないかというと、監督業としてはATの3Dへのトライという方向でちゃんとやっている。

 やりたいと言った人にやりたい方向のことを頼むけれど、途中で作業が大変になってくると、その人がやりたくてやっている認識は、まあ、一時は薄らいでしまうかもしれない(笑)。でも、やらなきゃしょうがないんですよ。だって、仕事に山坂は付きものですし、谷だって絶対ありますからね。ま、それが仕事というものだし、しかし絶対ゴールはあると、ゴールを迎えれば解放感も待っている、と。拝み倒してもやってもらう。

 僕が人使いがうまいというんじゃなくて、結局みんなでやることだから、やれる人にやってもらうということですね。ひとつ、僕が他の監督と違うとしたら、担当を分けて、人にどんどんお願いしてしまうことかな。

 作り手の中には、本来は全部自分でやりたいんだ、という人もいるわけです。コンテも描きたい、シナリオも書きたい、絵も描きたいんだけど、それじゃあ長期にわたるテレビシリーズはできないから、あきらめて人に振る、という。自分で全部できないと、イライラしちゃうんですね。

―― 大地丙太郎さんがインタビューで、「高橋さんは始める前に一生懸命苦労して人を集めて、その後で楽するタイプ」とお答えになっていたそうですが……。

 人を集める時にも自分は苦労はしていないですよ、それはプロデューサーがやっている。でもまあ、人が集まっちゃえばもう終わったようなもんですからね。

―― 終わり、ですか。人が集まった後は、監督は何をされるんですか?

あとの批判を引き受けるのが、私の仕事

 もう何もしない。僕は「勇者王ガオガイガー」のプロデューサーを引き受けた時に、監督をヨネちゃん(米たにヨシトモ氏)に決めたんだけど、第1話が上がってくる前に「俺の仕事の98%は終わった」と発言して、みんなから「えーっ!」とひんしゅくを買った。……だけど(笑)。

 だってもう終わりでしょう、それは。監督や絵を描いてくれる人を決めれば、作品のある種の質は決まっちゃうところはあるから。

 プロデューサーはできたあとの批判を引き受ければ仕事は終わり。それはでも、ある程度どの仕事にでも言えることだと思うんですよ。

―― では、人を選ぶ時の嗅覚がポイントなのでしょうか。この人が最も適任だというのが、勘でお分かりになるとか。

 えーとですね、分からないですよ。分からないけど、「70点ならいいか」というところがあるんですよね。

 まあ、僕は監督業が表看板ですけど、それから言うと100点じゃないと嫌だという監督がいるじゃないですか。「この人を呼んでくれ」「この人に、このイメージで、こういうところまで作ってほしい」と。そこまで要求しようとすると、たぶん僕のレベルだと成り立たないんです。要するに、自分が作りたいものに対して、そんな隅々まで思考が行き届かないんですよね。自分自身の能力が条件に追いつかない。

 僕が人にお任せする理由は2つあって。1つは、全部自分でやったら大変じゃないですか(笑)。

 もう1つは、全部自分でやったら自分の中にあるものしか出てこないじゃないですか。他の才能が入る方法論でやれば、自分の作品が膨らむということがある。

コメント3

「“アンチ天才”のボトムズ流仕事術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック