• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

別れる、忘れる、そして創造する

~漫画編集者・原作者 長崎尚志~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2007年11月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 何かを表現し、形にして世に送り出す時、必ず後ろ髪を引かれる思いがある。完全にすべてが終わった形で出て行くことはありえない。直したいところやもっと考えたいところがあるはずだ。

 おそらくモノが完成して世に出て行くときには、生命活動と同じように必ず命の残り火がある。その残り火が完全に消えた状態で出て行くことはほとんどない。残り火があるというのは、それについて考えればまだ変化する可能性があるということだ。しかし、とりあえずは送り出して、サヨナラする、区切りをつける。そこで1つ生命が消える感じがある。

 この「別れる」ということが、科学の領域においては非常に重要なことで、それができるかどうかが「プロ」としての分かれ目だとさえ思う。多くの研究者は論文にできずにぐずぐずと問題をいつまでも持ち続けてしまう。

 「サヨナラダケガ人生ダ」という井伏鱒二の詩の翻訳の言葉があるが、これがクリエーターの極意に通じる。

 今回お話を伺ったのは、浦沢直樹さんの作品など、大ヒットした漫画を世に送り出してきた編集者・原作者の長崎尚志さんだ。クリエーターの真髄に触れる深いお話を伺うことができた。

 長崎さんは、過去にやったことや過去の栄光などにとらわれないで、「忘れる」ことが大事だと言う。それはすごく実感のこもった言葉だった。もう二度とできないと思えるような良い仕事をした後でさえも、あえて過去の栄光を振り返らない。

 それを実際にやっている長崎さんには、ある種、凛と張りつめた厳しさがある。ああいう表情を持った人はなかなかいない。

不器用のすすめ

 良い作品を生み出すために欠かせない「覚悟」を、長崎さんは「今の自分にはこれしかない」と思うことだと言う。これはどんな仕事でも大事なことだ。無いものねだりをしてはいけない。

 それは研究でも同じで、学会の発表前に理想の状態を思い描いて、あれが足りない、これが足りないなどと思ってしまう。しかし本来は逆なんだ。今あるもの、いま持っているデータや素材からスタートして、それをどう最大限に生かせるかを考えないといけない。

 自分の「持っているもの」も「持っていないもの」も、あるがままにきちんと見つめることで、自己表現ができ創造性が生まれる。こうした姿勢のことを長崎さんは「不器用」と表現されていた。

 いまの世の中はIT化に象徴されるように、フレキシブルに変化して器用に時代の流れに対応する方が良いと思われている。逆に長崎さんの言うように「不器用であること」は、変化が激しい時代においてこそ大事なことなんではないかと最近思っている。物事の本質はそう変わらない。

次ページ >>

愛と覚悟のヒットメーカー
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
11月6日(火)午後10:00~10:45
・再放送
 総合 毎週火曜 午前1:05~1:49
     (月曜深夜)
 総合 毎週火曜 4:05~4:49
 BS2  毎翌週水曜 午後5:15~5:59
 今や日本が世界に誇るコンテンツとなった“漫画”。映画やドラマの多くも原作を漫画に求めるが、独創的なヒット作品が次々生まれる陰には優秀な“黒衣”=漫画編集者の存在がある。
 
 数々のメガヒット漫画の陰の仕掛け人として、漫画界にその名を轟かせるのが、漫画編集者・原作者の長崎尚志。日本でも珍しいフリーの漫画編集者として活躍する。
 
 若き日、石ノ森章太郎や手塚治虫、白戸三平、さいとうたかをらの薫陶を受け、その後、浦沢直樹との名コンビで「MONSTER」「20世紀少年」「PLUTO」と大ヒットを連発。息もつかせぬ浦沢漫画のストーリーは、2人が独自の案をぶつけあい、格闘しながら作り上げたものだ。その内容は海外でも注目され、「MONSTER」はハリウッドでの映画化も進められている。
 
 浦沢直樹と人気漫画「PLUTO」を作り上げる、知られざる現場。そして無名の新人のデビューに取り組む1か月に密着。創作の現場に隠された、漫画界陰のヒットメーカーの仕事の流儀に迫る。


コメント0

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック