• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

CSR解体新書(16)戦時経済はバブルの一亜種

米国の軍需による景気浮揚は「贋金作り」と変わらない

2007年11月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 回収の見込みの定かでない安易な融資を乱発すれば、通貨偽造と同様、確実にお金の信用を下落させる。先週、長い紙幅を使って準備したおかげで、現在喫緊の課題であるサブプライムローン(米国の信用力の低い個人向け住宅融資)問題を考える理論的枠組みがすっかり整いました。

 誰もが「米ドル建てなら大丈夫だろう」と思っていたわけです。ところがその信用は「円天市場」ならざる「米国市場」内部から崩壊してしまった。

 オイル決済通貨としてのドルの地位もいまや危うい。先週「波打つバカの壁」の内外にいろいろな立場の「受益者」「被害者」がいると指摘しましたが、NBオンラインでも、今この原稿を編集部に入れたタイミングでアップロードされた本多秀俊さんの「Money Globe - from London」に、ちょうど対応する指摘がありました。

 米国の「借金」は、そっくりそのまま、米国以外の国々の「売掛金」として世界経済の見かけ上の活況を支えてきたわけです。実際は借金漬けのまま国全体として旺盛な消費を続けてきた米国は「円天生活、最高!」と喜んだ主婦を決して笑うことができないのです。

 実際、米クレジット市場は急激に拡大し、金アマリと資産運用上のモラルハザードによってあっけなく崩壊しつつある。その際「波打つバカの壁」をまたぐように「受益者」と「被害者」が双方に現れる。

 この時、ショックの吸収帯としてあてがわれていた円建ての経済や日本の株価が本体以上にダメージを受けるとしたら、冗談では済まない、乱暴に簡略化すれば、そういう構造が浮き彫りになると思います。

 さて今回の私のお話は、このところ続いた理論屋としての総論ではありません。自分で足を運んで見てきた、極めて特殊な米国の内部事情のご紹介です。やや極端な個別のケースを見ながら、泥沼化するイラク戦争と、サブプライムローン問題を含む「米下流社会」経済の、見えそうで見えない関係を考えてみたいと思うのです。

イラクに派遣される兵士を見送って

 2007年2月、私はNHKの依頼で、イラクやアフガニスタンに派遣される兵士の生活を取材するために米国ノースカロライナ州、フォートブラッグ基地に体験入隊しました。

 この時の模様はNHK・BS「地球特派員2007」でオンエアされています(「増派に揺れる基地」3月23日放送)。スタジオ解説で寺島実郎さんは「レームダック政権の悪あがき」と表現されました。

 さてブッシュ政権末期、米国内経済はどうなることやらと思っていたところ、噴出してきた問題の1つが「サブプライムローン」破綻だった。そこで今回は、日本から見ていると分かりにくい米国内の現実の、かなり極端な「住宅ローン」の例をご紹介してみたいと思ったわけです

 ノースカロライナに着いて、私たちはまず、これからまさにイラク・アフガンに派遣されるべく、基地内で飛行機を待つ兵士たちを取材しました。

出撃を待つ兵士たち。まずクウェートに飛び、そこからイラクとアフガンの二派に別れる。2007年2月11日、ノースカロライナ州フォートブラッグ基地にて。

 出撃を待つ兵士たち。まずクウェートに飛び、そこからイラクとアフガンの2派に別れる。2007年2月11日、ノースカロライナ州フォートブラッグ基地にて Photo: K. ITO

 2月11日、フォートブラッグから中東に飛んだ兵士は約350人、彼らは米陸軍最高の精鋭であるとともに、大半が「米国中下流社会」の出身者で、各人各様にキャリアアップのアメリカンドリームを胸に、軍に志願してきた若者です。分かりやすく言えば、米国職業軍人の出身家庭の多くは「サブプライム」と区分される社会階層にほかなりません。

 彼らがバグダッドやジャララバードに送られることで受け取る戦地手当ては(厳密な額は知りませんが)決して低いものではない。それを足がかりに彼らは生活のグレードアップへの危険な賭けをしている。というのも、この基地から派遣される兵士の3~5%は生きて再びこの地を踏むことがないからです。

 今回の350人で言えば15人内外が必ず命を落とすことが分かっている。そういう「契約」と「宣誓」をして、彼らは戦地に赴くのです。

コメント10

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長