• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第17回】結婚という女の“着地点”に変化あり

“ロスジェネ女性”は、なぜフリーターとつき合うのか? 

  • 白河桃子

バックナンバー

2007年11月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近「若者論」が盛んだが、未婚女性の結婚への道のりを取材していると、女性たちの“着地点”が世代別に変わってきている、と実感することが多い。『なぜ若者は「半径1m以内」で生活したがるのか?』(岸本裕紀子著、講談社)を読んで「なるほど」と思ったのだが、「半径1メートル以内でまったり暮らしたい」若者の恋愛や結婚観は、その上の世代とは全く違ってきているのだ。

 20代後半女性の未婚率は59%(2005年国勢調査)だが、彼女たちの結婚願望は決して低くない。むしろ前の世代よりも保守的で「負け犬恐怖」が強く、30代までに結婚したいと強く望んでいる。結婚情報サービス「オーエムエムジー」の新成人女性の調査によると「早く結婚したい」と答える女性は、2003年は11%なのに、2005年には22.3%になっている。

 早婚志望なのに結婚できないのはなぜか? 20代の働くシングル女性によれば、フリーターとつき合っていて、「彼氏の年収が低くて、結婚できない」という話をよく聞く。皆、エビちゃん(モデルの蛯原友里さん)みたいな格好をして、30歳までに一刻も早くいい男と結婚しようと頑張っている。それなのに、なぜ「彼氏がフリーター」ということになるのだろうか。

 この連載の第10回で、「紀香的決断」に関して秀逸なコメントをくれたユミさん(25歳、メーカー勤務)と久々に会った。彼女は今、ニートの彼氏とつき合っているというから驚いた。

 ユミさんは以前、「仕事ができて高収入、家事も手伝ってくれて、遊んでも楽しい人」という限りなく“狭い着地点”を求めて合コンを繰り返し、「結局、結婚に対して欲張りすぎ」という自分にため息をついていたPRウーマンだ。それが、半年間にこの変わりようである。一体彼女に何が起きたのか?

身近なニート仲間と一緒にいるのが心地よい

 今の彼は大学時代の遊び仲間だという。学生時代に起業したそうだが、失敗したらしく、久々に会ったらその仲間のうち2人の男性がニートになっていた。でも彼らは皆、目黒区あたりの一戸建てに親と一緒に住む、裕福な“パラサイトニート”。週末は必ず仲間の家に集まって飲み会。外で飲むと、お金がかかるからだそうだ。

 自営業を営む彼の父母とも仲がよく、一緒に深夜まで“家飲み”。親も「しょうがないわねえ」と言いながらも、自分の息子がニートであることを深刻に悩んでいるふうでもない。ぬるい空気が心地よくて、平日の夜にしゃれたバーに集まる金融やIT(情報技術)、マスコミの友人よりも、ニート仲間と家でまったり週末を過ごすことが楽しくなった。

 「俺たち、つき合わない?」。花火大会の帰り、2人きりになった瞬間に、彼はユミさんにちゃんと告白してくれた。「藤原紀香の気持ちがよく分かります。こうして、きちんと告白されてつき合うことなんて、もう長い間なかったような気がしたんです」とユミさん。

 この後、いつものように仲間の家に行くと、「どうだったの? 結果によっちゃ、シャンパン開けようと思って待ってたのよ」と友達のお母さんに言われた。皆家族仲がよくて、彼女を大切にしてくれる。周りの仲間もみなカップル同士で、「お前たち、いい加減はっきりしろよ」とずっと囃されていたのだ。

 前の彼の時は、合コンや遊びに誘う彼の友達はみんな“敵”だった。でも今は、彼の友達もその彼女も、味方ばかりだ。「今までつき合った人は仕事や肩書きが立派で、いつも私の立場が下。彼は忙しいから、電話やメールするのにも気を使っていました。週末だって、彼が仕事でなかなか会えない。…でも、そんな生活に疲れちゃった。今の彼はいつでも会えるし、連絡も“即レス”してくれるから、すごく楽です」

 自分に不利益でなければ、相手がニートでもいい。今が楽しければいいというユミさん。様々な経験を経た今、「まず、男性を外見で見なくなった。そして今では、仕事すら、それほどできる人でなくてもいいと思うようになりました」。

コメント11件コメント/レビュー

いつまでも頭がかつてのバブル期のままの方なのですね。ある意味感心します。そろそろ、「自分が相手に対して何をしてあげられるか(男女関係なく、ね)」という観点から物が書けるようになるといいですね。(2007/12/03)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつまでも頭がかつてのバブル期のままの方なのですね。ある意味感心します。そろそろ、「自分が相手に対して何をしてあげられるか(男女関係なく、ね)」という観点から物が書けるようになるといいですね。(2007/12/03)

稼がない男性=ヒモという観念を相変わらず持っている女性が多いようなので、白河さんの論も無理ですかね?(2007/11/14)

これは、男性の側がシッカリしていないと、夫=ヒモになってしまいそう(2007/11/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長