• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新技術で人の心が見えた時

変わる世間の常識、非常識(CSR解体新書18)

2007年11月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 You Tube、グーグル動画、ニコニコ動画…。ネットワーク上にオーディオ・ビジュアルのコンテンツが、いつのまにか広く流布するようになりました。

 ここ、NBオンラインでもこのところ、「ザ・ターニングポイント」「立川らく朝の「落語で健康! 笑ってメタボ脱出」」など、充実した音声動画番組が急速に増えています。私自身1ファンとして、こうした番組を毎回楽しみにしています。

 ほんの10数年前、ネットが普及し始めた当初は、ホームページコンテンツは文字テキストとグラフィックが大半でした。それが、ほんの少しの間に大変な変わりようです。

メディアの本質的変化が大変な勢いで始まった

 こうした変化はブロードバンド・ネットワークの広帯域化によって引き起こされました。でもこれ、ただ単に技術の進展に伴う「利便性の向上」なのでしょうか?

 現象を表面だけ見ていると、この変化の本質的な重大性を、見落としてしまいます。文字ページからYouTubeへの変化。これは、マスメディアとして考えるなら「テキストとグラフィック」から「音声・動画」へのスイッチに等しいもの。

 言ってみれば、インターネットが「新聞・雑誌」だったものが、「ラジオ・テレビ」に進化するのと完全に同じ、本質的なメディアの変化なのです。

 21世紀初頭の数年で爆発的に進展したネットワーク環境の変化。これらが引き起こした「情報の環境問題」を、国や法規制の観点ではなく、民間の立場から考えてみたいと思います。実はこうしたトピックが、大学人としての私の本来の守備領域です。

イラクで拉致殺害された香田さんの画像は様々なインパクトをもたらした

 2004年11月はじめのことでした。イラク、バクダッド近郊を旅行中だった日本人青年、香田証生さん(当時24)は、イラクの武装勢力に誘拐されてしまいました。

 犯人グループは期限付きで自衛隊の即時撤退を要求、政府はこれに応じず、香田さんは殺害されるという最悪の事態となりました。ところが、事はそこでとどまりませんでした。

 武装勢力は、その殺害の模様を音声動画に記録、編集し、米国の音声動画サーバー上にアップロードしたのです。この事件は、私たちの研究室に様々な問題を提起することになりました。

誰も知らない山奥での殺人事件はテロとは呼ばない

 テロリズム、というのは、直接の暴力だけを指すわけではありません。その暴力の威嚇力によって多くの人に恐怖心、フランス語の「テロール」を抱かせ、その力を利用して政治目的などを達成しようとする。

 これがフランス革命中にロベスピエールらが発明した「テロリズム」の本質です。

 「テロ対策」などの言葉がやや表面的に、安易に使われる傾向があるような気がします。誰も知らない山奥で爆破や殺人事件があっても、それは「テロ」と呼ばれるものではない。単なる凶悪犯罪です。

 もちろん許されるものではありませんが、テロリズムにはもうひとつ重要な要素があります。「情報の周知」です。

コメント2

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長