• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人の心を見る技術が社会を変える

(CSR解体新書19)製品評価などに使うと有益だが・・・

2007年11月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 21世紀初めのある日、日本を訪れたインドのIT系企業の社長が、新宿駅前でホームレスの人が新聞を読んでいるのを見て、「ああ、これでは当分、インドは日本に敵うわけがない!」と嘆息したのだそうです。

 いったいどういう意味ですか、と同行した人が尋ねると、

 「だって日本では、文字を読める人が、仕事がなくて路上生活しているのでしょう? 自分の郷里ではこんなことは考えられない。文字が読めれば必ず仕事がある。いやはや日本の人材層の厚さは底知れない、と改めて圧倒されました」

 と、そのインドの社長さんは述べたそうです。以前、大学で同僚だった藤末健三さん(現・参議院議員)から伺った逸話です。

識字率を超える音声動画の影響力

 インドでは大衆娯楽として映画産業が大きく発展しています。「マサラムービー」と称されて日本にも紹介され、ご存じの方も多いでしょう。インドで映画が国民的娯楽として発展する背景には「識字率」の高さ低さが関係しています。

 いまだ「文盲率」の低くない地域では、映画やテレビのような音声動画メディアコンテンツが圧倒的な力を持つ。新聞や雑誌がいくらがんばっても、文字を解さない人には影響を及ぼし得ません。

 しかし映画やテレビなら、目が見え、耳の聞こえる人には、識字能力の有無にかかわらずメッセージを届けることができます。インドで、活字媒体よりもマサラムービーが大産業になる背景がここにあります。

能動メディアと受動メディア

 先週、文字テキストや静止画だけの「ナローバンド・インターネット」から、音声動画をフルに活用する「ブロードバンド・インターネット」への変化は、新聞雑誌からテレビ・ラジオへの変化に等しい、とお話しました。

 この変化は「識字率」的な観点から考えると、さらに色々な問題が明確化されてきます。

 新聞や雑誌など、識字率を前提とするメディアは、読者が自分から読もうとしてアクションを起こさない限り、コミュニケーションの道具として機能しません。これをユーザ能動メディア(「能動メディアuser-active media」)と呼ぶことにしましょう。

 これに対してテレビや映画などは、視聴者が受身のままでもメッセージの方から目や耳に飛び込んで来ますから、影響力ははるかに大きく、識字率の高低に影響されません。これをユーザ受動メディア(「受動メディアuser-passive media」)と呼ぶことにします。

 「受動メディア」は影響する力が強い。だから両刃の剣になりやすく、危険なのです。

メディア・リテラシーとマーケティング

 各種メディアに対する「識字」的な能力(英語でいうliteracy )、とりわけ「視聴者の<批判的、建設的判断力>の涵養を目指すのが「メディアリテラシー」の考え方です。

コメント2

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長