• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第18回】40代女性の結婚観は「高望みしない」

自分の弱さを認めて支え合えば、晩婚でも幸せに

  • 白河桃子

バックナンバー

2007年12月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 バブル期を経験している「負け犬世代」、言い換えれば「第1期均等法世代」は「3 高(高学歴、高身長、高収入の男性)」志向で、“キャリア派”も“優雅な奥様派”も、男性の好みはよく似ていた。もともと自分で頑張ることに関しても、パートナーになる男に関しても、K点(ジャンプのスキー競技で、これ以上飛ぶと危険とされる地点)が思い切り遠かったのがこの世代である。

 バブル崩壊後は、「自分は、結婚も仕事も子育てもしたい。仕事に理解があって、家事もしてくれて、でも自分よりも有能な男性と結婚したい」と、限りなくピンポイントな着地点を目指していた人も多かった。

 そして今、40代になった「アラフォー世代」(40代。「around40」を略して「アラフォー」)の彼女たちが目指す着地点は、実は「自分を養ってくれる人」になりつつある。えっ、それじゃあ女性の自立はどうなるの? キャリアはどうするの? と思うかもしれません…。

 実は日本女性たちは、「俺が養う」という気概をキッパリと見せてくれる男性にまだまだ弱い。夫婦の年収差13倍と言われる藤原紀香さんも、「生活費はもらっています」と公言している。バブルをかじったことのある女性は、どんなに稼いでいても、「養われる」女という立場に価値を見だしたいのだ。金融業界で働く高所得女性レイコさんも、「この私を養いたいという、彼の度胸にびっくりしました」と、7歳年下の彼の気概に打たれて結婚した。

 つまり、男性が「家事・育児もすべて平等にやりますから、僕を養ってください」と低姿勢に出ても、なかなかうまくいかないのだ。最近、「年上の高収入女性に養ってほしい。“逆玉”もありです」と真顔で言う、一部上場企業のイケメン君(26歳)に会って、「ついにこんな男も出てきたか!」と驚いたが、彼の願望はなかなか成就しないかもしれない。

 女性、特に「アラフォー世代」は「養ってもらう自分」が好きなのだ。この気持ちだけは、ミリオネアになっても、変わらないはず。ただしこの「養う」というのは、男性が妻の金銭的な面倒をすべて見る、ということではないことに注意してほしい。

 現代では、女性が「養ってほしい」と思うということは、男性にとってある意味で朗報かもしれない。今の時代、自分で稼げる女性を「養う」ことは、実はそれほど大変ではない。今までのように、「服や装飾品をすべて買ってほしい」というのではなく、「買いたいものは自分で買うから、あなたは食費を出してくれれば、それでいいの」というスタンスだからだ。女性が高所得のカップルを見ていると、マンションは女性の名義だったり、家賃は女性が出している場合も多い(逆に、「すべて俺の年収の範囲内でやれ!」という「俺様男」は、全く人気がない)。

 

守ってくれる男がいれば、女性も家計を背負う

 女性たちが必要としているのは、「私は男の人に養ってもらっている。守ってもらっている」という“ファンタジー”なのだ。

 男女の役割分担時代、妻たちはずっと「あなたが一家の大黒柱よ」「尊敬しているわ」「あなたが頼りよ」と夫に言い続け、夫に「自信」というファンタジーを持たせることで、結婚生活を維持してきた。今度は夫が妻に「守ってやっている」というファンタジーを提供することで、「男が1人で家計を背負うリスク」から解放されてもいいのではないか。

 ある夫婦は、遊びに関する出費は妻担当、生活費は夫担当となっている。一家で海外旅行に行った場合は、妻が費用を負担する。一方で、ある夫婦は妻の買ったマンションに住み、夫は生活費を負担している。しかしこの夫婦の場合、妻が専門店や高級スーパーで高額な自然食品を買う時は、差額分を妻の稼ぎから出しているという。

 つまり、「すべてを妻が負担するのではなく、生活費の一部を夫が払っている」ということで、「養ってもらっている」というファンタジーを女性が満喫できることこそが重要なのだ。それさえあれば、女性たちは機嫌よくバリバリ仕事をし、楽しく生活できる。こうして稼げる妻ほど、今の時代、男性にとって頼りになる存在もないだろう。

コメント44件コメント/レビュー

39歳、既婚女性です。コラム、楽しく読ませて頂きました。実は、結婚したのはつい最近です。彼氏もそれなりに居たものの、彼らが結婚したいタイミングなのに、私は仕事モードだったりと、いつも折り合いが着かず、30後半まで独身でした。夫は、コラムに書かれているような年下、ガテン系。私はサラリーマンで、年収は彼の数倍で、自宅マンションも私の名義。似たような人は、結構いる物だなと妙に関心してしまいました。ただ家事全般が私の負担になっている所が違うと言えば、違うかな。今後、夫(男)の操縦方法等も読めたら楽しいかなと思います。このコラム自体、結婚がゴールなので、ちょっと違うかな。(2008/01/08)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

39歳、既婚女性です。コラム、楽しく読ませて頂きました。実は、結婚したのはつい最近です。彼氏もそれなりに居たものの、彼らが結婚したいタイミングなのに、私は仕事モードだったりと、いつも折り合いが着かず、30後半まで独身でした。夫は、コラムに書かれているような年下、ガテン系。私はサラリーマンで、年収は彼の数倍で、自宅マンションも私の名義。似たような人は、結構いる物だなと妙に関心してしまいました。ただ家事全般が私の負担になっている所が違うと言えば、違うかな。今後、夫(男)の操縦方法等も読めたら楽しいかなと思います。このコラム自体、結婚がゴールなので、ちょっと違うかな。(2008/01/08)

35才男性です。ここまで18回楽しく読ませて頂きました。結婚するなら20代中盤までの女性にしよう,さもなくば結婚出来なくてもかまわないと強く決意しました。とても参考になりました。ありがとう!(2007/12/17)

社会で男女平等が成立するためには、まず家庭での男女平等が不可欠だと思います。とはいっても、エリートコースを進む人達は仕事での拘束時間が長いし、遅い時間に帰宅してきてから家事というのは大変なことです。だから男女問わずそういう方達が、パートナーに家事をしてくれる人を選ぶのは自然な結果です。専業主夫や家事をする男性は男女平等社会を実現するのに尊い存在です。そんな彼らを見下す様な考えが間違えていると思います。「あきらめる」という言葉に疑問有り。(2007/12/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長