• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

私はジェラシー病を捨てました!

  • ナタリア・ロシナ

バックナンバー

2007年12月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本で仕事をするようになってから苦労した問題は、ジェラシーを持っている人が多いということ。

 この間、初めて自費出版ではない本『夕張への手紙』を出版した。まとめて本を買ってくれた企業や講演を依頼してくれた団体もあったけれど、ネット上では夕張の名前を使って儲けようとしているんだろう、というようなことを言われた。

 日本語には「妬み」という言葉があることを、最近になって知った。ジェラシーという言葉とどう違うかまだよく分からないけれど、こういった悪口を言う人たちにはジェラシーの感情があるのだと思う。

外国製の洋服や靴がうらやましくて仕方なかった

 自分が成長すればするほど、仕事上でジェラシーを持つ人に出会うといらいらする。その人たちは理念を持っていないから、自分の中のジェラシーに勝てない。理念を持って仕事をしていれば、自分を磨くことがまず大事になるし、他人の成長にジェラシーではなく喜びを持つはず。

 でも、私は子供の頃はジェラシー病を持っていた。

 母が違う子供と遊んだらジェラシーを感じたし、母は私より兄と仲が良かったので、それにもジェラシーを感じた。

 うちは貧乏で新しい服がなかったし、海外も行ったことがなかったけど、友達の女の子の両親はいつも海外に行って、きれいな服や靴や靴下を買っていた。私は靴下だけでもいいから、新しい、外国製のものが欲しかった。外国のものは何でもきれいな色だったから、子供の頃うらやましくて仕方がなかった。

 でも、家族でそういう考えは馬鹿なことだと教えられ、ちゃんと乗り越えることができた。

 日本語を勉強をしたいと思った時も、ロシアではコネがないとアジアの言葉を勉強できる大学に入るのはほとんど無理。コネで大学に入った友達に対しては、「いいなあ…」と思っていた。日本語の勉強をとてもしたかったので、私の家族もコネがあればいいのに、と思った。

 ジェラシーを感じて、相手をうらやむだけじゃ何も始まらない。目標があったら、自分で努力すればいい。私はロシアでは日本語を勉強できなかったけれども、ニュージーランドで大学に入って、日本語の勉強をすることができた。家庭教師につき、単語帳を見ながら歩いて、1日5時間以上勉強して目標を達成した。

理念のある仕事のためにジェラシーは邪魔

 ジェラシーを持っていると、それは絶対に相手にも伝わってしまう。ジェラシーは病気。これは治すしかない。なぜなら、ジェラシーを持っていると理念に基づいた仕事ができなくなってしまうから。私は会社を経営しているが、理念がなければ会社の経営などできない。ジェラシーは理念を邪魔する。

 でも、理念があると言う人の中にも、それが本当に理念として意味があるのかどうか分からないこともある。

 本の中でも取り上げた話だが、北海道のある企業は、自社製のお菓子の販売について「北海道限定」という理念を持っていた。ある展示会で私のブースを訪ねたその企業の経営幹部の1人に、こう聞いてみた。

 「なぜそんな理念なのですか?」

 すると、プライドを持ってその方は答えた。

 「『北海道限定』は北海道への観光を応援する。なぜなら北海道に来ないと買えないから。北海道の経済にも貢献できる」

 その話を聞いてしばらくして、私は海外へ行く機会があった。成田空港で一番びっくりしたのは、北海道限定のはずだったその会社の商品がそこで売られていたこと。北海道限定と言っていたのは、何だったの?

コメント18

「ナタリアの脱・言い訳、即・アクション」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師