• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第19回】男が女に経済力を求める時

変化している、30代男性の結婚観

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年1月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「30歳で貯金がない女性なんて、言語道断。貯金は自立のバロメーターです」。こう言うのは、丸の内の1部上場企業に勤務するサラリーマン、タダさん(32歳)。週刊誌「AERA」の取材で久々に話を聞いたが、彼とは4年前からの友人でもある。

 もし合コンの席に女性が5人いたら、多分彼には4人までがチェックマークをつけるだろう。会社よし、ルックスよし、女受けよしの男性である。“超”保守的な会社に勤める彼は、先輩の男性たちと同じように“家を守る可愛い妻”タイプの女性が好きだったはずではなかったか…?

 「自分は主に(お金を)使う方で、実は貯金はないんですけどね」とい言うタダさん。「普通に稼いでいますから、相手の女性のお金を当てにしているわけではありません。しかし、貯金もなく、いつ会社を辞めるか分からないなんていう女性は怖い。からだ一つで転がり込んで来られても、困るじゃないですか」と言うのだ。「今後2人で暮らして、もし女性がある時期に仕事を辞めても、それぞれが自分のライフスタイルをキープするための資金。…それが貯金なんです」

 彼は確か2年前に、スタイリッシュなタワーマンションを購入したはず。取材した日は合コンがあると言っていたので、服装も決まっている。左手には青山のオンリーショップの銀のブレスレット、袖をまくった時、裏地のモノトーンのチェックがちらりとのぞくジャケットはコム・デ・ギャルソン。

 ネクタイはしていないが、「酔っ払ってネクタイを外したダサいサラリーマン」のようなスタイルは、絶対に許せないというタイプだ。このように、自分にもお金をかける男性は、1部上場企業のサラリーマンとはいえ、「稼げない女性」を許せない。

 男にとっての「家庭モデル」の刷り込みは、一生のうちに2度行われる。最初の刷り込みは、自分の育った家庭の環境。そして2度目は、入社した会社の環境だ。特に終身雇用が当然だった日本の企業では、男性社員たちは強力に刷り込みを行われていた。

 どこを切っても金太郎飴のような、同じ志向の男性たちが集う「同族」企業。ダイバーシティーなどという言葉は、ここ3年ほどでやっとメディアに登場するようになったばかり。「金太郎飴集団」の方が、日本型の経営には都合がよいと信じられてきたからだ。入った会社が超保守的だと、会社の先輩と同じような「保守的家庭モデル」を持つようになる。

「家にいる可愛い妻」から「貯金のある女性」へ

 しかし、不況の10年は確実に日本の男性を変えた。もう家庭にも会社にも、自分のライフスタイルのモデルを拘束するほどの力はないのだ。私たちは前例なき時代を歩んでいる。

 タダさんも昔は、「妻は絶対に家にいるものだ」と思っていた。彼が育った家庭では、母がそうだったからだ。しかしタダさんは会社に入り、30歳を過ぎて都心におしゃれなタワーマンションも買った。自分で稼いだ金で消費する社会人になってから、徐々に結婚や女性に対する見方、ライフスタイルのモデルが変わってきたのだ。

 「今では、働かないで家で待っている妻なんて考えられない」とタダさんは言う。「だいたい、社会性のない女性は昔から嫌いなんです。自分に対して、100%の愛情を向けられても困る。彼女も僕の知らない世界を持っていて、お互いに拘束し合わないのがいいと、今では思うのです」

コメント37件コメント/レビュー

自分に貯金がないのに、女性に貯金がないのは「言語道断」って…こんなオバカさんと結婚したい女性なんているんですかね(笑)?(2008/01/30)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自分に貯金がないのに、女性に貯金がないのは「言語道断」って…こんなオバカさんと結婚したい女性なんているんですかね(笑)?(2008/01/30)

筆者がおっしゃる通り、フリーター全盛の現代はまさに男性が女性に経済力を求める時代なのでしょう。自分も正社員の会社員ですが、妻よりも年収が低い男性の一人です。子どもが一人います。本音の部分として、情けない事に、いま高収入の妻に仕事を辞められると、生活が成り立ちません。 本文では子どもの話に触れられていませんが、子どもがいるといないでは、男女の収入差に関する意識が全く異なるのではないでしょうか。 結婚して子どもがいない場合は、仮に男性が女性よりも年収が低くても、男性側に女性に対するきめ細かな配慮や思いやりなどが続く限り、女性側にそれほど精神的な不満も鬱積することもないでしょう。 ところが、子どもができると状況は一変します。子どもの養育に関しては、日々の衣食住の面倒はもちろん、教育費など将来への投資を含めて、当然の事として夫婦が同等の義務と責任が生じます。子どもが小さいうちは、病院通いも多く、フルタイムで働く女性は仕事に支障をきたすケースも出てきます。男女とも何かとストレスがたまります。 「自分は仕事を辞めて子どもの面倒をしっかりと見たい。あなたは、子どもの将来のために、一定の高収入を得る仕事に就いてほしい」。最近の妻の口癖です。 女性に経済力を求める男性は、自分も含めて経済的にも精神面にも、本当の意味で自立できていないのでしょう。そんな男性はいつか自立した女性から見捨てられるかもしれません。そうならないためには、低収入の男性も現状に甘んずることなく、何らかの方法で自分の価値を高め、高収入を得る道を模索する努力を続ける必要があるのではないでしょうか。(2008/01/23)

ここに登場しているタダさんと言う人が若い男性の大多数の意見と言うのであれば、本当に怖いです。私は、彼が包容力のかけらもない幼稚なナルシストと言う印象以外持ちません。どこが魅力的なのでしょうか?彼がモテると言う事自体、今時の女性の好みに疑問が湧きます。私は、30代未婚女性で、結婚後も仕事は続け、自分の食い扶持は自分で稼ぐつもりですが、こんな男性はまっぴらごめん。包容力のある人は女性でも男性でも魅力的。特に男性はどんな生き方をしてきたかが年齢と共に外見に現れます。タダさんのような人が年を重ねて魅力的になるとは思えないのですが・・・。(2008/01/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長