• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

玉三郎さんに「学習と発見」の手法を教わる

~歌舞伎役者 坂東玉三郎~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2008年1月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回、お話を伺った歌舞伎役者の坂東玉三郎さんは、女形を演じることを「音楽の演奏」に例えて説明してくださった。女形というのは、女という“音符としての仕草”を通して、音楽を奏でている。それは女優がやっていることも同じで、たまたま男の肉体を持っているか女の肉体を持っているかというだけの差である。女らしさを「演奏している」という意味においては同じである。

 しかも人々が感じる魅力は、抽象的な「女らしさ」から受けている。逆に言うと、生身の人間の部分がそれを邪魔をしてはいけない。その向こうに見える、決して届かないような何かが見えたときに感動するのだと、玉三郎さんは言われていた。

 実は今回、玉三郎さんから「女形の仕草」を教えてもらっている時に、いままで感じたことのない妙な感じがした。普通、先生というのは「こうやりなさい」と言って、それと合っているか、違っているかということしか見ていない。しかし玉三郎さんは何か違うものを見ている感じがしていた。

 私が足の角度を変えて、自分の中で何か見つけた時、すかさず「それだ!」と玉三郎さんは言った。相手のことをよく観察していて、相手が自ら発見した時に「それだ!」と指摘してあげる。これは素晴らしいメソッドだ。私も学生や子供に対してさっそく応用しようと思う。

 学習というのは自分で発見するしかない。このことは学習理論として、我々も前から言っていたことだ。自分で発見するしかないのだが、それが経験を積んだ先輩がそこにいて、何か発見のトバ口があった時に「それだ!」と、指摘してくれることによって「学習と発見」が促進される。玉三郎さんのやり方は、非常に理屈が合っている。

 玉三郎さんとお話していて、まず驚いたのは文学的なものはどちらかというと苦手で、数字が好きだということ。何かを作るには感性だけで済む話ではなく、理屈や方法が必要だ。常々そう思っているのだが、玉三郎さんもそうだった。やはり鑑賞者と創造者は違うところがある。

 ただ、その「理詰め」が、「賢い」とかそういうことではなく、「のめり込む」という形になっているのが玉三郎さんの最大の才能なのだと、よく分かった。なかなかあそこまでのめり込めないし、のめり込むとそれだけの見返りがある豊かな世界であり、それが歌舞伎というものが持っている普遍性なのだろう。

次ページ >>

妥協なき日常に、美は宿る
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
1月15日(火)午後10:00~10:58
・再放送
 総合 毎週火曜 午前1:05~2:03
     (月曜深夜)
 総合 毎週火曜 4:05~5:03
 BS2  毎翌週水曜 午後5:15~6:13
 歌舞伎役者・坂東玉三郎(57歳)。気品のある美貌と、高い身体能力を活かした舞、伝統と役を深く理解した演技・・・三島由紀夫から奇跡と称されてからおよそ40年、女形としてトップの地位に君臨し続けてきた。
 
 玉三郎を支えるのは、舞台のために生活の全てを捧げる極限までストイックな生活にある。25日間の舞台の間、歌舞伎座と自宅の往復以外に寄り道はせず、自らの肉体を維持するためのマッサージを受けてただ寝る。声の調子を保つため、友人と話をする事すらしないという徹底ぶりだ。
 
 その裏には玉三郎が抱える大きなハンデがあった。歌舞伎に関わりのない家柄、女形としては高すぎる身長、そして幼いときから病弱な体。その全てを日々のストイックな生活と圧倒的なけいこ量で克服してきた。ひたすらに舞台のために日々を過ごしてきた結果、気がつけば、長年トップとして踊って来られたと玉三郎は振り返る。
 
 11月、玉三郎は新たな挑戦を始めていた。今回、演技指導から衣装や小道具に至るまで舞台全体に深く関わり、新たな息吹を吹き込む。舞台のために全てを捧げる日常と、美のために一切の妥協を許さない玉三郎の戦いの日々に密着する。


「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員