• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

遠慮なく儲けているロシアに学べ!

  • ナタリア・ロシナ

バックナンバー

2008年1月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年の1月、9年ぶりにロシアに帰った。その成長ぶりには本当に驚いた。店に入っても見つからないものがない。スーパーマーケットがあちこちにあって、あらゆる種類のチーズや牛乳、肉がそろっている。欲しい本は書店ですぐに手に入る。インターネットカフェは多くが24時間営業。

 ただ「頑張る」と言うだけでなく、実際に行動し、お金を儲けて成長しているロシアの姿を目の当たりにしてきた。

日本の郵便局はロシアの郵便局に負けている

郵便局にはインターネットのコーナーもあった

郵便局にはインターネットのコーナーもあった

 中でも、郵便局のサービスの良さに驚いた。

 モスクワの郵便局は週末だったのにすべて開いていた。様々なサイズの封筒だけでなく、いろいろな雑誌、新聞、本なども販売していた。ロシアでは最近、本がよく売れると聞いたことがあるけど、郵便局でも本が販売されているのを見たら、「なるほどそうだろう」と納得させられた。

 また、どの郵便局にも、パソコンのインターネットコーナーがあった。一番小さな郵便局にもパソコンは2台あった。

 郵便局だけでなない。モスクワの多くの飲食店や飲み屋では、インターネットの無線LAN(構内情報通信網)は無料で使えたのにも驚いた。

モスクワの郵便局の窓口。多種類の封筒を売っている

モスクワの郵便局の窓口。多種類の封筒を売っている

 日本の郵便局は年賀状の販売にものすごく力を入れているが、郵便を送るために最低限のものが販売されていないところが多い。

 日本に来て一番ショックを受けたことの1つは、郵便局に封筒が売られていなかったこと。この間も地元、札幌の郵便局でヨーロッパのある国にEMS(国際スピード郵便)で手紙を送りたくて、送れるかどうか調べてもらったら、約20分も待たされてしまった。郵便局の社員は、自分の基本的な仕事を忘れているような気がした。

有料トイレで儲けるモスクワ

地下鉄にあったビジネス関係の新聞を売る自動販売機

地下鉄にあったビジネス関係の新聞を売る自動販売機

 お正月に夕張に行った時は、トイレを探すのが大変だった。おかげさまで警察署のトイレを借りることができ、帰りには警察官からガムのお土産をいただいた。心が優しいのは、夕張の誇れるところ。

 一方、モスクワではトイレはあちこちで見つけることができた。ただ、すべて有料。赤の広場のそばにあるグム百貨店のトイレも有料。40~75円くらい取られる。儲けるところはしっかり儲ける、という感じだった。

ドモジェドヴォ空港からモスクワまでの電車の中でも、本や新聞を売りに来た

ドモジェドヴォ空港からモスクワまでの電車の中でも、本や新聞を売りに来た

 もう1つモスクワで変わったと思ったのは、地下鉄の乗り場に入ると、あちこちに新聞の自動販売機があること。日本では飲み物の販売機ばかり。モスクワでは、財務や経営の専門紙などが売り切れていた。儲けなければならない意識を、皆が持っているということが強く伝わってきた。

 新聞とビジネス雑誌を早速買ってみた。雑誌では、取り上げられている人物の女性と男性とのバランスがよかった。日本の多くのビジネス雑誌は、女性の特集版がない限り、女性をほとんど取り上げない。日本のビジネス雑誌は完全に男社会だ。

コメント24

「ナタリアの脱・言い訳、即・アクション」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長