• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

力士の責任はどこまで問えるか?

時津風部屋事件に見る「局所最適・全体崩壊」1
(CSR解体新書29)

2008年2月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月9日に両国国技館で開かれたNHK福祉大相撲で、時天空がマスコミのインタビューに答えてコメントしているのを見ました。前時津風親方の山本順一容疑者の逮捕以後、初めて公の場に姿を見せたものです。ここで時津風部屋・部屋頭の時天空が、ちょっと気になる発言をしていたのです。

 時天空は「(逮捕された)3力士がかわいそう」とコメントしているのです。

 「あれ?」と思いました。

 ところが、さらに不思議なほどに、どの報道機関もこの発言を問題にしていないのです。

 読者の皆さんは、どう思われますか?

 今週と来週はこのケースに即して「刑事責任の訴求限界」を脳機能から考えてみたいと思います

かわいそうなのは誰?

 「(逮捕された3人の弟弟子たちが)かわいそう」

 この時天空の発言は、文字通り考えれば、どう考えても変です。

 だって、かわいそうなのはどこから見ても、逮捕された3力士を含む兄弟子に暴行されて、17歳にして命を落とした序ノ口力士時太山こと斉藤俊(たかし)さん以外にはあり得ません。

 今日日、刑法の重罰化が進んでおり、被害者側の声がマスコミでもより多く報道されています。が、ここで時天空は「加害者側」をかばっています。普通の事件なら、こんな発言が関係者から飛び出したら、すぐに反響があるのではないでしょうか?

 「斉藤さんに暴行を振るった加害者たちが『かわいそう』だとは、いったいどういうことだ? この「部屋頭」は何を考えて、こんな不用意な発言をしているのか??!!」

 こんな批判がわき上がってきそうですが、なぜかそういう意見は(私がざっと調べた範囲ですが)聞かれないようです。

なぜか非難されない「加害者擁護」

 さらに時天空は「自分がなんとかしてあげることができれば」とも発言しています。

 この趣旨は「(あのとき)自分がなんとかしてあげることができ<ていた>ら」と決定的に違っている。これに注意しなくてはなりません。つまり今は逮捕されてしまったけれど、加害者たちを今後、なんとかしてやりたい、と、時天空は弟弟子たちをかばっているのです。

 「将来のある人たちが逮捕されて…」

 「将来」? とんでもない、あらゆる将来を奪い去られた斉藤さんのことを考えたら、逮捕など何でもないでしょう。相撲を廃業したって、生きてゆく道はいくらでもあるはずです。

 「斉藤さんのあらゆる可能性を奪った、極悪非道の兄弟子たち。それを事もあろうに時津風部屋の部屋頭が、公の場で擁護するとは何事か!」

 普通の事件であれば、こんな非難が必ず出てくると思います。

 ただ、上に書いているのは、本当に、兄弟子たちに刑事責任があるのであれば、という前提での話です。 今回逮捕された弟子たち(だけ)に責任があるわけでない、とすると、状況はまた変わってきます。政治家の秘書が捕まるケースのように、末端の人たちだけが逮捕された、というようなことであれば、部屋頭の「かわいそう」は、一定の納得がいく発言かもしれません。

コメント13件コメント/レビュー

 私は高校生と中学生の3人の子どもを持つ主婦です。長年PTA活動に携わっていますが、しばしば「いじめ」の問題に遭遇します。学校やPTAでは「いじめ」を防ぐために倫理や道徳を語りますが、その有効性に疑問を抱いていました。繁殖期の入り口である思春期に多発する「いじめ」を考えるには生物学的アプローチが是非必要であると考えていました。しかし、一介の主婦である自分には、実験を行い数値をあげ、悲惨な「いじめ」を防ぐ実践可能な方法を提案することはとても不可能で、無力感を覚えていました。たまたま、このNBオンラインで、伊東乾氏の人が人間性を失う時の脳のメカニズムを掘り下げていくという研究を目にしたとき、大げさに言えば一点の光明を見出した感じがしました。年齢のせいか眼精疲労がヒドいので毎回プリントアウトして楽しみに読んでいます。今回の記事については、今後どのような考察が展開されていくのかわからないので、感想は保留とさせていただき、次回を待ちたいと思います。(2008/02/21)

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 私は高校生と中学生の3人の子どもを持つ主婦です。長年PTA活動に携わっていますが、しばしば「いじめ」の問題に遭遇します。学校やPTAでは「いじめ」を防ぐために倫理や道徳を語りますが、その有効性に疑問を抱いていました。繁殖期の入り口である思春期に多発する「いじめ」を考えるには生物学的アプローチが是非必要であると考えていました。しかし、一介の主婦である自分には、実験を行い数値をあげ、悲惨な「いじめ」を防ぐ実践可能な方法を提案することはとても不可能で、無力感を覚えていました。たまたま、このNBオンラインで、伊東乾氏の人が人間性を失う時の脳のメカニズムを掘り下げていくという研究を目にしたとき、大げさに言えば一点の光明を見出した感じがしました。年齢のせいか眼精疲労がヒドいので毎回プリントアウトして楽しみに読んでいます。今回の記事については、今後どのような考察が展開されていくのかわからないので、感想は保留とさせていただき、次回を待ちたいと思います。(2008/02/21)

当記事の伊東さんの視点に大賛成です。一方、この内容に、読者がどのように反応するのか、とても興味があります。もし、この記事内容が昼間の時間帯のワイドショーなどで取り上げられたら、ひょっとしたら伊東さんが「まつり」対象になるのではないかと(苦笑)だから(?)、多分、マスコミもテレビを観ていた人たちも彼らの発言に対して何も感じなかったのではないかと。なんだかとってもへんな世の中になりました。(日本だけ?)(2008/02/21)

相撲部屋では世間から見れば理不尽な暴力が常態化していた事は関係者ならずともよく知られており、それを永年放置していたことが後ろめたさにもつながり、何とも歯切れの悪い状況を作り出しているのではないだろうか。例えこの件が刑事事件として一定の決着を見たとしても、真に問題を解決するには角界全体を「ガラガラポン」しなければならない。それに思い至ってしまうと、自ら崩壊への引き金を引く勇気が湧かないのかもしれない。(2008/02/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長