• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

会社を成長させた、わがままなバイトたち

  • ナタリア・ロシナ

バックナンバー

2008年2月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 札幌で会社を経営するようになる前、北海道の農業関係の企業で働いたことがある。その会社での社内勉強会には、社員しか参加できなかった。同じ会社で働いていても、アルバイトや派遣社員は別扱いだったことをよく覚えている。私はこのことがとてもおかしいことだと感じていた。

アルバイトや派遣社員は、正社員に負けない

 私は自分の会社を設立した当時、店舗での販売員として数人の社員を雇用していた。

 蜂蜜などを店舗や通信販売で販売する小売業である私の会社では、お客さんに商品を直接販売する販売担当者は、自分の販売力にとても自信を持っていた。つまり、自分たちの力で、会社の売り上げのすべてが成り立っていると思っていた。

 反対に、アルバイトたちは、会社の“優秀な”販売スタッフに比べたら、自分の力はあまりないと思っていた。

 でも、私にとって本当に優秀なのは、このアルバイトたちだった。

 彼らは、街を歩いて当社の商品が売れそうな店を見つけたら、必ずお店に一言声を掛け、店の名刺をもらって帰り、「社長、この店に寄ってみたら」と言ってくれた。

 私はそうして紹介してもらった店に行って商品を置いてくれるように頼んだ。実際にそうして取引が始まったところは多い。卸先の企業を紹介してくれたのは、営業や販売を仕事にしていなかったアルバイトたちだけだった。

 「私は経理です」とか「私は事務です」などの言葉を会社のスタッフから聞きたくない。全員、自分は営業だと思わなければ、小売業の会社にいる意味はないと思う。

安定だけを求める正社員より専門に特化した派遣

 派遣社員の優秀さに驚いたこともある。

 数年前、大阪の展示会に出展した時、初めて派遣社員を使った。びっくりしたのは、その派遣社員が20分もかからないうちに全商品の名前や特徴を覚え、お客様に営業ができるようになったこと。その時働いていた社員よりもずっと早いスピードだった。

 その時初めて、「会社には社員がいなくてもいい」と気づいた。

 以前、私が雇った社員は仕事でチャンレジをしたいと言いながら、本当は安定を目指していた人たちだった。安定を目指すのは悪くないが、そのために自分を磨こうというやる気は、十分には見えなかった。成長をしない社員は企業の成長にプラスにならない。

コメント22件コメント/レビュー

発想が大変おもしろい内容で参考になりました。会社全体がこのように前向きな、いいところどりができるような組織になればもっともっとお互いが成長できるのだなと感じました。しかし、ビジネスにおいてはどのような技量、経営力、組織力、バックボーン、政財界のようなドロドロした癒着、潰し(組織力ともかかわりますが)、派閥(これも組織力・潰しと関係があります)などまだまだいっぱいあります。改革ができる会社=成長企業、できない会社=頭でっかち企業に分かれると考えます。ただし、改革は必要ですが、人を傷つけては改革ではありません。(2008/03/10)

「ナタリアの脱・言い訳、即・アクション」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

発想が大変おもしろい内容で参考になりました。会社全体がこのように前向きな、いいところどりができるような組織になればもっともっとお互いが成長できるのだなと感じました。しかし、ビジネスにおいてはどのような技量、経営力、組織力、バックボーン、政財界のようなドロドロした癒着、潰し(組織力ともかかわりますが)、派閥(これも組織力・潰しと関係があります)などまだまだいっぱいあります。改革ができる会社=成長企業、できない会社=頭でっかち企業に分かれると考えます。ただし、改革は必要ですが、人を傷つけては改革ではありません。(2008/03/10)

考えが浅く,上滑りしている感じ。アルバイト/派遣だけで会社が成り立つとのことですが,要するにそれは彼らを交換可能な部品として「購入」しているということです。ならば,よその会社も同じようにその人たちを購入可能なので,彼らは会社の競争力の源にはなり得ません。同様に,ナタリーさんの会社が,蜂蜜生産者や顧客から見て交換可能かもしれないというところまでは考えが至らないのでしょうか? 自分という交換不可能な部品だけがあれば,会社は生産者や顧客からみて特別な存在になる,という考えなら,「中二病」と同じレベルでは。要するに,ナタリーさんだけが交換不可能な会社は,他のコメントにもある通り(作家やタレントの個人事務所のような,特定の人の才能をプロデュースする装置としての)「個人商店」であって,人の共同の営みとしての「会社」ではありません。アルバイトにも派遣にも優秀な人はいます。それは正しい。ならば,その優秀な人を正社員にし,会社の競争力として取り込んでいくのが,経営者のなすべきことなのではないでしょうか? 最後に他のコメントにあった「個人体験だけを大きく敷衍して語るのが持ち味」,私も同感です。(2008/03/04)

一日数時間だけ働きたいというアルバイトを活用するのはすばらしいことだと思いますが、派遣社員の問題はまた別です。派遣社員を正社員の代替として採用してはならないことになっています。正社員が健康保険加入や残業手当の支給を求めるのは、当然のことで、わがままでもなんでもありません。企業として当然負担するべき責任です。その負担を逃れるために派遣社員を導入して利益があがるのは当然であり、正社員を責任を持って雇用している企業を批判するのはまったく筋違いではないでしょうか。(2008/03/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長