• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

勧善懲悪の思考停止に陥るな

時津風部屋に見る「局所最適・全体崩壊」3

  • 伊東 乾

バックナンバー

2008年3月4日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 時津風部屋の力士急死事件で、先週から今週にかけて注目すべき動きが発生してしまいました。まず2月29日、逮捕された前時津風親方と3力士が「傷害致死罪」で起訴されました。

 これを受けて日本相撲協会は3月1日、時津風部屋所属の3力士への処分を検討する臨時理事会を6日に大阪市内で開くことを決めました。協会の規則には解雇、番付降格、減給、出場停止などがあり、3力士は解雇される可能性が高いと、報道は伝えています。

 北の湖理事長(元横綱)は、当初は刑事裁判の推移を見守って、判決が出るまでは処分を保留する意向だったのが「起訴されたことで事の重大さを再認識」「今は事態をよく見極める必要がある」と理事会の開催を示唆したというのです。問題はこの北の湖理事長と理事会の姿勢にあります。

 というのもほんの数日前、25日の段階では、逮捕された幕下の明義豊、序二段の怒濤、時王丸の3力士は揃って、番付表にしこ名が載せられていたのです。日本相撲協会は3人に処分を下しておらず、引退もしていないので、番付表に当然名前は残ります。

 3力士とも昨年九州場所から全休が続いている状態でしたが、日本相撲協会は初場所後の番付編成会議で、警察の捜査に協力していることが休場の理由の1つである点を考慮して、3力士の春場所の番付を特例で初場所と同じ地位に据え置くことを決めたばかりでした。

それが「起訴」でいきなり「解雇」というのは、どういうことなのでしょう?

「起訴―即―罪人扱い」は冤罪と変わらない

 刑事被告人として「起訴」された段階では、裁判所はいまだ判断を下す以前で、被告人は有罪とも無罪とも決まっていません。もし裁判所で「無罪」となったら、この「解雇」はどういうことになるのでしょうか? サイパンでの三浦和義氏の逮捕が報ぜられ、最高裁に至るまで日本の裁判所は判決が甘い、などという記事も出ていますが、有罪は有罪、無罪は無罪、罪が確定するまでは未決で、犯罪者と決まったわけではありません。警察当局の見込み捜査と拷問まがいの自白強要で無理やり調書が作られ、その誤った「犯人像」がマスコミに上る例は枚挙にいとまがありません。著名な例では「松本サリン事件」の被害者である河野義行さんは、当初は犯人だと「自白」させられて、顔写真入りの報道被害にも遭っています。

 今回のケースでは、実際に3力士も暴行を働いているのですから、上のような例とは一緒にできません。しかし、逮捕されて世間に名前が出てしまった3人について、起訴されたから、として解雇を言い渡すとしていますが、この事件で書類送検されている力士はまだほかにもいます。もし彼らも一緒に「解雇」などしてしまったら時津風部屋は崩壊してしまいます。「部屋」崩壊とか「年寄株」の名跡そのものに傷がついたりしたら、影響は相撲界全体に及んでしまうでしょう。どこかで線引きをしなければならないと考えるのは分かりますが、それが「起訴」で「解雇」は、明らかにお手つき、ミスだと指摘せざるを得ません。

というのも「起訴―即―罪人扱い―解雇」「不起訴―即―お茶を濁して不問に付す」というのであれば、相撲協会のやっていることは冤罪作りと全く変わらなくなってしまうからです。

協会は共に被告席側に立つべきではないか

 書類送検された力士の名は報道には載っていませんが、時津風部屋の力士は限られた人数ですから、すぐに分かってしまいます。もし相撲協会の姿勢が、起訴なら解雇、不起訴で報道に名前が広く出ていなければ、番付にしこ名が載っていても目立たないから、嵐が過ぎ去るのを待とう、といった姿勢であるなら、まさにトカゲの尻尾切りと言うしかありません。

 当初、逮捕後も番付に力士の名が残るという報道を見て、相撲協会には珍しく筋道を通すのかな、と感心して見ていたのですが、とんでもありませんでした。相撲協会が本当に反省して、体質を改めてゆくためには、起訴された力士たちの少なくとも一審判決が下され、何らかの罪名が確定するまで、協会の一員が被告人席に立たされているという状況を共に耐え忍び、相撲協会自身が被告人側にいるつもりで、世論の批判を受け続ける必要があるでしょう。北の湖理事長が「起訴という事態を深刻に受け止める」などと安易に発言すれば、「相撲協会の成員のまま刑事被告人になるという状況は深刻だから、一刻も早く解雇して、協会側は身奇麗にしておくべき」という姿勢をアピールしているとも見えかねません。

コメント28

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授