• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

跡取り娘の“品格ある経営”とは
ニッポンブランド再生物語

【対談】坂東眞理子氏×白河桃子氏 その1

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年3月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『跡取り娘の経営学』 白河桃子著 日経BP出版センター 1400円(税抜き)

『跡取り娘の経営学』
白河桃子著 日経BP出版センター 1400円(税抜き)

 本サイトの連載「『跡取り娘』の経営戦略」が、書籍『跡取り娘の経営学』になりました。

 普通なら男性が継ぐはずの家業を、自ら経営者として継承することを選んだ「跡取り娘」たち。2006年10月の連載スタート時から、全国各地の「跡取り娘」たちをインタビューしてきた筆者の白河桃子さんは、こう感じていました。「どの跡取り娘にも共通する、潔さ、優しさ、仕事に対する類まれな情熱は、いったいどこからきているのだろうか?」

 『女性の品格』の著者で、昭和女子大学学長の坂東眞理子さんは、跡取り娘の記事を読んで、こうつぶやきました。「愛と責任感を持って経営に取り組む彼女たちの“品格”ある生き方に、私は感動します」…。

 白河さんが取材を通じて感じ取ったのは、跡取り娘たちの「働く女性としての品格」だったのです。

 今回はゲストに坂東さんを迎え、『跡取り娘の経営学』著者の白河桃子さんと「跡取り娘の品格」について議論を交わしていただきました。

●白河さんの最新連載はこちら→「白河桃子の“キャリモテ”の時代

―― 企業の継承に苦労する人が多い中、息子や娘婿ではなく娘に家業を継がせるというのが今回の『跡取り娘の経営学』のポイントです。

坂東 昔は「跡取りは、息子」というふうに決められていたと思うんです。家に女の子と男の子がいたら、男の子の方が「お兄ちゃん、あなたは跡取りなんだからしっかりしてね」と言われて育ちましたよね。女の子は、家を出てお嫁に行くと。

白河 そうですね。私の大学時代、家が商売をやっている女性の友人がいましたが、たいていは友人のお兄さんが家を継いでいました。

昭和女子大学学長の坂東眞理子氏

昭和女子大学学長の坂東眞理子氏 (写真:山田 愼二、以下同)

坂東 でもこの本にも出てくるように、最近はお嬢さんたちがしっかりと家業を継いで、成功する例が増えているわけですね。

白河 そうなんです。先ほどの例も、意外に妹本人の方がしっかりしていて兄がダメ、ということもあって。「あの会社は、お兄ちゃんじゃなくて、妹(友人)が継いだ方がよかったのでは? 友人も跡取りとして教育されていたら、いい経営者になったかもしれないのに、もったいない」と思うことがありました。

坂東 日本でも、昔の船場の商家や相撲部屋は、「家つき娘」が跡は取るけども、経営はお婿さんがする、という感じでしたね。娘さんは人事担当・経理担当重役で、「表の顔」は旦那さん。よそから有能な男性を迎えて、養子にすることも多かった。でも白河さんの本で紹介している人たちは、娘さん自身が経営をやっていますよね。

白河 「跡取り娘」の連載は2006年に始めたのですが、最初のうちは日本に「跡取り娘」がこんなにたくさんいるとは思いませんでした。私の世代(40代半ば)では、まだ女性が跡取りとして育てられることは、少なかったので…。

坂東 でも、それがよかったんじゃないかしら。女性は小さい時から「あんたは跡取りで、この店を継ぐんだから」と刷り込まれてきていないでしょう。だから逆に、男性よりも自由な発想ができると思います。

白河 プレッシャーがないんですよね、

坂東 そうですね。子供を育てる時も「あんたはこうだから」とか、親が先回りして「こうしなきゃいけない」と言うと、子供はかえって反発するんです。例えば跡継ぎの息子たちは、「あんたは跡継ぎだから」と言われ続けたことで、家業に重圧を感じたり反発したりして、伝統の大事な部分も壊したくなっちゃうんじゃないかしら。

白河 実際にそういう息子がいました。「お父さんを越えなきゃ」というプレッシャーがあって。それがない分、お嬢さんの方が強いんでしょうね。

坂東 お嬢さんは、「そもそも父親を越えられるはずがない、別の存在だ」と思っていますからね。その意味で、女性は「伝統の時代を壊さなきゃ」と思うことは少ないと思います。本当に最近は、「女の子は経営は向いていないから息子、だめなら婿」という狭い「男尊女卑」的な考え方が、変わりつつあるんですね。

跡取り娘の品格経営「社員を思いやる」

白河 『女性の品格』でコミュニケーションが大事である、と書いておられますが、「跡取り娘」たちはほかの人とのコミュニケーションや気持ちの交流を重んじる傾向があるんです。男性はどちらかと言うと、勝ち負けにこだわるのですけど。

坂東 女性は、部下が何を考えているか、気持ちよく働いているか、気を配っていますよね。白河さんの本に、跡取りさんを子供の頃から知っている、年上の社員(番頭さんとも言いますよね)がいる会社が出てきました。跡取りさんは、こういう番頭さんを押さえつけたりバカにしたりは、決してしない。逆に、男の子だと「番頭に牛耳られてはいけない、僕がしっかりしなくちゃ」と対抗心を出して、ムキになることがある。

白河 そうなんです。跡取り娘たちは、とにかく番頭さんを上手に立てて、うまくやりながら前に進んでいこうとしています。また、その社員たちがだんだん年を取ってきたら、彼らの将来を心配したりする…。

坂東 責任感があるのね。よく、「日本には上流階級がいない。豊かな生活をするとともに、社会に対する責任ある行動、ノブレスオブリージュ(高貴な義務)を持つ人が少ない」と言われます。でも跡取り娘さんたちは、そうしたノブレスオブリージュを持っているように思います。子供の頃から、父親の会社の従業員や仕事を手伝っている人から大事にされた分、彼らに対して責任を感じている。そういう人たちが、跡継ぎになっているんじゃないかしら。

白河 中にはかなり資産があり、事業をやめた方がいいかもしれない会社もあるんですよ。でも、会社をつぶしたら、社員が路頭に迷ってしまう。だから、やめられない。…そういう「利己」ではなく「利他」の気持ちを持った女性が多かった。こういう考え方ができるのも、跡取りさんたちが心豊かに育てられたからなのかなと思います。

坂東 もちろん、中には大事にされすぎてスポイルされた人もいるはずだけど、女性の場合は、スポイルされた人は跡継ぎにならないんですよ。責任感のある人だけが残るのです。男の子だったら、「ほかに男の兄弟がいない」という場合、たとえ出来が悪くても跡継ぎにされてしまうこともある…。

白河 総領息子は、ちやほやされますしね。

コメント2

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師