• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

独学が育んだ独創性

~ウェブデザイナー 中村勇吾~

  • 茂木 健一郎

バックナンバー

2008年4月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 独創的なデザインで世界的に注目されているWebデザイナーの中村勇吾さんは、いまの仕事に必要なスキルを独学で身につけた。中村さんのあり方がすごく批評的だと思うのは、東大の工学部を出て、普通の意味で言うとエリート教育を受けたにもかかわらず、それとはまたっく無関係に勝手に独学してWebデザインをされたことだ。

 ある意味では東大の工学部で受けた教育よりも、独学で身に着けたことの方が、今の中村さんを輝かせている。中村さんは、組織から面白いものが出てこない、個人の脳の中でコラボレーションが起こって生まれるものこそ面白いという。

 インターネットで中村さんが趣味で作ったサイトが評判になったことでも分かるように、インターネットは「拡大鏡」ななのだと思う。われわれは、個人の能力を発揮するということについて、顕微鏡とか望遠鏡とかに相当するものを手に入れている。そのことに気づかないと、だめなんだ。

 僕はいま、「ネットアスリート」という概念にすごく興味がある。インターネット上でさまざまな「学び」と「遊び」が加速している。そこで起こっていることは、従来の組織の中で起きている段取りを取ったり、合意を形成したりといったこととはまったく違う、大変な高速で動いている世界である。中村さんは、そこでのアスリートだなと思う。

 そこでやっていることは、ちょうど漫画家の浦沢直樹さんがネームを書く時に、「半眼の境地」に行って、そこで苦しいのだけれど、非常にスピード感があるかたちでネームを思いつく。それと同じようなことが中村さんの脳の中で起こっている。

 中村さんは、自身で、コンピューター・プログラムの世界でも、デザインの世界でも80点くらいだとおっしゃっていた。脳の立場で言えば、8割と8割の掛け算の方がすごいことができるというのが、これもまた批評的だと感じた。中村さんはその気になればどちらも10割以上いける能力を持っていると思う。それをあえて、そうしないで、止めておいて、8割の掛け算によって誰もできないことをする。これは仕事の仕方として、時代の生き方として、非常に独創的なものがある。

 プログラミングをしている時と、感性を働かせている時では、脳のリソースが違うはずで、普通は両方を同時にするというのはできない。中村さんの脳の中でも、両方を司る機能が同時に立ち上がっているということは無いと思う。両者を非常に高速で行ったり来たりすることによって、タイムシェアリングのようなことになっていて、その結果、掛け算としてAでもなくBでもないCという第三項が立ち上がっているだろう。

次ページ >>

昨日の常識を超えてゆけ
NHKの番組サイトへ
NHK総合テレビ
4月1日(火)午後10:00~10:45
・再放送
 総合 毎週火曜 午前1:05~1:49
     (月曜深夜)
 総合 毎週火曜 4:05~4:49
 BS2  毎翌週水曜 午後5:15~5:59
 インターネットの世界で魔術師と呼ばれる男がいる。中村勇吾37歳。中村の元には国内外の企業や団体からウェブサイト制作の依頼がひきもきらない。2004年には広告界において世界最高の栄誉であるカンヌ国際広告祭グランプリをはじめ、世界三大広告賞を受賞、世界が注目するウェブデザイナーだ。
 
 中村のデザインが評価されるのは、その美しさだけではない。サイトを利用する人に参加感と驚きを与え、サイトへ引き込んでいく仕掛けを創り出すからだ。
 
 アパレルメーカのサイトでは、洋服をただカタログのように並べるのではなく、クリックするとまるで服に触っているかのような感覚で操作できる仕組みを創った。
 
 2月、中村は世界進出を目指す企業から難しい仕事を託された。中村ならではの発想で、ウェブサイトとテレビCMの両方を作って欲しいという依頼だ。ウェブサイトには、テレビCMと連動した斬新なしかけが求められる。そこで中村が出した、アイデアとは。世界が注目する最先端のデザインが生み出される現場に完全密着。


コメント0

「茂木健一郎の「超一流の仕事脳」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト