• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

広告営業力を生かし、英文情報誌のマネジャーに

ビジネスワールド 2代目 宮田真理さん(前編)

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年4月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本には、“日本人の知らない日本”がある。例えば、昨年高尾山には外国人観光客がどっと押し寄せた。日本人にとって高尾山は、都心から50キロの気軽に行ける山だが、あのミシュランのガイドで、最高の「3つ星観光地」に選ばれた故の賑わいである。

 また、青山のあるレストランは日本人の間ではそれほど有名な店ではないのに、いつ行っても外国人比率が高い。それも外資系金融などに勤める、エクスパット(Expatriate、略してExpats。海外の企業から日本に来ている職員のこと)のたまり場になっている。

 国際社会日本には、“日本人の知らない日本”が多重構造で重なっている。その多重構造をつくる1つの要素は、まぎれもなく言語だ。日本語ではなく英語で日本を知る人たちにとって、日本はどんなふうに見えているのだろう?

ビジネスワールド社 代表取締役社長 宮田真理さん

ビジネスワールド社 代表取締役社長 宮田真理さん(写真:山田 愼二)

 それを教えてくれる雑誌がある。在日外国人のための唯一の英文総合情報誌「J SELECT」である。今月の特集記事は、「日本ペット狂想曲」とでも訳したいような、過熱する日本のペットブーム。

 このほか、英文の古本の引き取りや歯医者、漢方薬局、チャリティーの寄付から、映画やコンサートなどのイベント情報、レストラン情報など生活情報ページも充実している。掲載されるレストランは、六本木のROTIなど外国人シェフの店が多い。英語のできる在日外国人は、この雑誌を通じて日本を知るのだ。

 「現在、登録証を持っている在日外国人の数は約208万人。東京都の人口の5%は外国人で、港区は10人に1人が外国人在住者なんです」。こう教えてくれたのは、ビジネスワールド社、代表取締役社長の宮田真理さん(36歳)だ。

 ビジネスワールド社は英文メディアに特化した雑誌社で、在日外国人向けの月刊誌、35年の歴史がある「J SELECT」や年2回刊の英文の東京レストランガイド「WINING & DINING IN TOKYO」などを発行している。発行部数は、「J SELECT」が5万5000部、「WINING & DINING IN TOKYO」が4万部。宮田さんは、2006年12月に創業社長である父からこの会社を任された。

月刊誌「J SELECT」東京レストランガイド「WINING & DINING IN TOKYO」

月刊誌「J SELECT」と東京レストランガイド「WINING & DINING IN TOKYO」(写真:山田 愼二)

コメント1

「「跡取り娘」の経営戦略」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長