• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第22回】女性の結婚は40代が“適齢期”?!

20代の理想を捨てれば叶う、「アラフォー」の結婚

  • 白河桃子

バックナンバー

2008年4月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「アラフォー(注1)見た?」と周囲の女性たちの間で話題になっているのは、4月11日から始まったTBS系のドラマ「Around 40 注文の多いオンナたち」。それにちなんで、今回のテーマはズバリ「アラフォーの結婚」です。

 このテーマは「GRACE」(注2)や「AERA」でも書いているが、実際に最近になって、ごく親しい友人たちが、続々と「アラフォー結婚」を決めている。相手の男性は、年上あり、年下あり、同年代あり…。友人がポロリと紹介してくれるケースも多い。

 今までは「今さら『結婚したい』なんて、恥ずかしくて言えない」「ガツガツしているみたいで恥ずかしい」と言っていたプライドの高いアラフォーたちが堂々と「結婚したいから誰か紹介して」と言える、いい時代になったのだ。

 しかし「アラフォー結婚」の相手選びは、難しい。なぜならアラフォー女性ほど「男に対して注文の多い」女性はいない。以前某航空会社に勤務する、美しい独身のキャビンアテンダントにインタビューした時、彼女は「恋愛相手の条件30項目」を挙げていた。その条件というのは、「車の運転はうまくなくてはいけない」「尊敬できなくてはいけない」「仕事ができなくてはいけない」など、相手の外見も含めて注文が多いのだ。

 彼女も今頃は40歳。ドラマ「Around 40 注文の多いオンナたち」でも、結婚相談所に行った主人公(天海祐希が39歳の精神科医役を演じている)が、「注文が多すぎる」と怒られるシーンがある。まさに注文の多いアラフォーたちは、結婚に向けて「婚活」(注3)「に動き出している。

 

仕事に一途なアラフォーの、好みの男性像は…

 アラフォー世代の理想は山よりも高く、結婚に対する思い入れは海よりも深い。しかし、それは裏返せば「男性に対して、それだけ希望と期待を持っている最後の世代」ということでもある。男性たちに期待し、裏切られ、仕事場では戦い、しかしなおかつ自分にぴったりの男性が「自然に現れる」と無邪気に信じているのも、この世代の特徴だ。さらに、その好みもまた難しい。

 ミワさん(31歳、マスコミ勤務)は、あるアラフォーの女性上司が「やっぱり私、『オレ様男』が好きなのよね」とつぶやくのを聞き、目が点になったという。「『オレ様男』は働く女性とはうまくいかない。私だってさんざん失敗して分かってきたから、働くのが好きな自分には、ついてきてくれる優しい男がいいと思っているのに…。今さら『オレ様男』タイプがいいという、上司の気持ちが分かりません。世代の相違かしら」。

 やっぱり1960年代生まれの女性は、「オレ様男」大好きの超ロマンチスト。しかし同世代の「オレ様男」たちは働く女性たちとは最もうまくやっていけない世代。「永遠の片思い」である。

 

コメント25件コメント/レビュー

「女は若いうちに出産したほうがいい」という意見もありますが、専業主婦になるのは避けるべき。経済的理由でも、そして「日本国民」としても、女性は仕事を持つべきだと思います。昔の専業主婦たちを見てください。夫の稼ぎに頼って結婚しても、夫は家に帰らず浮気ばかり。妻は子育てで疲れきってぼろ雑巾のようになる…。勝手な夫と別れたくても、経済力がないために離婚すらできない。そんな悲惨な目にあった専業主婦が、山ほどいます。だから、まずしっかり働いて自分というものを築いてから結婚する、というのは女性の正しい生き方だと思います。それが40代でも50代でもいいじゃないですか。そして本当に出来た男性というのは、こういう女性を選ぶものですよ。(2008/06/12)

「白河桃子の「“キャリモテ”の時代」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「女は若いうちに出産したほうがいい」という意見もありますが、専業主婦になるのは避けるべき。経済的理由でも、そして「日本国民」としても、女性は仕事を持つべきだと思います。昔の専業主婦たちを見てください。夫の稼ぎに頼って結婚しても、夫は家に帰らず浮気ばかり。妻は子育てで疲れきってぼろ雑巾のようになる…。勝手な夫と別れたくても、経済力がないために離婚すらできない。そんな悲惨な目にあった専業主婦が、山ほどいます。だから、まずしっかり働いて自分というものを築いてから結婚する、というのは女性の正しい生き方だと思います。それが40代でも50代でもいいじゃないですか。そして本当に出来た男性というのは、こういう女性を選ぶものですよ。(2008/06/12)

「いいとこどりしよう」とする女は勝手ですね。美貌の持ち主で、実際の年齢より10歳若くみえる人なら、男としても「心の折り合い」がつけられると思いますが。記事に出てくる話は一部の方の成功例だと思います。「美貌もスタイルも悪く、性格の悪い40代女性」の成功例はないものですかね。知り合いで、若い時にある女性に求婚して断られた人がいます。ところがこの女性が50歳近くになって結婚相手を探しており、知り合いに「どうですか」と尋ねてきたとか。知り合いは、「今さら婆さんと結婚するなら、しないほうがまし」と答えたそうです。確かにそうですね。男女平等の社会では、昔のように男が女を扶養する義務もないし、男の40代が中間管理職としてこれまで一方的に苦労してきたことを。40代女性にもこれからどんどん経験してもらえばいいですね。(2008/06/12)

■■■■■■先日食事をしていたときのこと、近くに40くらいと思われる女性4人組が来ました。既婚未婚はわかりませんでしたが、ドラマ「アラフォー(?)」の話が出ると、リーダーらしき太目の女性が開口一番「あのドラマ嫌い!!」といってました。ま、だからとなんだとはいいませんが近頃流行の、”世代ごとに人間のタイプをまとめる”ようなやり方を苦々しく思っている人がいることは確かですよね。(2008/05/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長