• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

妥協の産物を賢く使え

無目的な突然変異は蓄積する(CSR解体新書41)

2008年5月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「分子進化」という言葉があります。チャールズ・ダーウィン(1809-1882)がビーグル号に乗って世界を回り、進化論を提唱(「種の起源」1859)した当初は、言うまでもありませんが、遺伝子の本体が何であるかは知られていませんでした。1953年、ワトソンとクリックによるDNA(デオキシリボ核酸)の二重らせん構造の解明以後、「分子生物学」が成立して、私たちは進化の物質過程を追えるようになったわけです。

 ダーウィン進化論では、突然変異の結果生まれた個体は、環境に適応していれば生き残り(適者生存)、弱いものは死滅するという「自然淘汰」が、進化を支配していると考えられました(自然選択説)。進化論は19世紀の西欧世界に広範な影響を与え、社会科学にも様々な適用が試みられます。スペンサーの社会進化論はもとより、カール・マルクス(1818-1883)の史的唯物論も、資本主義社会は社会主義社会へと定向的に進化するという議論として、ダーウィンのお膝元ロンドンで書かれた側面があるとのことでした。

 キリンの首が長いのは、高いところにある葉っぱが食べたいな、と思っていたら、首がスルスルと伸びたわけではなく、偶然の突然変異によって首の長い個体が発生し、彼らが環境に適応したから「適者生存」して、それ以外が「自然淘汰」された。乱暴に言えばダーウィンのモデルはそういうことになる。分子生物学が発見されてからは「首を伸ばす」という遺伝情報がDNAに書き込まれた個体が環境適応して残った、と考えられるようになりました。

「どーでもいい進化」論

 一方、分子側の都合から考えると、状況はかなり異なってきます。遺伝情報を書き込まれたDNAはコピーの段階でしばしば「書き損じ」が発生します。これが突然変異にほかなりませんが、キリンの首を伸ばすといった顕著な書き損じばかりが起きるわけではない。むしろ、毒にも薬にもならない「どーでもいい突然変異」のほうが(熱統計力学的に考えれば当然ながら)圧倒的に多いはずです。この「どーでもいい進化」を正確に考えたのが、木村資生博士(1924-1994)の「分子進化の中立説」(1968)でした。

 首が伸びるとか、あるいは足が長くなるといった、顕著な変化が見られる突然変異は、個体の生命に大きな影響を及ぼしますから、適者が生存したり不適者が死滅したりする。ところが「どーでもいい進化」は、生命に別状がありませんから、結果的に「顕著な進化」よりも著しく急速に蓄積されることになる。物理や化学の観点から考えれば当たり前の「統計性」「偶然性」の支配を主張した木村の「分子進化の中立説」は、ダーウィンの自然選択説と対立するものとして、当初は国際的に大きな議論を呼びました。しかし、具体的な測定の結果、正当性が認められて現在は定説となっています(木村はこの業績によって、彼が否定したダーウィンの名を冠する「ダーウィン・メダル」を授与されました)。

 そこで、スペンサーやマルクスではないですが、この「中立説」を社会現象に当てはめて考えてみると、幾つか面白い事実に焦点を当てることができるように思うのです。

お役所の慣行はなぜ改まらないか?

 「毒にも薬にもならない突然変異は、顕著な形質の変化よりも急速に定着する」 これを仮に「毒にも薬にもならない制度の改変は、有効な行政改革よりも永続的に官僚機構に定着する」と書き直すと、慣例重視の役所の体質がとてもよく理解できるような気がします。

 もし「これは有害だ」と納税者からクレームがくるような内容なら、事なかれ主義が大好きなお役所はサッサと制度を改めるでしょう。ところが、これといって毒にもならない、しかしどう見ても役に立たない仕事は、それを消化することで1日を消費している閑職などもいて、どうにも整理することができない。

 あるいは「毒にも薬にもならない商慣習は、一見派手なビジネスの変化よりも永続的にマーケットに残存する」などと書き直してみても、いろいろ思い当たることが出てきそうです。

 役所の仕事がそうした「毒にも薬にもならない慣例のカタマリ」となること。そのことそれ自体が重篤な危機であると現状を認識して、「合理化」を企図したのが「行政改革」であったはずでした。この「合理化」の面については来週記したいと思いますが、今回は「どーでもいい」内容が、向かい風に煽られにくいという事実によって、むしろ永続的に定着しやすいという事実に焦点を当てて考えてみたいと思うのです。

フランケンシュタインと鉄腕アトム

 「どーでもいい」というのは、「よく目につく目的を持たない」とか、あるいは「意図から外れた」と言い換えることができるかもしれません。制度の改変というのは、その目玉があると同時に、目玉から外れた部分も必然的にくっついてくる。ここで、国会などで取り上げられやすい「争点」もさりながら、それ以外の部分、とりわけ特段の注意を払われず、何となく慣例的に繰り返されている部分(は必ず存在します)が、先ほどの木村理論に重ねて言えば「どーでもいい」部分に相当するでしょう。こちらがかえって強固に残ってゆくという「事実」を、まず押さえておきましょう。

 先週「止められないフランケンシュタイン」を作る話を書きました。ここで発明者のフランケンシュタイン博士は、死体に電気を流したりしたとき、最初から「止められない怪物を作ろう」と思ったわけではありません(という設定で物語は書かれています)。作ってみたところ、意図していないところに問題があった。開発中の博士の関心は、人工的に生命(人間)を作り出す、死体を復活させることにあったわけですが、いざ技術開発に成功してみると、その「怪物」は己の意思を持ち、心を持っていて、それと博士の思惑とが異なっていた。この「意図せざる部分」が暴走するわけです。ちなみに手塚治虫の「鉄腕アトム」も、テレビアニメは活劇ですが、マンガ本編は心を持ったロボットの内的な葛藤を巡る重いテーマを扱っています。

コメント11

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官