• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「他の企業の内定者に声を掛けませんか」

  • 双里 大介

バックナンバー

2008年5月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 5月も終わりに近づき、初々しいリクルートスーツ姿の学生を見かけることも、以前よりは少なくなってきた。

 春先には、就職活動中の学生が集団で合同会社説明会へと向かう光景をよく目にした。今、就職活動だろうと思われる学生を見かけても、たいていが一人で歩いている。初夏の陽射しが強くなっていくにつれて、内定が決まった人と、決まっていない人、そのコントラストも一層強くなっていく。

 就職活動も折り返し地点を過ぎた。就職が決まらない学生がいるのと同じように、新卒学生をなかなか確保できない企業もある。

 菅野正道(仮名)は、流通系企業で人事副部長を任されている。今年の新卒採用目標は約60人。しかし、5月も終わろうかとしているこの段階で、まだ5名にしか内定を出せていない。

 苦戦が続いている足元に、いつもまとわりついてくるのが就職ビジネスだ。つい先日も、菅野はこんな電話を受け取った。

「他の企業の内定者に声を掛けませんか」

 学生の中には、複数の企業から内定を得ている学生もいれば、内定をもらっても“本当にこの会社でいいのか”とまだ決めきれずにいる学生もいる。そうした不安を抱く学生に声を掛け「引き抜こう」という誘いの電話だった。10年以上採用担当をやってきたが、こんな提案は初めてだ。ここまでやるようになったのか。

 ふざけるな、と思った。他の企業の内定者を奪うことを、当然のように勧める現実に、腹立たしさを越えて恐怖さえ感じた。常に不安を煽り続け、学生と企業を振り回すだけ振り回す。もちろん、自分たちも就職ビジネスの助けを借りている部分は大きい。でも、一線を越えてしまっている部分があるのではないかと、菅野には思えてならない。

「大人として、それをやっちゃいかんだろう」

 思わず口をついて出てきそうになった言葉を呑み込み、うちは大丈夫ですからと、菅野は静かに受話器を置いた。

*    *    *

 昨年の秋、就職活動を始めたばかりだった藤田慎司(仮名)くんは、筆者にこんなメールをくれた。

DATE:2007/11/27(水) 00:01

今日は、大規模な合同会社説明会に行ってきました。朝は早めにホテルを出て電車に乗ったのですが、もう同じイベントに行く就活生で満員電車になっていました。あまりの人数にビックリです。

自分としては早く会場入りして、希望していた○○○○という企業の説明会の整理券を取ろうしたんですが間に合わず……これからは、もっと早めに行こうと決心しました。

ただ、ひとつ魅力的な企業も見つかりました。○○○○というあまり知られていない会社なのですが、なぜ魅力を感じたかというと、まず配付資料の華やかさがあります。海外の雑誌のような感じでした。

社長も若く、説明会でのプレゼンが非常にユニークだったことも印象に残りました。例えば、会社説明のスライドを上映している途中で笑いを入れたり……一見なにを考えているんだと思いましたが、効果は絶大なようで、大手企業でもないのにブースは大盛況でした。

エントリーしてみたい企業も見つかり、今回の合同会社説明会は、それなりの収穫がありました。

 現在の就職活動では、合同会社説明会(通称“合説(ゴウセツ)”)は避けて通ることのできないイベントだ。学生にとっては1度に多くの企業情報を集めることでき、企業にとっても大勢の学生に対して効率的にアプローチすることができる。

 60名以上の決して少なくない数の学生を確保しなければならない菅野にとっても、合同会社説明会の場は魅力的に映った。だから3年前、1度だけ合同会社説明会にブースを出した。主催者側の営業担当者は「100人は集められます」と豪語した。でも、納得いく成果を得ることはできなかった。ブースに足を運んでくれた学生は20人足らずだった。

 学生は大手企業の整理券に殺到し、配布資料の華やかさに目を奪われてしまう。まだ社会を経験していないのだから、仕方がないことなのかもしれない。だからこそ、まだ社会のことがわからず、企業や仕事に関する知識が不十分な学生のために会社説明会があるはずだ。

 そこは、会社説明会といういうよりも、巨大な広告空間だった。お金を掛けた企業がブースのもっとも目立つ場所を陣取り、華やかに飾り付けをし、目新しい仕掛けを施した企業に学生が群がる。「学生とまともな話し合いができる場ではない」。それ以降、菅野は合同会社説明会への参加を取り止めることにした。

 合同会社説明会に参加しないことは、デメリットも小さくない。学生に認知されるまでに時間が掛かり、説明会に参加しない企業は「採用意欲があまり高くない」と学生に偏見を持たれることにもなりかねない。

コメント16

「就活戦線異状なし」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック