• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「修復的正義」はいかにして可能か?

応報・懲罰の呪縛を解消するために(CSR解体新書45)

2008年6月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真1

どこの農村でしょう?

 今回はまず、のどかな農村風景をご覧いただくところから、話を始めたいと思います。実によさげな田んぼです。いったいどこの景色でしょう? 私の日常行動範囲ですと、都内とつくば学園都市の間にこんな眺めをよく見ます。

 多くの読者はすでにお気づきと思いますが、この写真は私がルワンダで撮影したものです。「ルワンダは日本と似ている」と思う点はいろいろあるのですが、第一に思うのは、田畑の風景です。上の写真は南部の町ブタレにあるルワンダ国立大学農学部の実験農園です。ここでの取り組みに関する話題もいずれご紹介することにしたいと思います。実を言えば、ルワンダの農業改良には隣国ケニアのジョモ・ケニヤッタ大学などが関わっており、ケニアの農業改良にはJICA(国際協力機構)をはじめとする日本の援助が入っているので、ルワンダの農村が日本と似ている一因は「隔世遺伝」と言ってよい側面があるらしいです。

写真2

「アフリカの富良野」ルワンダ(キガリ近郊)。目の前に植えられているのはコーヒー、すぐ先にバナナ畑が見える

 車でルワンダ国内を走っていると、田畑の風景が日本と似ていたり、場所によってはやたらと欧州っぽかったり、いずれにしても何かの「既視感」に襲われることがとても多い。なにか懐かしい感じがする。右の写真は首都キガリ近郊の村落の畑です。実際に歩いてみると気候は涼しく、「コーヒーやバナナが植えられている北海道・富良野近郊」といった感じがします。実に豊穣で有産な畑が続いている。GDP(国内総生産)だけで国の豊かさを計ることの是非を考えてしまいます。

写真3

ミーティングでの佐々木和之さん

 それにしても、どうしてこんな平和で豊かな場所で、内戦や殺し合いが起きてしまったのか? その一因はこの土地の「豊かさ」そしてアフリカ一と言われる高い人口密度にあるようです。そして農業復興にも日本の援助が入ったように、ジェノサイド以後の社会関係回復にも、現実に多くの日本人が尽力しています。今回は「修復的正義」の実現に取り組む日本人ボランティア、佐々木和之さんの活動についてご紹介したいと思います。詳しい活動内容についてはこちらもご参照下さい。

コメント6

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック