• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

丁稚が創った「国家予算を超える会社」

金子直吉伝・1

  • 山岡 淳一郎

バックナンバー

2008年6月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本は明治維新で国を開いたものの、ずっと貧乏だった。
 資源のない国は交易で立たねばならぬ。

 ところが商人たちは「不平等条約」で外国商館に首根っこを押さえつけられた。関税の自主権もなければ、治外法権で外国の商人がカネを払わなくても泣き寝入り。マルコ・ポーロが「ジパング」と呼んだ黄金の島から「金(きん)」の正貨は羽が生えたように海外へ飛んでいった。

 その頃、世界経済は「金本位制」で動いていた。金を本位貨幣として通貨の単位価値と一定量の金が兌換され、自由貿易を介して等位で結びつけられるしくみ。早い話が、円だ、ドルだ、ポンドだといっても世界共通の通貨は金だったのだ。金の流出に慌てた明治政府は、金銀複本位、銀本位と身をよじらせるように制度を変え、日清戦争後に金本位に復帰した。日本は本格的に世界経済に組み込まれる。だが、貧しさは苔のように社会を覆った。

 外国にモノを売って金を奪還し、蓄えねば富国は夢に過ぎない。

 ここで、「国を背負って金を奪れ」と勇猛果敢に挑んだのが、(五輪選手ではなく)維新で士農工商の身分制から解き放たれ、地べたから這い上がってきた男たち。かれらは腹に「士魂商才」、世界と直に勝負をした。こんにちの日本経済の土台をつくったのは、間違いなく、この「金ぴか」な人びとである。

「初夢や 太閤 秀吉 奈翁(ナポレオン)」。(白鼠※)

 いまから90年ほど前、日本の国家予算を超える年間売り上げを記録する会社があった。
 鈴木商店。
 神戸に拠点を置く商社である。
 神戸製鋼、帝人、双日、IHI、太陽鉱工、サッポロビール、日本製粉……現代に続く錚々たる企業が、鈴木商店を母胎にしている。

金子直吉の胸像

金子直吉の胸像

 その鈴木商店の総帥・金子直吉は、決断力と実行力から「財界のナポレオン」と呼ばれた。資源のない日本を交易立国として羽ばたかせる原動力となった。「生産ほど尊いものはない」が口癖で、ありとあらゆる産業を興した。

 史上最大の起業家である。

 だが……昭和金融恐慌のただなかで鈴木商店は倒産してしまう。その一事をもって教科書的な歴史観は金子直吉を単なる「成金」のように扱う。はたしてそうなのか。

 金子直吉と鈴木商店は、常に世界経済と直に向き合っていた。

 その興亡を丹念に追うと、政治や経済が何によって動かされているかが見えてくる。金子直吉の人生にホコリをかぶせておくのはもったいない。金子の世界を相手にした「大欲」と「美学」は、内側へ内側へと萎縮しつつある21世紀の日本に強烈な刺激を与えるだろう。

 鈴木商店は倒れたけれど、破産はしなかった。世紀を超えて大輪の花を咲かせている。

(※白鼠は、鈴木直吉の俳号)

 樟脳(しょうのう)の相場が、火の粉を巻き上げて高騰している。
 鈴木商店の番頭、金子直吉は、蒼ざめて大阪の街を歩いていた。

 このままでは、店を潰してしまう。どないしょう。旗売り(先物の売約=空売り)に手をだしたばかりに……。悔いても、時計の針は戻せない。

 「お家さん」と呼ばれる女主人「よね」は、直吉の大ミソにも「仕方ない。北浜の兄さんらに相談しましょ」と腹の太さを示してくれたが、その信頼に応えられなかったことがかえって辛い。お家さんと一緒に神戸から大阪に来て、後ろ盾と頼む人たちとの鳩首会談に臨むも、あまりの事の重大さに、

「直吉、善後策と併せておまえの一身上の話もするさかい、ちょっと座を外してくれ」

 と、追い出された。直吉の、ただでさえ虚ろな斜視が、宙をさ迷った。

 ときは、明治29(1896)年1月。日清戦後の講和条約が調印されて「台湾」が日本の新領土となって一年も経っていない。樟脳の高騰は、この台湾領有と深く係わっていた。

コメント17件コメント/レビュー

如何にITの世の中においても、ビジネスの本質(新たなものを産み出す時の達人のアプローチ)は、似たところがある様に思います。 そういう点において、本記事の続きが楽しみです。(2008/07/01)

「金ぴか偉人伝」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

如何にITの世の中においても、ビジネスの本質(新たなものを産み出す時の達人のアプローチ)は、似たところがある様に思います。 そういう点において、本記事の続きが楽しみです。(2008/07/01)

鈴木商会について 全く初耳です。金子直吉も聞いたことがありません。日本の国家予算を超える会社が独りの創業者生存中に実現していたとは 驚きです。これからの企業体の発展に 参考になるものか 興味をもっています。(甘田)(2008/07/01)

歴史の中に埋没した鈴木商店。以前NHKで放送していたことを思い出しました。類稀な才能を如何なく発揮した金子小吉の生涯がどの様に現代に甦るか大変楽しみにしています。(2008/07/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長