• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【プロローグ】「いじめに負けない子供を育てる」

2008年7月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いじめ自殺が相次ぐ昨今。いじめに回らない、いじめに負けない強い子供にしたい。そう考えた地上げ屋が、2年にわたって子供に続けている道徳教育の記録である。
 その中身は、心の強さや物事の道理、社会との関わりなど。心の教育にとどまらず、家庭や学校が教えてくれない人間社会を生き抜くための処世術という側面も持つ。
 この地上げ屋自身、カネと欲望が渦巻く不動産業界、特に立ち退き交渉という札束が飛び交う世界で人の本質を見続けてきた。そんな悪漢だからこそ話せる道徳論。

「価値観とは」

 暖かい日差しに覆われた5月の土曜日。ガラス窓から差し込む陽光を背に、2人の子供がノートに顔を近づけていた。小学校6年生の姉サクラと4年生のリュウジ。その横には、髪を短く刈り揃えた色黒の男がいた。2人に何やら語りかけ、メモを取らせている。2年前から続く、土曜日のいつもの光景である。

****

父親:よっしゃ、サクラ、リュウジ、勉強会を始めるで。今日のテーマは「価値観」。「価」「値」「観」。漢字で書いたらこうや。ほんなら聞くけど、価値観って何?

サクラ:聞いたことある。

父:例えば、リュウジはスパイダーマンのオモチャを買うやん。リュウジは5000円を出してもスパイダーマンのゲームが欲しい。でも、サクラはあんなもん買おうとは思わんやろ。

勉強会の様子

2年前から、親子で勉強会を開いている。

サクラ:うん。

父:じゃあ、サクラが欲しい物は何やの。

サクラ:CD。

父:リュウジはそんなもん、興味ないやろ。

リュウジ:ない。

父:リュウジにとっては大事な物であっても、サクラには何の興味もない。人それぞれ、値打ちを感じる物が違う。これが価値観。価値観の違いというヤツや。そしたら、自分がエエと思うものを人に押しつけるのはどうや。リュウジが、「スパイダーマンがエエからお前も買え」と押しつけたらどうや。

サクラ:嫌や。

父:そうやろ。人それぞれ価値観は違う。自分の価値観をあまり人に押しつけない方がエエ。じゃあ、もう1つ聞くけど、「オレは人をどつくのが趣味や。人をどつくことに価値あると思うとんねん。オレの価値観やから放っておいて」。これ、リュウジがスパイダーマンを好きなのと同じ価値観かな。

サクラ:違う。

父:何が違うの?

サクラ:スパイダーマンやCDは誰にも害を与えないけど、殴るのは人を傷つける。

父:そう、大正解! 価値観はお互いに尊重しなければダメ。でも、その価値観は人に迷惑をかけない常識的なことでないとアカン。なら、ここに出てきた「常識的」ってどういうこと。どういうことが常識的なん?

リュウジ:当たり前のこと。

父:当たり前」ってどういうこと? お父ちゃんは毎晩、酒を飲む。これはオレにしたら当たり前のことや。でも、お前らは酒を飲むお父ちゃんは嫌いやろ。じゃあ、何でお父ちゃんが酒を飲むとアカンと思うの?

リュウジ:酔っぱらう。

父:酔っぱらって嫌なことを言ったり、すぐ怒ったりして、お前らに迷惑をかけているからやろ。もしお父ちゃんがいくら酒を飲んでも酔わんと、何もしなかったら嫌なことと違う。常識的というのは、「人に迷惑をかけない」ということと違うか。

サクラリュウジ:うなずく。

父:よっしゃ、じゃあ、ノートに書けよ。

「人それぞれ、自分の価値観を持っています。自分がよいと思うことでも、そう思わない人もいます」
「人それぞれ、価値観が違うので、あまり自分の価値観を押しつけない方がいいです」
「価値観はお互いにそれぞれ尊重しなければいけませんが、その価値観は人に迷惑をかけない常識的なことでなければいけません」
「常識的なこととは人に迷惑をかけないことです。自分は人に迷惑をかけないように、いつも正しい考えで、正しい行動をするようにします」

コメント58件コメント/レビュー

全部一気に読んでしまいました。世の中の裏と表を見てきた人が結論として人として非常に全うな言葉を子供に伝えることに救われる思いで拝見していました。これは今ではもう教えてくれる人のいない大人の私にとってもなんともありがたい連載でした。継続が養う強い心に関しては、勝ち組負け組の風潮の中で、不必要に焦燥感を感じて生きている私たちにとって気持が楽になるキーワードにも感じました。(2008/08/27)

「地上げ屋の道徳教育」のバックナンバー

一覧

「【プロローグ】「いじめに負けない子供を育てる」」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

全部一気に読んでしまいました。世の中の裏と表を見てきた人が結論として人として非常に全うな言葉を子供に伝えることに救われる思いで拝見していました。これは今ではもう教えてくれる人のいない大人の私にとってもなんともありがたい連載でした。継続が養う強い心に関しては、勝ち組負け組の風潮の中で、不必要に焦燥感を感じて生きている私たちにとって気持が楽になるキーワードにも感じました。(2008/08/27)

いじめは子どもだけの問題ではありませんよね。大人にだってあるものです。これから子どもは成長に伴っていろんなものを見聞きします。親同士のいじめ・教師同士のいじめ・大人から子どもに対するいじめ・夫婦間にだってモラルハラスメントなんて言葉が取り沙汰されていますね。善ではないと知り、そう語りつつも止めようとしない矛盾した大人。そういったものもたくさん目にしていくことになるでしょう(私自身も目の当たりにしてきました)。多くの大人たちはこういったことに対して【臭いものに蓋】とばかりに目を背け、見て見ぬフリをして来ました。その結果、子どもはこの矛盾に大いに苦悩することになります。『いじめ』を語り、それを悪だと説こうとすれば必ずぶつかるこの矛盾。このお父さんはそれをどう説明するのか…。誰でも出来るような、通り一遍等なご高説ならば聞き飽きました。どうかそれを超えるものを示して頂けることを期待いたします。(2008/07/04)

記事を拝見しました。タイトルだけ見れば、悪党が「道徳」とは何を言ってるのか!?とも思いましたが、テーマがテーマなので、どういう内容なのか、怖いもの見たさで開けてみて、びっくり。 古来から道徳、宗教で「黄金律」と言われてきた、「自分がされてイヤなことは他人にするな」、或いは「自分と他人は欲するものが違う」、「自分の欲するものは誰か他者を踏み台にしていないか自問するべし」をズバリついているし、それを上から自明の定理として教え込むのではなく、色んなシチェーションをもとに一緒に考え、結論を導き出すというスタイルが、教育の原点を見たような思いで、とても感銘を受けました。次回以降の連載にも期待したいと思います。(2008/07/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長