• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

コマが一気に黒から白へ。
逆転の1枚はいつも自分が持っている

  • 双里 大介

バックナンバー

2008年6月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 今年4月、小宮健実(38)は、採用や社員育成に関するコンサルタント会社「採用と育成研究社」を立ち上げた。社員はわずか二人。小さなちいさな船出だ。

 船出に至るまで、小宮は13年間の会社員生活を経験している。今でも、決して忘れることのできないエピソードがある。

*    *    *

 「SEをやってみたい」。小宮が手を挙げたのは、入社して3年目のことだ。

 大学を卒業後、大手IT企業に入社。小宮は人事部に配属されていた。とくに人事の仕事が嫌になったわけではない。ただ、何となく「このまま人事にいても……」と思い始めていた。世の中にインターネットが普及し始め、ネットワーク化という言葉が少しずつ登場し始めた頃。SE(システムエンジニア)は時代を担う花形職業として脚光を集めつつあった。

 文系出身の自分にできるだろうかという不安はあった。しかし、上司に言われた。「うちは、社内教育がしっかりしているから大丈夫」。そのひとことで決心がついた。小宮はSEとして働き始めた。

 言われた仕事はこなしていた。「SEとしておまえはダメだ」と言われたこともなければ、大きな穴を開けて顧客からクレームをもらったこともない。誰もが普通に接してくれていた。でも「できていない」ことは、自分が一番良くわかっていた。

 入社してからずっとSEの職に就いている同期は、自分の3年先を走っていた。何とか追いつこうと努力しても、同期も努力を続けているから、一向にその差は縮まらない。

 何よりもつらかったのは、新入社員と自分のレベルがほとんど変わらないことだった。「先輩、この部分を教えてください」。先輩なんだから知っているだろうと、新入社員が質問を投げ掛けてくる。「わからない」とは言いたくない。その場は繕って、会社の帰り道、本屋に駆け込んでこっそり解説書を手にするが、その解説書さえ読み通せない。

 自分はイケてない社員だと思いながら、3年間SEを続けた。もう人事に戻るわけにもいかない。小宮は転職することを心に決め、少しずつ準備を始めていた。

先ばかりを見ていると、自分の経験の価値に気付けない

 転職に必要な職務経歴書や自己PR文を書こうと、小宮はこの6年間を振り返ってみた。そこで、まったく頭から抜け落ちていた“当たり前の事実”にあらためて気が付いた。「自分は同期から3年遅れていると思っていたけれど、人事を3年間やった経験があるじゃないか」。

 追いつきたい。追いつかなければ。その一心で努力してきた3年間。先ばかりを見ていたから、見失い、蓋をしてしまっていた“事実”。小宮は、上司のところへ足を運び、告げた。「人事システムのプロジェクトがあれば、私を入れてください。人事の経験があるので、人事関連の話なら顧客と結構できます」と。

 上司は、キーボードをカチャカチャと打ちながら、あっさりと答えた。「そうか、わかった。おまえに仕事を取ってくるのはオレだから、少し待ってて」。
 この上司はこんなに格好よかったのかと、このとき初めて気が付いた。

 約束どおり、上司は人事システム構築のプロジェクトを探し、小宮をメンバーに入れてくれた。SEとしての自信はまったくない。だから、顧客とは技術的な内容よりも、人事についての話しをした。顧客は「人事経験のあるSEなんてめずらしい」と、事あるごとに「小宮さん、小宮さん」と相談を持ちかけてくれるようになった。

 人事の経験があること。この事実にしがみついていけば、何とかSEとしてやっていけるかもしれない。その後の小宮は、人事経験を前面に押し出して仕事をした。可もなく不可もなくのSEに、さまざまなオファーが舞い込んでくるようになった。

コメント5件コメント/レビュー

人事からSEへ、SEから人事へ移った話と考え方、とても参考になりました。僕自身、7年間のSE経験後にコンサルへと転向しましたが、転向する時は「SEなんてもう終わり、これからはコンサルだ」と、SEをやっていた自分を多少なりとも否定していました。転向当時のマネジャーに「お前はSEをやってきたんだから、それは強みだと思え」と言われ、最近はSEをきちんとやってきた事実をコンサルとしての自分の価値へと変換していると感じています。(2008/06/30)

「就活戦線異状なし」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人事からSEへ、SEから人事へ移った話と考え方、とても参考になりました。僕自身、7年間のSE経験後にコンサルへと転向しましたが、転向する時は「SEなんてもう終わり、これからはコンサルだ」と、SEをやっていた自分を多少なりとも否定していました。転向当時のマネジャーに「お前はSEをやってきたんだから、それは強みだと思え」と言われ、最近はSEをきちんとやってきた事実をコンサルとしての自分の価値へと変換していると感じています。(2008/06/30)

すばらしい記事だったと思います。「やったことの中にしか自分はいない」ということ、逆に言えば「やったことの中に必ず自分は生きているということ」ですよね。どんなことでも、妥協なく自分の限界までやったことのある人は、たとえ自分では気づかなくても本物の強みを自分の中に育てているということを言っていただいて、自信が持てました。(2008/06/30)

デキルヤツ・・なんていうコラムがにぎわっていますが、デキルとデキナイの差って、ほんとうにわずかなんですよね。「プレゼンテーションしてみなさい」と指示すると、なかなか進まない挙句、「中味がないから・・」ととりやめようとする始末。「とりあえず資料を持ってきてごらん」といって見てみると、いくらでもプレゼンのポイントが転がっている。なにか仮想の「デキルヤツ」と比較して自信をなくし、行動できないでいるというのがよくあるパターン。・・これは新人にも言えることですし、自分を振り返っても結構、思い当たる。なんでもないと思えることでも、行動するのとしないのとは大違いなんですよね。(2008/06/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授