• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜタイ焼は値上げしないのか?

原料高騰どこ吹く風、強いニッポンの味

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2008年7月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 写真仲間からメールが届いた。38歳、会社勤めの独身女性。

 「渋谷のデパートで戸邊(秀治)さんの米を買いました。1キロ2940円でした。高価なので躊躇しましたが、思い切って2キロ買いました。

―中略―

 あらためて自分の食生活を振り返ってみると、やっぱりパンや麺類が多く、ご飯が主食とはとても言えません。

 本当は、炊きたての白いご飯と味噌汁が好きなのですが、朝のあわただしい時間や疲れて帰宅したあと、米を研いだり、水に浸したり、炊きあがってから蒸らすという時間の余裕など、とてもありません。

 そんなわけで、めったに食べない白いご飯だから、おいしいお米を買って、休みの日に丁寧に炊こうと思いました…」

 新潟の米農家ルポに血道をあげている筆者に、“めったに食べない白いご飯”、という、良くも悪くも新鮮な、日本人の存在が浮上した。勢い込んで友人や知人に聞き込みをしてみれば、依然として米派が多いものの、朝はパン食、昼は麺類といった小麦派が、やはり多いと感じた。

小麦文化に侵食される米文化

 筆者も無類の粉もん好きである。うどんにパスタ、ラーメンにパン。安い米を常食していることもあって、食費に占める小麦の割合は、ざっと4割程度。日本人が1カ月間にパン・麺類に支出する額は4173円。それに対して米は2191円(総務省「家計調査」平成20年5月・2人以上勤労世帯)。小麦の価格は高騰し米価は下落という背景を考えても、稲作文化が小麦文化に侵食されている印象は免れない。

 小麦が日本の食卓を一変させるのだろうか。ふと、好物が脳裏をよぎった。

 タイ焼。

 短気な性分だが、行列に並んでも買う菓子がタイ焼だ。こうばしい小豆餡の香りとパリッと焼かれた小麦の噛み応えが絶妙な取り合わせの餡菓子だ。しばらく食べないでいると、無性に欲しくなることがある。日本中のタイ焼を食べ歩き、タイ焼の本まで出版するという、熱狂的なタイ焼ファンでもある。

 子供が100円玉を握りしめて、タイ焼店に走りこんでくる、そんな庶民的な光景を幸せの構図と思い込んでいる。願わくば絶滅に瀕することなく、いつまでも子供たちをいざなう庶民菓子であってほしいと念じている。

小麦価格の高騰がタイ焼を直撃しているのでは…

 しかし、タイ焼の周辺はさまざまな不安要素がある。なんといっても、小麦価格の高騰による経営悪化が心配される。日本国内で1年間に消費される小麦、およそ620万トンのうち、8割が米国とオーストラリアからの輸入である。今年は、この2大輸入国の事情によって値段が高騰することを、思い知らされた。パンや麺類、菓子など、身近な食品の値上がりも続いている。

 タイ焼の主な原材料は小麦粉、小豆、砂糖。いずれも価格が不安定な品目だ。ガス、電気の料金も上がる。さぞかし、タイ焼のような、庶民の菓子はつらい目に遭っているに違いない。筆者はそう考えて、老舗のタイ焼店を訪ねてみることにした。

 多くの製造業で原材料の上昇分をコスト削減で吸収するなど、涙ぐましい経営努力が続けられているご時勢、タイ焼は溺れかけているに違いない、と、おそるおそる暖簾をくぐった。

 ところがドッコイ、世の中の情勢など何食わぬ顔、相変わらず鉄板の上で悠然と泳いでいる。原材料高騰の荒波にめげないばかりか、店主は「値上げはまったく考えていませんよ」と余裕の笑みさえ浮かべるのだ。

コメント23件コメント/レビュー

地域再生というよりは、商売のコツみたいな記事でしたが、たい焼きの薀蓄はおもしろかった。実は小さい企業であればあるほど国産にしたほうがメリットがあることは大きかったりします。飲食関係は特にそのメリットを受けやすい業種ですね。お米は一回おいしいのを炊いて冷凍しておけばそんなに面倒でもない気がするけどなぁ…。(2008/07/31)

「地方再生物語」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

地域再生というよりは、商売のコツみたいな記事でしたが、たい焼きの薀蓄はおもしろかった。実は小さい企業であればあるほど国産にしたほうがメリットがあることは大きかったりします。飲食関係は特にそのメリットを受けやすい業種ですね。お米は一回おいしいのを炊いて冷凍しておけばそんなに面倒でもない気がするけどなぁ…。(2008/07/31)

良くも悪くも突っ込みどころが多い記事でした。筆者のたい焼き好きから生まれたたい焼き屋への着眼点は面白かったです。たい焼きが食べたくなる記事でした。しかし、厳しい言い方になりますが、テーマである地方再生物語からの脱線した感が強く、ちょっと残念。内容も「タイ焼」全般の話ではなく、「浪花屋」の仕入れや販売手法がメインであり、タイトルとも若干ずれています。「浪花屋」をメインにするにしても、もう少し他店と比較し、客観的に仕入れの工夫や販売手法を分析して欲しかったです。記事で挙げられている値上げしない理由も現時点における一過性のものに過ぎないと思います。本質とずれますが、原価20,30円(価格の2割くらい)で驚いている方がいますのでちょっと一言。実際、原価なんてほとんどの製品は割合的に見てその程度です。コーヒーなんかが良い例。原価+人件費、家賃、光熱費等々で利益率は極端に高くないはず。とはいえ、オイルショックや戦争、バブル崩壊を乗り越えて創業99年の歴史を築いてきた浪花屋の経営者の姿勢は見習いたいです。読み物としては面白かったです。次回の記事を期待しています。(2008/07/12)

「地方再生物語」のはずが、大阪創業で東京・麻布十番にある店の記事だというのには正直がっかりです。次回からの北海道の小麦農家等への取材の入りということなのでしょうか。それならば納得します。前回までの米の話のような、地方の再興のきっかけ、地域社会や地域の人々の地域再生の取り組みに関する記事を期待します。(2008/07/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長