• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第5話】暴力団組長のそばで見た理不尽な“生き死に”

2008年8月6日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 バブル経済で大金を掴んだ小川だが、実際の立ち退き交渉では壁を感じていた。口先だけの甘言でなく、人の心を揺り動かす“本物”になるにはどうすればよいのか。悩み抜いた小川は、「継続した努力」と結論づけた。そして、立ち退き交渉の命とも言える言葉を磨くため、地道な努力を始めた。

「不合理なこと」

 この世の中、理不尽なことがいかに多いか。この6月にも、東京の秋葉原のホコ天(歩行者天国)にトラックで突っ込んだヤツがおった。計画的な犯行らしいけど、あんな理不尽なことがあってええんか。残された遺族の気持ちを考えるといたたまれない。オレだったら耐えられるやろうか…。
 2007年3月10日に、このテーマでサクラとリュウジに話をしたわけやけど、その時も酔っぱらい運転の車が通学途中の高校生に突っ込んだ、という事件があった。殺された方からしたらこんな理不尽な話はないで。ともかく、世の中には不合理なことがいっぱいや。このテーマで子供らに話しておかな、と思うたんや。

****

小川:おい、お前ら! 今日は「不合理なこと」「理不尽なこと」や。

サクラ:えっ、不合理?

リュウジ:理不尽?

小川:まだ分からんやろうけど、こう書くねん。「不」「合」「理」、「理」「不」「尽」。この「不」という言葉は、「NO」という意味やし、「違う」ともいうし、「まだ」ともいうし。とにかく否定する言葉や。要するに、不合理は合理的でない、ということや。「合理的」って言葉はたまに聞くやろ。

サクラ:うん。

リュウジ:何となく分かる。

小川:「理不尽」っていうんは、不合理と同じような意味やけど、もっとキツイ感じかな。例えば、この間、携帯電話の出会い系サイトで待ち合わせして、初めて会って、殺された女の子がおったやろ。初めて会った人にいきなり殺されてしまうんやで。「そんな理不尽なことがあんのん?」って使うねん。

 世の中には自分が正しいと思ったことでも通らんことがある。お前らも大人になれば分かるけど、役人が国民の血税を無駄遣いしても誰も責任を取らへんかったり、何も悪いことしてへんのに酔っぱらい運転の車に突っ込まれて死んでもうたり。不合理で理不尽なことがいっぱいある、っていうのは理解しとけよ。

サクラリュウジ:うん、うん。

小川:そやけどな、この理不尽や不合理、ほんまに避けることのできへんこともあるけど、自分が用心していれば、避けられるものもあるんやで。

サクラ:うん、知ってる。出会い系とかせぇへんかったらええんやろ。

小川:おう、そうや。お前、よう分かっとんな。夜中に不良のたまり場になってそうなとことか、人気のないとこに行かんといたらエエんや。

リュウジ:うん、そんなん怖いから絶対よう行かん。

サクラ:そうやな。リュウジはヘタレやしな。

リュウジ:黙れっ!!

小川:ケンカすな。じゃあ、不合理なことや理不尽なことをほかの人にしないためにはどうすればエエかな。前にも言うたけど、「心を強く持つ」ということやな。自分は人に対して理不尽なことはせぇへんぞ、っていう強い気持ちを持つことや。

サクラ:うん。

小川:そやけど、何が理不尽で何がそうでないか、分かるようにならんとイカンわな。それはどうする?

リュウジ:??

小川:そんな時はな、「人に対して迷惑をかけてへんかな」「嫌な思いをさせてないかな」って考えてみるんやぞ。そしたら、たいていは理不尽な思いを人にさせんで済むからな。あとは、お前らが理不尽な目に遭ったとしても、それを乗り越える強い心を持たなアカンねんぞ。なら、書けよ。

「不合理とは理屈に合わないことです」
「世の中には、理屈に合わないというようなことがたくさんあります」
「その様な不合理な目に遭わないためには、いつも正しい道を選んで行動するようにしましょう」
「正しい道とは、理屈に適うということです。すなわち、道理に合うということです」
「世の中を生きていくうえでは、不合理な目や理不尽な目に遭うことを避けて通れません。そんな時には、いつも心を強く持って、乗り越えるようにします」
「たとえ自分が不合理なことに遭ったとしても、自分は人に対して不合理なことや理不尽なことは絶対にしないようにしましょう」

小川:お父ちゃんな、地上げの世界に入る前、2カ月だけヤクザ組長の秘書をやっていたことがあるんや。末野興産のマンションにフィリピン人ホステスを仲介していた頃やな(第2回を参照)。この親分、右翼団体の代表もしておって、そっちの方の秘書ということやった。たったの2カ月やったけど、世の中の構造がよく分かったわ。

コメント33

「地上げ屋の道徳教育」のバックナンバー

一覧

「【第5話】暴力団組長のそばで見た理不尽な“生き死に”」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官