• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

団塊と主婦とキャリアウーマンの共通点

2008年8月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 パソコンをいまいち使いきれていない、と、自覚しながらも仕事で使用して10年が経つ。使いきれずともワープロソフトで執筆はできるし、メールでデータを送付できるし、ホームページのアップデートだってこなしてきた。・・・・つもりだった。

 昨年、パソコンを買い換えた。既にメモリーを増設して販売されていたパソコンを買ったところから話がややこしくなった。どういうわけか、なにもかもがうまく作動しないのだ。パソコンに熟知した知人のところに通って助けを借り、メーカーに毎日のように電話したりして、やっと順調に使えるようになるには、それから半年を要した。

 今年に入り、ようやくトラブルなく使い続けて、データも増えた。それを保存するためにDVDにバックアップを取ろうとした。日頃はこまめに外部メモリーに入れ、毎日のデータを保存していたが、データが大量にたまったところでまとめてDVDに保存しようと思ったのだ。

 そして悪夢が起きた。今年分、すべてのデータがパソコンから消えた。メモリーに入っていた分までも、消えてしまった。

 データ復旧サービス会社にも依頼してみたが、消えたデータは元には戻らなかった。
私がしたのはバックアップのつもりが、実は、「リストア」というものだった。詳しい知人に聞くと、それは、本来の目的とは逆に、空っぽのDVDの情報を、パソコンの中に上書きする操作のことなのだそうだ。だから、パソコンのデータが消えたのだった。

 「何か分からない言葉を見たらクリックしては駄目」と知人に叱られた。では、普段言葉を理解して操作していると思っているのだろうか。ほとんどの操作は、およそ、だいたい、たぶん、で操作してきた。

 そんなもんじゃないのか。パソコンって。
 だが、安全措置のつもりでした操作で私は自爆してしまったのだ。

 それからの私は、自分で言うのもなんだが、見るからに生気を失い痛々しく生きていた。なにを見ても、喜びとか躍動感とかの跳ね上がる気分にはなれず、食欲も落ち、日課のジョギングもできなくなった。

「遙 洋子の「男の勘違い、女のすれ違い」」のバックナンバー

一覧

「団塊と主婦とキャリアウーマンの共通点」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者