• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第6話】「ごねるヤツほど得をする。せやけどな…」

2008年8月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ふとした縁で2カ月だけ暴力団組長の秘書になった小川宇満雄。この組長との2カ月を通して、「声が大きい人間が勝つ」という事実や経済界と裏社会のつながり――といった現実社会の一端を垣間見た。不合理なことが相次ぐ世の中。子供たちには不合理を乗り越える強い心を持て、と説く。

「義務と権利」

 前回書いた組長秘書の話は賛否両論あったなぁ。あの2カ月で経験したことはすべて事実やし、別に何か弁解する気はあらへんけど、オレは一度もヤクザ組織に身を置いたことはないよ。オレは右翼団体代表の秘書ということで雇われとった。立ち退き交渉の時も一切、その筋に何も頼まずに来た。それは、オレの誇りや。まあ、念のために言うとくわ。
 さて、今回の勉強会は「義務と権利」や。よく「権利と義務」と言われるけど、オレの感覚では、義務が先にあって権利がある。自分の義務をきちんと履行するからこそ、権利を主張できると思っているんやが、どうやろうか。だから、「権利と義務」でなしに「義務と権利」というふうに、子供たちには教えたいと思うた。

****

小川:おい! 今日の心の勉強は「義務と権利」や。言葉ぐらいは知っているやろ。

サクラ:うん。

リュウジ:知ってる。

小川:ほな、どういう意味か、言うてみぃ。

サクラ:まあ、権利はゴハンを食べさせてもらうとか。

リュウジ:義務は勉強や。

小川。そやな。お前らの場合、権利っちゅうんは、お父ちゃんにタダでゴハンを食べさせてもらうとか、子供同士のつき合いに困らん程度に小遣いをもらうとか、ゲームを買ってもらうとか、そういうもんがあるわな。そやけど、それを権利と言うんやったら、まず先に義務を果たさなアカンわな。

サクラ:うん?

小川:お前らの義務は、まず親や先生の言うことをしっかり聞いて、ちゃんと勉強することや。自分で働いてカネを稼げるようになるまでは、親の言うことを聞き、人に迷惑をかけず、勉強せなアカン。これが、お前らの立場では正しい行いや。

リュウジ:分かっとるで。

小川:じゃあ、パパの場合は何や。

サクラ:一生懸命、仕事すること。

小川:そうや。お父ちゃんは一生懸命働いて、カネを儲けて、お前らを養わなアカンわな。要は、義務っていうのは、自分の立場でしなければいけないこと。すなわち、正しい行いや。分かったな。

サクラ:うん。

リュウジ:うん。

小川:「うん」とちゃう、「ハイ」やろ。

サクラ:ハイ。

リュウジ:ハイ。

小川:そうや。「義務」や「権利」という言葉はそのうち学校でも習うやろ。そん時は「権利と義務」って覚えると思うけど、実際には、義務を果たしてから権利を主張せなアカンで。お前らが勉強せぇへんかったり、悪いことをして人に迷惑をかけたりすると、小遣いはもらえへんぞ。ゲームも没収やわな。

 ほんで、この権利も人に迷惑をかけない常識的な範囲で主張せなアカン。いくら自分に権利があるからと言うても、それで人に迷惑をかけてしまったら本末転倒やわな。分かるやろ。

サクラ:ハイ。

リュウジ:はいっ!

小川:エエ返事や。ほな書けよ。

「人はいろいろと権利を持っています。しかし、その権利をもらうためには、先に義務を果たさなければなりません」
「義務をきちんとしてから権利を主張します」
「その権利も、人に迷惑をかけない常識的な範囲でないといけません」
「すなわち、正しい行いです」

小川:義務をきちんと果たして権利がある。これは、忘れたらアカンで。これまでの立ち退き交渉で、お父ちゃんはいろいろな人に会うてきた。その中には、やるべきことをやらんと主張ばかりしてくる輩が大勢おった。お前らにはそういう人間になってほしくない、と思うから、こんなことを言うんやで。

コメント27件コメント/レビュー

くだらない。書いてある(言っている)ことは正論だがきれいごと。こんな記事を読んで感動するようなカモが増えてうれしいのは,地上げ屋なんだってことを忘れちゃいけません。「実体験に基づいているから迫力がある」とかコメントしている人の気持ちもよくわかりません。「実体験」として示されているのは,例えば本稿では,「ごねて得をした人」の話だけ。その後に筆者篠原氏の,何の根拠(=実体験)にも基づかない,「悪銭身につかず」という教条的なきれいごとが書かれているだけです。例えばその2億ふんだくった「タヌキ」氏はその後どうなったんでしょうか? それが書かれて初めて,単なる教条ではない「実体験」と呼べるものになるのではないでしょうか?(だからといって嘘書いちゃダメですよ)(2008/08/23)

「地上げ屋の道徳教育」のバックナンバー

一覧

「【第6話】「ごねるヤツほど得をする。せやけどな…」」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

くだらない。書いてある(言っている)ことは正論だがきれいごと。こんな記事を読んで感動するようなカモが増えてうれしいのは,地上げ屋なんだってことを忘れちゃいけません。「実体験に基づいているから迫力がある」とかコメントしている人の気持ちもよくわかりません。「実体験」として示されているのは,例えば本稿では,「ごねて得をした人」の話だけ。その後に筆者篠原氏の,何の根拠(=実体験)にも基づかない,「悪銭身につかず」という教条的なきれいごとが書かれているだけです。例えばその2億ふんだくった「タヌキ」氏はその後どうなったんでしょうか? それが書かれて初めて,単なる教条ではない「実体験」と呼べるものになるのではないでしょうか?(だからといって嘘書いちゃダメですよ)(2008/08/23)

この話から「道理の分かる人はカモやけど、自分で社会を生き抜ける人」という風になぜなるんですかね?それは著者の感覚的な真実かも知れませんが、論理が飛躍していて説得力に欠けると思います。この話を普通に読んだら、「道理の分かる人はカモで損をする、強欲なゴネる人はカモの分まで得をしてしぶとく生き抜く」という理解の方が素直だと思います。なぜカモの方が「自分で社会を生き抜ける」と言えるのか。その理由はなんなんでしょう?カモは所詮カモでしかなく、そうしたまともなカモが追いつめられて年間3万人自殺しているのが現実ではないでしょうか?(2008/08/23)

どんな仕事もきれい事ではすまない。地価の高い都内の古い密集地が整理され高層ビルや大型店舗などができ、誰でも普通に利用しているがそこも当然地上げがあっただろう。小川さんの地上げで動いている金額が大きく成功報酬も莫大で、批判はやっかみもあると思う。地上げ=悪、という単純な考えは変わりました。(2008/08/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長