• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“自主流通小麦”、世にはばかる

メーカーへの直販がもたらした、顔の見える小麦作りの喜び

  • 宮嶋 康彦

バックナンバー

2008年8月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年の農政改革に諸手を挙げて喜んだ男がいる。これで丹精した小麦を食品メーカーに直接売ることが出来るようになった、と小躍りするのだ。

 それは、生涯の目標として胸裏に温存していた製粉工場を仲間と建設するという夢を引っ張り出すことにもつながってきた。男の名前は、妹尾英美、北海道十勝平野のど真ん中で110ヘクタールの農地を持ち、小麦や野菜を作る64歳。

生産者と食品メーカーが直接取引

 国産小麦の流通が劇的な変化を見せ始めた。2007年4月、食糧法(主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律)が一部改正、そのことが大幅な規制緩和となって、小麦生産農家と食品メーカーの直接取引が可能になった。これにより小麦市場に新たな事業が誕生しようとしている。

 小麦は長いあいだ政府の干渉作物だった。生産される小麦は政府が買い上げ、その後、製粉会社などに売り渡し、製粉会社は民間企業へ売却するという形態が採られてきた。これが平成10年ころから、徐々に民間流通が取り入れられていき、今では全量民間流通に委ねられることになった。従来は、直接取引するとなると、ヤミ米(自主流通米)のような位置付けにならざるを得なかったが、それが公認されることになったのだ。

 小麦を販売するのは、北海道・幕別町にある農業生産法人、北海道ホープランド。買うのは三重県に本社を置く、おやつカンパニー。8月19日に同社の松田好旦(よしあき)社長が北海道ホープランドの社長、妹尾英美さんを訪問し、小麦粉を直接買い付ける契約条件を整えた。

 取引量は、2008年度産は約60トン(製粉後の粉ベース)。来年の夏に収穫する分も同程度を予定し、再来年は大幅に増量するという。さらに、ゆくゆくは、おやつカンパニーが年間に使用する小麦粉1万2000トンのうち、生産者が納得できる相当量まで取引高を増やしていきたいという。

 直接取引で何が、どう変わるのか。

コメント4件コメント/レビュー

今年の夏休みに訪れた、帯広方面の風景を思い出しながら感慨深く読みました。広大な小麦や豆などの畑に、食料基地北海道の姿を見ました。本当に夜通し収穫する風景も圧巻。消費者としては地元の作物を食べたいです。お米や食肉も、今は共同購入(農家との直接契約)が珍しくない時代です。国や農協の意向ではなく、消費者に顔を向けてくれる生産者がいることに、希望が持てます。出る杭も突出してしまえば打たれない?消費者として応援したいと思いました。(2008/08/22)

「地方再生物語」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今年の夏休みに訪れた、帯広方面の風景を思い出しながら感慨深く読みました。広大な小麦や豆などの畑に、食料基地北海道の姿を見ました。本当に夜通し収穫する風景も圧巻。消費者としては地元の作物を食べたいです。お米や食肉も、今は共同購入(農家との直接契約)が珍しくない時代です。国や農協の意向ではなく、消費者に顔を向けてくれる生産者がいることに、希望が持てます。出る杭も突出してしまえば打たれない?消費者として応援したいと思いました。(2008/08/22)

一番の方の通り、昭和五十年代に製粉メーカーに小麦の入手法を聞いたら入手先は教えてくれなかったけれど入手は出来るはずと答えていたから売るも買うも自由だったようです。私は結局自分で生産して製粉機をそろえてぼちぼち製粉販売しています。個人用の設備でも三百万円を超えます、資金が続くかなあとまあこれは余計な心配。(2008/08/21)

「故郷は遠きにありて思うもの、まして・・・」の犀星の一説が浮かんできました。この連載シリーズは欠かさず読んでいますが、もう帰る事はない吾が田舎がテーマになると感慨は深く、柄にもなくコメントを試みました。希望に満ちた内容で嬉しくなりました。小中学校の友人は大半が農家でした。活躍を改めて祈る次第です。私の住む埼玉には、その名も「十勝」という菓子メーカーもありますが、何か因縁あるのか今も気にしています。「明るい農業」に繋がる記事をこれからも期待しています。(H2O)(2008/08/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長